妻も無職になったら相対的貧困世帯に


相対的貧困?


妻が仕事を辞めると給与所得は無くなり、配当収入と株式譲渡益だけになる。そして、そろそろ辞めようかなと言っている。
等価可処分所得(世帯の可処分所得を世帯人数の平方根で割って算出)=仮に確定申告をしても世帯所得は20万円~40万円というところで√2で割ると28.3万円!!! 

等価可処分所得(世帯の可処分所得を世帯人数の平方根で割って算出)が全人口の中央値の半分未満の世帯員を相対的貧困者と言う定義だと、ウチは相対的貧困の下の方になりそうです。

相対的貧困率の計算は等価可処分所得をベースにしています、これは所得が少なければ低くなります。6~7人に1人の貧困が2人もここにいることになりますが、その数字の中には、妻も無職になればそれでも貧困ではないと認識しているウチだけではなく、資産を持った老人も含まれることでしょう。結局、統計情報の設計が不十分だと実態をとらえきれません。ウチを相対的貧困世帯という人は、統計上の貧困家庭を何とか減らさなくてはならないと思っている数字を読めない人と、都合の悪いこと(自論崩壊)には目を向けない人くらいだと思います。

だからその数字の意味はないと全否定もしないけど肯定するには脆弱です。相対的貧困率を論拠にして問題として扱うのは完全性が足りません。社会保障インフラの脆弱な社会環境においては有用でしょうが日本のような社会保障インフラを持っている国では誤用が含まれてしまいます。年金3号は最近の制度であって、以前は年金に加入していても結婚して解約払戻されていたりその後個人では積んでいない人もいるため後期高齢者の多くが相対的貧困に分類されると思う。




富裕層? 


富裕層って言うのも一義的に決まってないので、これも「相対的貧困率」に似たような何となく分類してみた数字になる。金融資産が1億円超で富裕層? 資産じゃなくて年収1億円の間違いじゃないの?と思ったりします。1億円の資産があっても将来の生活費だと思えば大した金額だと思いません。金額だけで表せない部分もあります。

金融資産だけで考えることの問題点としては、老齢や病気で本人や家族・親族・ペットの介護などがあると金融資産には含まれない負債になると思います。親の入院や通院、死亡などの対応でも疲弊しましたが、老齢のペットが体調を崩して4カ月ほど介護して思うのは、今日はイヤだからやらないという選択肢もなければ予定も立たないので我儘な人には不可能かもしれない不自由さがあります。

ある意味で

プラス方向にもマイナス方向にプライスレス(笑) 

金額換算できませんので、単純な金融資産で比較をするのも間違っているでしょう。

資産を総合的な負担能力の一端として考えることは出来るでしょうが、資産消費をしなければ差異を表すだけであって、消費スピードとその変動要因の変化まで捕らえているわけではありませんから画一的に持つものからは取るというのは資産形成や税負担の感情にも影響するでしょう。



相対的貧困に対する再分配という名の課税強化が進もうとしても
貧困問題を解決すべきという人達が増税反対?!・・・



相対的貧困という指標を基に問題だと声高に訴える人達がいるので再配分を行うという名目を与えています。所得控除の引き下げと基礎控除の引き上げを行うというニュースを見てフリーランサーの控除上限の設定か?とか

賞賛の嵐が起こるかもしれません。新聞やTV関係者や共産党や民主党やピケティ崇拝者の大勝利かもしれませんよ!
社会のために働くのだ!とか社会のために人は生きているのだ!とか高尚な人ばかりなのかな。。。 

と以前書いたのですが、どこのメディアも負担増の方を捕まえて批判的ですが、再分配や負担軽減という観点では基礎控除があがることで所得の少ない人は確実に軽減されることになります。独身者や中間よりも上に関しては増税になるでしょう。

自分たちは負担増だけどそれでいいんだ!なんて高尚な記事やコメントは見掛けることすらできませんでした。

増税するな!と言うようなコメントが本当に多いように思います。格差問題としては格差是正の再分配はうまく行く方向と言えるんじゃない?と思うけど、増税反対という人ばかりです。


思想はカッコイイから主張するのであって、結局自分が一番カワイイんです。
相対的貧困が問題と騒いだら、次はピケティの指摘した上位10%の収入577万円あたりまで増税になるのは問題だと、再分配は何時まで経っても出来ません。全員貧困または、すべての給与所得者の年収が1000万円くらいもらわないと居貧困撲滅思想の人のゴールは無さそうです。

中間層とその上の所得の人達の税負担を増やすことは消費行動を冷やしてしまうだけなので反対だという声もあるので、その方が冷静に物事を把握していると思います。

麗しいことを言うのは簡単ですし、かっこいいですが、綺麗ごとを言うなら身をもって示してほしいと思います。




将来的には私は相対的貧困に分類される


ウチは資産はそれなりにありますが、将来的には所得は低いことが多くなるでしょう。
この指標は正しく状態を示していますか?

私は将来的にも相対的貧困だからお金くれなんて指標設計不備を突こうとも思いませんし主張をするつもりもありません。そして相対的貧困だから保護されるべきだと画一的に考えることには否定的です。

私が就職先の候補のひとつに選んだのはティッカーシンボルSLBという会社でした。25年以上前です。知ってる人の方が少ないのではないかと思います。 その頃でも調べれば様々な情報がありましたし、今はもっとアクセスし易いでしょう。やるべきことを考えてやることが必要だと思います。 

中高校生で貧困の当事者となってしまった貧乏な人で能力があるのにという人は国公立大学を目指して欲しいと思います。
教科書だけ全部やってもそれなりの成績は取れます、入学定員数と学生数から考えても国公立大学は過去よりもずっと入学しやすくなっています。そして国公立大学にはずっと昔から学費免除制度がありますから、学費のためにお金を借りる必要はありません(現状は配布された国庫予算で人数が変わりますが変更予定ですし、他にも奨学金にも該当することでしょう)、そして減少傾向にあるけど寮もあったりします。
綺麗ごとを言う人は他人の財布を期待しているだけで金銭面では全く役に立たない場合が多いです。自力で制度を理解し、利用する術を身に着ける努力をしましょう。


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
スポンサーサイト

ウンが付いてる日々を送る

ムスメやマゴの体調不良から血尿・軟便とリアルに私の手にはウン〇が付きIPOのマネーフォワードが当たったりしました。

そして先日、またIPOを1枚もらいました。昨日上場のシルバーライフです。NISA枠に余裕があるのでNISAにしましたので、マネーフォワードと併せて2件で 約50万円の利益で73,000円くらいの節税にはなりました。

それと同期するかのように、マゴがお腹下す・・・ ⇒ クスリを休む ⇒ おなかの調子は戻る ⇒ 再び血尿 ⇒ オムツ・・・ ⇒ お腹下す というループが並行して発生。 その間に色々汚してますから掃除したり、体も汚れちゃってますから清潔にするべくマゴを拭いたり・・・

また、リアルに私の手にはウン〇が付きました。

血尿に加えてお腹を下しているので、ほぼ眠れない。 妻が起きていた23時過ぎ~2時まで寝て、交代で起きて様子見。
そして朝からウン〇と向き合い・・・掃除。 

年寄りでペット介護になったら家が崩壊しそうだなぁ。 家中汚れまくるか、閉じ込めたりしたらネコが汚れまくるか、世話が不足してストレス溜めそうだし、付き合っても寝不足か。 やっぱりペットもこの子達で終わりにした方が良いのかなぁ。 

ムスメの方の様子見もあるから今晩も眠れないなぁ。 何時間眠れるかなぁ。 
お願いだよ、砂掘って砂かけようよ、ウン〇を踏まないでよ。

2匹同時に調子が悪いというのがきついんだけど・・・

こんなにウン〇の付いた生活してるからまだまだIPOは当たりそうだ。

ツイテル男は辛いぜw

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

前原誠司の成果を読み違えている民進党とマスコミを見て笑う

前原代表“排除”へ 民進党の参院議員総会は大荒れ などという記事があったりします。

「排除」って小池百合子が言ったから、希望の党の数字は伸びなかった。
「合流」って言ったのに、排除されちゃった人が出て、民進党は分裂した!

事実でしょう。

では別な角度から数字を積んでみます。

蓮舫の二重国籍で国籍選択したしてない問題などで辞任して、前原誠司が代表になりましたが、支持率が上がる要因は微妙ですね。(蓮舫じゃなければ良いという人もいるでしょうから少しアップと読みましょう。実際の支持率とか面倒なので調べませんw)

それでも20%近く増加させることが出来たとは思えません。

実際に立候補した前職の議員数は89だったようです。
希望の党だけを切り出すと、31/52=59%ですから惨敗と叩かれるのは仕方ない部分もありますね。

しかし・・・

立憲民主党を足し算して、無所属を足し算します。

31(希望)+55(立憲民主党)+19(無所属) = 109です。

元職や新人など居るのでしょうが、89 ⇒ 109 = 17.97%アップです。

打倒安倍政権という「それで?」という目標だけを見れば、民主党・民進党の成分は増えたと言えるでしょう。
共産党は減りましたけど、10人くらいですから+10以上です。 そして共産党と連立は無いというのに共産党の成分を減らしたのです。

+18%近い数字と共産党のマイナスというのは、前原誠司は、よく頑張ったと思います

国会議員なんて、どうせ後でバラバラと集まったり分かれたりするんですから。

数字の数え方を間違えて叩いてる民進党の参議院議員やメディアはミクロな視点で頭悪いなぁと思います(笑)

希望の党や民進党や立憲民主党など政策の無い馬鹿を支持するつもりは全くありません
花粉が飛ばない下からの経済政策?がんばってくださいw

そうそう、応援演説してた変な経済評論家の女性は株式会社は社員のモノから株主のものに会社法が改悪されたから庶民にお金が回らないと言ってました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

介護x介護=睡眠不足

猫の介護の話なので汚い話と愚痴と言うか悩み事と言うかなので、その手の話を見たくない方は、ブラウザの戻るかWindow/Tabクローズしてください。


血尿、軟便でトイレの中で踏んでしまって部屋などが大変なことになって、今度はトイレの周りで小便をしてしまうのでペットシーツを敷き詰めたり、トイレに入ってもウン〇が出ないのでウロウロしてたら離れたところで催してしまって廊下にウン〇が。。。なんてことが常態化してきているので付き添ったり、なんてことをしていると、寝る時間が無いなと思っていた。

結構な年寄りではあるから仕方ない部分もあるんだけど、2匹目の体調が崩れてきてしまった。

血尿はクスリで抑えたが、軟便を通り越して下してるような状況にしまったし、体調も良くない方向にどんどん進んでいるようだ。

一匹だけならウン〇したら、休むという対処方法もあったのだが、2匹具合悪くなると、

1匹が済んでも2匹目が済んでない=眠れない

という流れになりつつある。

24~72時間くらいの間隔でウン〇するから24時間経過後のマラソンレースが地味にきつい。
簡単な筋トレとかしてても流石に48時間やってられない

オムツなのかなぁ。
今の便の状況でオムツしたらウン〇の度にネコの世話と風呂の掃除や除菌など半端ない労力になりそうだけど、眠れないのも厳しい。

猫の人生を背負ってるんだから仕方ないとも思うんだが、体力にも限界はあるし。
1時間睡眠のブツ切りで1日に3~4時間しか寝ない生活になるとは・・・
アーリーリタイアしてるからできることではあるけれど、サラリーマンしてたらホントきついだろうなぁ。
今でもキツイと思うけど。

まぁ、ネコ達もきついんだろうなぁ。。。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

「体力の限界」とか言い出さないようにしないと・・・やっぱりオムツなのか・・・

う~ん。
2匹目の血尿。

血尿をポタポタとしてしまう。まずオムツを付けた、そして同じような症状なので膀胱炎のクスリを飲ませてみた。
(ムスメの状況もあってオムツやクスリがあって良かったと前向きにとらえる)

血尿は治まったように思うが、既に1匹の実例からクスリを飲ませると軟便になる可能性がある。
ひとまず血尿でお漏らしするのは治まったからオムツは休止した。

ムスメのトイレは一人用だからムスメだけが踏まないように気を付けてあげればいいのだが、マゴの方は2匹の孫が共用しているトイレなので軟便になると大惨事になる。 部屋を拭き掃除して消毒すればいいだけという訳にも行かない。寝床汚すことなるだろうし、もう家を買い替えたくなるかもしれないw 便をするたびに買うのは無理だけど。

居場所の部屋も違う2匹の様子をずっと伺うのはかなりの拘束時間で睡眠できるのだろうか・・・ やっぱりオムツなのだろうか。

軟便でオムツをするとお尻周りが大惨事になる。毛だらけだし人間のように拭き取りやすくもないし、あんまり洗ったら皮膚炎とかになりそうだし、悩ましい。

しかし、世話をする下僕としての体力が限界になって、世話を出来なくなるのは最悪シナリオでもある。

両親の他界で介護はもうないと思っていたが、2匹が同時期に体調不良になると中々厳しいなぁ。

24歳と23歳だし年齢もあるから仕方ないか。。。

眠いぜ!

元気になってくれるのが一番いいんだけど・・・

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター