アーリーリタイアメントをする前に確認すべきこととして

無謀なアーリーリタイアを志向する人が多いと感じるので事前に確認すべきこととしてを書いておきます。

長い文章になりますが、ある程度網羅できています。 
以下の続きにある 早期リタイアのチェックリスト(インデックス風)を参照ください。


最終改訂日:2016年12月14日 



早期リタイアのチェックリストは、以下の続きを読んでください


続きを読む

スポンサーサイト

「ぬれ甘なつと」 と 「栗こわれ」を買う

妻が花園万頭の「春日山」のイチゴ風味というものを会社でいただいたらしく、美味しかったからあなたも食べるかな?買っていこうと言うのでお出かけついでに買ってきた。

個人的には甘納豆が結構好きで、花園万頭だと「ぬれ甘なつと」を数か月に1回程度は買っている気がする。今年に入って3回目だから今年に限って言えば毎月に近いのかw そして同時に買うのが銀座鈴屋の「栗こわれ」。
あと本来の目的の春日山も購入。 

ブランデーぬれ甘なつと なんてものも父の日の近くまでの季節限定らしい商品があった。

両方のお店が東京駅の大丸の1階にあるのでふらっと立ち寄って色々見ながら買えるので(混んでさえなければw)いい感じだ。
そして両方とも定番商品は甘納豆だったりするw

「栗こわれ」は、栗甘納豆の形の割れてしまったものを詰めているパッケージなだけで中身は栗甘納豆である。
そして割れたと言ってもまったく問題ないというか普通の小豆などの甘納豆よりも断然大きいから食べにくいなんてこともない。

封を切るとバクバクと勢いよく食べてしまうので、1日で食べきってしまわないように自制を・・・
目標は3日以上持たせることw

既に春日山の黄色と桃色の2個を食べてしまったw 小腹が空いているときに緑茶かコーヒーと一緒に食べるといいかも。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

クルマのタイヤを履き替えようTURANZAからREGNOへ

購入から7年経とうとしているウチの愛車も世界で一番デザインが良いと今でも思うので、買い替える対象が見つからない。
このクルマがウチの最後のクルマになるのかもしれない。

7年経っても納入時のBRIDGESTONE TURANZA T001 Y91なんていうタイヤを履いている。まだヤマもあって点検時も見かけ上の問題はないのだけど劣化や(以前からw)静粛性も少し気になり買い替え時かもと思い、幾つかの製品をチェック!

静粛性と動作性能が上がっているようだし、これで良いかな・・・

だけど、新しいモデルが出そうでちょっと気になるが、まぁ仕方ないということで、

BRIDGESTONE REGNO GR-XIに履き替えることにしました。

そしてずっと購入手配からメンテまでをしてもらっているところにタイヤ用意しておいてくださいと依頼した。
値段は今すぐでないのですが~と言うので「気にしませんので手配よろしく!」とかっこつけておいたw
クルマの買い替え予定もないけど面倒なメンテをお願いしている立場なので少しは儲けてもらわないとね!

これでGW明けにはタイヤは新品に履き替えだ! 
ブレーキパッドも交換時期を検討したいし、ベルト系とか見てもらおうかなぁ。車検時に更に色々と交換しておくか。
もう少し現役で頑張ってもらう予定だし。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

入社して2日目で退職とか無駄な時間を過ごしてるなぁ


就職のミスマッチというよりもコドモすぎるのだろうけどw

入社2日目で辞めたとか言う話もあるようですが、ミスマッチは働く側も雇う側もお互いの不幸でしょう。
次は5月病ですかねw

入学した学科と就職先はリンクしている人の方が多いように思うので高校生の頃には考え始めるのが一般的なのだろうけど・・・このミスマッチを起こした人たち、大学受験の際に学科を選ぶ時点で何も考えていなかったのだろうか・・・?

面接官とかやってたけど、やりたいことと今大学でやってることくらいは聞くことはあったけど。
採用する側も売り手市場とは言えども、業態を選んだきっかけ、会社を選んだきっかけ、そんなものを明確にしておくのは良いことかもしれない。



何をしたかったのだろう。どの会社でしたかったのだろう。

就職する側も就職先を検討するのに私の頃よりも簡単に色んな情報が簡単に手に入ると思う。上場企業なら使用人の平均年齢と平均年俸とかも簡単に調べられるし、年収などもある程度は調べられてしまう。

想定した会社に入っても、やりたいと思ってたことと配属が違う!なんてこともあるのだろうが、例えばM&Aの仕事がしたい!と思って金融系のその手の会社に入っても総務もあれば人事もあるからそういう配属もあるだろう。しかしやりたいことがその会社にあるのであれば配置転換などの条件を詰めるのも必要だろう。MBAを持ってて総務の確率はかなり低いだろうが普通の学部程度なら可能性がある、しかし転職してその手の職に就くにはスペックが低すぎる。転職よりも異動の方が確率上は高そうだと思うし、MBAなら後付けでも取れる。


どんな仕事をしたい

どんな会社だとどのくらいの収入なのか


東洋経済の記事は色々と偏ってたりするんだけど、ある程度の企業を網羅しているので参考程度には充分だろう。
これと過去25年くらいの就職希望先ランキング上位50社くらいを併せて抜けてるところを埋めた資料なんて作ったら中々偉いと思うw

「30歳年収『全国トップ500社』ランキング」

「40歳年収『全国トップ500社』ランキング」

「生涯給料「全国トップ500社」ランキング」


Dodaの転職したい会社ランキングなんてモノもあるので総合的に考えてみるのもいいかもしれない。リストの対象になっていない会社は多いので実際にはもっとたくさんの会社があるので興味のある同業種で調べるといいかも。

そして会社を選択するためには学力・学歴が最低条件となる・・・
しかし、どの程度の学歴・資格が必要なのか、が明確になっていることは少ないと思う。
相変わらず推薦枠とかあるみたいですが、まぁ推薦枠でも面接でダメな学生だと私の頃でも院生が落とされましたからね。あくまでも推薦枠=優先枠だけどやりたいことができるかどうかの情報にはなる。

学部の掲示板などに枠数の張り出しとかしていたから今でも貼り出しとかあるかも?
さすがにそこまで調べるのは中学生や高校生には無理だろうけど、暇な学生とかがブログとかに貼ってる可能性はあるかなw



やりたいこと(仕事)のために特定の学科のある大学に行くのに貧乏ならば・・・


やりたいことが見つかって、学部や学科が決まって、更に就職先の枠の数まで分かったならば、そこに行けばいい

そしてお金がない家ならば授業料負担をまず減らしましょう!
国公立大学ならば以下のような通達がでています。

文部科学省からの通達 12文科高第二九五号 : 授業料免除選考基準の運用について
この通達通りの基準と予算での免除数に関する人数制約を記述している例としては筑波大学などがある。

東京大学、京都大学、東北大学、九州大学、北海道大学、大阪大学、名古屋大学などの古くからある国立大学も見たが、異なる様子。
(東京大学の例)
学部または大学院の学生で、次のいずれかに該当する場合
  1. 経済的理由によって授業料の納入が困難であり、かつ、学業優秀と認められる者
  2. 授業料の納入期限前6月以内(入学した日の属する期分の授業料免除の場合は、入学前1年以内)において、学資負担者が死亡し、または出願者若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、授業料の納入が著しく困難であると認められる者
  3. 2に準ずる場合であって総長が相当と認める理由がある者


余談だけど、私立大学に補助金を出したり、給付型の奨学金を実装するくらいなら、この授業料免除枠を排除する方が価値があるのではないか?相対的貧困率などで中央値よりも少ない収入の世帯数が多いのが事実であるならば、多くの人たちが救われるのでは?とも思う。


やりたいことを考えて学校選びから始めれば後は学力が主たる問題になりそうw
便利な世の中になったなぁ。

ミスマッチが相変わらずあるという事実を踏まえると、無駄がたくさんあるとも言えるのかな。


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

クマ注意の看板を決済なく発注し自腹で払った人を擁護する正義感

クマ出没注意の看板、県職員「自腹」 不適切事務で県が謝罪

① ある職員が、県内各地でクマが出没していることから注意を呼び掛ける看板の製作を企画
② 随意契約を結ぶための書類作成も不備があり、上司が差し戻しして再作成を指示
③ 上司の決裁も得ないまま看板を発注
④ 業者から請求が来る
⑤ 自腹で払う
⑥ 決算事務で問題発覚



決算事務で発覚しているということは、「予算化されていて決済されていなかったので事実確認をした」「請求書が何らかの形で記録されていたが、自腹で払ったため出金記録と祖語が出た」というあたりだろう。

事務処理を正しくできないのに、「発注した」ということ自体が異常行動です。
購買部門や決裁権限者が発注するというのが出金管理(癒着・横領の対策)の上では必須であり、一般の職員など直接業務に関わる人が直接業務に関わる業者に発注するという行為が認められるものではない。

再作成を指示されて修正せずに時間経過して「発注」という行動に移行している、やるべきことが違う。

これを問題行動としてみないと言うのは、正義感があれば個人で決済して発注していいということになるし、勝手に業者との随意契約で癒着し放題ということを認めることになる。 

不正な出費や不公正な取引を未然防止するための手続きやプロセスというものは勝手に変更していいものではない。
そのためにルールがありプロセスがある。 この決済手続きなどを経ずにある程度の金額までの従業員による決裁権と行動を認めたひとつの形がリッツカールトンのクレドに基づいて認められた例ではあるが、真実の瞬間にどれだけの行動をとれるかという対面系のサービスと、自治体などインフラを運営するというものを同一視するのは無理がある。

この職員を擁護する正義感を持つ人達は、この手の手続きをザルにして不正が起こったら、手続きに不備があるのが悪いとかそんなことをする奴等が悪いというのだろう。


忙しいから勝手にプロセスを変えましたという人達って。。。登録情報が多いから忙しくなるので勝手に減らしましたとか、発注に不備があったけど分からないので放置して契約会社の作業を止めそうになったとか、結局そんな形になるんだよね・・・


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター