まだ年初に近いけど、不安定に下がった時にはTax loss sellingを考えよう

2月に入って株価が下がりました、世界的に株安に振れて日経平均など2月初と比較して下がってます。ダウでは最高値からは10%を超える下げになっているという状況でもあるようです。

今回の下げは何というか、理由が見つからないFlash Crashという感じ。ここからダウが1000ドルくらい下になったとしても驚くレベルではない、状況として1600ドル下げてそこから600ドル戻したとか、500ドル下げて500ドルプラスまで1000ドルの値幅をもって動いている。実際に一昨日も1000ドル下がった。

この上下動でFlash Crash Fundを作ると語っていたヘッジファンドはどのくらいの利益を出したのだろうか(Risk.netの購読者なら知ってるかもしれないけど、そんな金融系のリスク情報にアクセスしてる人はマイノリティか(笑))

今、大きく下げ続ける具体的な理由は無いと思っている。
しかし、異常と言うか普通では無い値幅での推移になっているために収束するにしても少し時間がかかりそう。こういう場合にもFlash Crash Fundはうまく立ち回れるのだろうか。商品リストを見ても無いように見えるし未だ作れてないのかもしれない。

現在のPERが高いという話も出ているようだけど、米国の減税実施によって繰延税金資産が単年度として見ると影響が出ることで予想EPSが下がってしまうが複数年度では関係なくなるだろうし、時給が2.9%上がったから利上げになるという話も週給ベースだと上がってないんだけど数字読めてますか?という話もあったりとなんだかんだと理由を付けて一時的に下げてあげる幅を作るよくある流れに見える。上げるにしても単調増加はない訳で・・・

米国で1兆ドル規模のインフラ投資とかやったら儲かる企業は増えるだろうし、減税と違ってまだ絵に描いた餅だからそのあたりが見えてくれば上がるんじゃないの?とも思う。少しでもやらないよりはプラスだし、まったくやらないという話もないだろう。


2月6日に日経平均株価も1000円を超える下げがあった時にはウチも200万円くらいの評価益が飛んでいった、それでも年初から見れば充分なプラス。2月8日に戻した分も入れると資産評価額は1月末よりも上だったし、2月9日(金)の下げを入れても1月末と同じくらいだったりするので、気分的にはほぼ無風状態。




税金圧縮チャンスと捉える


2月に下がるとか止めてよ!とは思う。理由は年末に向けて「Tax loss selling」ということで少しでも利益を圧縮して税負担軽減する対応が丁度終わったあたりになるため。このくらいの下落では、ほとんどの個別資産がプラスになっている。年末に買っておいた株が下がった(10万円くらいだけど)ので売って買戻し、取引としてマイナス計上をした。
買戻しの値段が売値よりも下がったので、そこでは少しだけ差益が出てたりはする。 

先日の売買での税金を少しだけ減らせたことだろう。もう・・・売るものがありませんが。

個人的にはハマイの決算情報が2月16日頃に発表されるのでそこで下がると考えていたが、今回の下げを経ることでタイミング的にも購入という点では良いのかな、なんてことも思っていたり。

離脱せずゆるゆるとお付き合いを続けるしかないので、少しでも上手に立ち回りたいところ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
スポンサーサイト

税制改正確定分と2019年の金融所得課税の見直しも浮上 

これは確定になることでしょう、2018年度の税制ですね。
年収850万円超の会社員は増税 政府が法案決定
政府は2日朝の閣議で、年収が850万円を超える会社員などが増税となる一方、自営業者は減税となる所得税の控除の見直しを盛り込んだ税制改正の関連法案などを決定しました。

税制改正の関連法案には所得税の3つの控除の見直しが盛り込まれています。
会社員などの税負担を軽くする「給与所得控除」を一律10万円縮小するとともに、年収850万円以上で控除を頭打ちにします。
一方で、すべての納税者が対象の「基礎控除」は10万円拡大します。

これによって年収850万円を超える会社員などは原則として増税に、自営業者は減税になります。


1000万円を超える所得があると配偶者控除がなくなったり、所得控除が上限に到達するなんていうのもあるから、サラリーマンは要注意です。

その他に気になったニュースというか記事 退職金の所得控除をめぐって税制改正が浮上 のタイトルの方ではなく(笑)その最後にちらっと出てくる2019年の税制改正候補として申告分離課税の見直し、税率変更するという方が気になった。 

2019年度以降の税制改革では、富裕層優遇との批判が強い金融所得課税(分離課税)の見直しも浮上する見通しだ。一般の人々の老後資産形成を対象とした税優遇制度(NISA<少額投資非課税制度>など)を拡充する一方、金融所得課税の税率を現在の20%から25~30%に引き上げることが政府内でささやかれている。


それやるなら共産党に投票するのと同じじゃないか!とおもったりした。税率を上げるという方向から申告分離課税や特定口座がなくなる可能性は低いと思うけど・・・


退職金控除の変更について:
20年まで40万、21年目から70万という制度が悪いという話らしい。退職するたびに勤続年数を通算して控除したら、天下りして関連団体の役員になって退職して控除もたくさんなんて役人の天下りのための改正になってしまう。控除額を単純に増やせば、一見、一般人に適用するようなイメージだけど今どきの企業は401K:確定拠出年金に移行しているので退職金制度がなくなる方向になりつつあるし、残ってるところなんて微々たる退職金しか支払われないんだからそもそも控除は今のままでも充分なはずなんだよね。



にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

OKWaveを利益確定など


OKWave

OKWaveの売却を2044円で600株発注して様子を見ていました。前日終値1800円から、するすると上がって少し約定して下げて戻ってきて残りも約定し無事に600株売却ができました。その後2180円まで上がったようですが、今日の終値は1850円と前日比+50でした。

そこそこ上がったところで売却できたことで当初投資額+税金相当額を全て回収することができましたので2180円で売れなかった!などという思いはありません。2044円というのも2040円を超えて売りたかったけど5の倍数などは売却株数が嵩むことがあるので適当に指定したというところです(笑)

これで残りの1400株は売れば売っただけプラスになるという構図になりました。そもそも仮想通貨取引所やICOと言った現時点では現実ではないことで上がっているので幾らになるかの想定もできないのでいい感じに清算できたかなと思えることで満足です。

OKWaveの残りの1400株はしばらく放置してコケるかうまく行くのかまで見極めてから売却しようと思います。時価総額はまだ170億円程度ですし・・・



日本ライフライン

Q3業績発表で増配と業績予想の上方修正をした日本ライフラインは、するすると上がって下がって上がって結果的には年初来高値更新して+404円の3200円まで上がりました。分割前4200円くらいで売ってしまった数千株の値段に追いついてきてしまったということは倍近くになってるのですが、利確をするという行動を続けることが重要ですから、まぁそんなこともあるという程度で現状を受け入れます。現状を受け入れる・欲張らないというのは結構重要だと思います。タラレバを言って様々な障壁除去と仮説検証をしながら現状を変えるというコンサルティングなどをしていましたけど、資産運用ではコレは適用できません。プラスの事実を積み上げることが重要でしょう。

日本ライフラインは、なんとなくお世話になったという感覚(事実、大分儲けました)があるので、EU市場への投入状況が見えるまではこのままお付き合いすることにしようと現時点では思っています。現状の評価額が1000万円ほどなので上下動するのは少しドキドキしますけど、元々200万円くらいしか投資していませんから寝かせておきます。



今日の状況としては昨日から+150万円以上の資産評価額の上昇でした。そのうち利確した金額は100万円程度になります。
あと100万円くらい儲けたら今年のプール金+お小遣いは稼いで終わり! 配当があるからそこまでいらないのかな。

今日の気になったニュースというか記事
退職金の所得控除をめぐって税制改正が浮上
2019年の税制改正候補の方ですけどね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

銀行にお金を入れ過ぎか、マイナンバー登録もしたくないし、考察

マイナンバー登録を要請してきた東京三菱UFJ銀行の証券口座をどうしようかなと思い、口座と残高や運用を見直している。 

この要請はすでに証券口座を持っている人は2018年12月までに「マイナンバー届け出が必要」という義務化の法制に因るものである。NISA口座だけじゃなくて2018年12月末には全部必要とのこと。

三井住友銀行は、給与振り込みや借金や投信などを持っていないと振込手数料に使えるポイントが貯まらずにイマイチ勝手が良くないと感じつつある、ポイントが失効してポイント残高が少なくなってきたし。東京三菱UFJ銀行は500万円以上を入れておけば何回かの振り込みまでは無料で出来る、コンビニATMの利用も数回無料だ。SBIネットバンクも同様だ。しかし、前述のとおり東京三菱UFJ銀行の証券口座はマイナンバー登録の必要も出てきたし、「国に管理されてしまう」ことは期待していない。SBIネットバンクをメインにする気は無かったりする。
その他には楽天銀行もある。こっちはほとんど使っていないのだが・・・マネーブリッジ?とか言うサービスを連携させている。
郵貯もあるし、結構いっぱいあるなぁ。

銀行口座のマイナンバー登録は法的義務化までは先のことだろうというのが様々な答申などでの状況でもあり、銀行口座だけにすればマイナンバー登録は不要ということになる。できるなら各銀行の証券口座はどんどんクローズしたいところではある。

資産は把握されない方が良い。税負担に直結するだけでしかない。



楽天銀行・楽天証券

家を売った際のお金の運用をするために作った妻の口座で楽天ポイントも貯まるしという程度の理由だが、マネックスよりも手数料が安いので妻のNISA口座はコレになっている。

昨年、楽天証券のMRFが無くなって、マネーブリッジというサービスがあるから楽天銀行にお金を送り込みますよ!と言うのにしていた。

証券会社に残高を用意しておかなくても証券と銀行の合計で取引ができる。
【買付可能額 ※楽天銀行残高含む】というような感じ。

株や投信を買い付けるのに銀行口座と証券口座の合算だから一見どこに置いておいても良いように思う、しかし定期預金も金利は微々たるものだし、最悪シナリオの経営破たん時のペイオフの上限を超えておいておくのはウチにとっては資産減少リスクを放置してるだけになって意味がない。

という訳で証券口座の方に戻すことにした。
買付可能額に変動は無いし、リスクは軽減されるし、銀行には1000万円に届かない範囲で置いておくのが良いだろう。



大和証券

これはしがらみのために必要な口座だったりする。
大和証券は3000万円を超える残高がないと大和ネクスト?銀行とか口座を作らないと口座管理手数料(年額\3,240円)がかかる。使わない銀行口座を増やすか、3000万円超を証券口座に入れておくかということがあるから、こっちはしっかり意識して残高を用意する。しがらみがあるから今無くすのは無理なんだけど、5年後くらいにはクローズしちゃいたいなぁ。
手数料もスゴイ・・・


三井住友銀行・SMBC日興証券

働いていた頃は最寄りの銀行だったりと給与振り込みにしていた。
給与振り込みや借金や投信などを持っていないと振込手数料に使えるポイントが貯まらずにイマイチ勝手が良くない。借金したことはないけど。

リテールの営業が可哀そうだったから、お付き合いでSMBCのドル建て債券を買って持っている、これは満期まで持つ必要があり、2018年12月末を超えてしまうので、マイナンバー登録をするのは仕方ないから諦める。
SMBC日興証券は口座があるのでIPO用にも使ってるけどかすりもしないね(笑)



東京三菱UFJ銀行

500万円以上の口座残高がある場合にコンビニATM利用と振込手数料が数回無料となるサービスがあるので、どうせ動かす頻度も低いしと・・・インデックスを少し買っておいてあったりしたが、それも売ってしまった(笑)

だけれども・・・
口座残高合計500万円以上というレベルで振込手数料やコンビニATMを無料で利用できると言うのは良い。年間生活費x2~3年分程度の現金は置いておく予定だから余裕で超える。

三井住友銀行や大和、楽天などなどマイナンバー登録をする必要のあるものが多すぎるため、ここが最後の空白地帯となる可能性を秘めている。と言う訳で、証券口座を解約して管理の空白地帯としつつメインバンクにしよう。たぶん、死んだりすると店舗がある方が楽だろうし。



ゆうちょ銀行

子供の頃からあるから思い出的な・・・ 無くならない程度に出入りさせておくか。
まぁ、通帳があるから思い出はソレだけでもいいか。そもそもキャッシュカードすら無い(笑)




SBI証券・SBIネットバンク
私の株取引のメインで使っている。どこでもいいけど、まぁ不便でもないのでコレでいいかな。銀行口座は投信マイレージのポイントの現金化用だったのだけどポイント制度も変わったりと面倒になってきた。



マネックス証券

元々は別な証券会社だったんだけど、ネット証券の統廃合でいつの間にかMONEXだというだけ。今は株が少しと現金が少しでIPO申し込んでみるための口座。最近ツールが色々と提供されているので見ているが「あと少し」つけて欲しい機能がある。自作しようか考えているモノに少し近いので残念風味。


色々とあるなぁ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

OKか


3808 OKWave 
OKWAVE201801y

この半月の間に大分上がりました。
買い付けた最初は2014年で、その後買い増しして3.5倍くらいになってるので売ってもいいのかなぁ。

北の達人の時は2.5倍になったから売ったら早すぎてそこから今は5倍になってるし、という若干の後悔が手を鈍らせる。

一番大きな問題は、現実ではないこと。ICOで上がってるみたいだし、微妙なんだよなぁ。 事実じゃないから妥当な株価とか私には読めない、読んでも外れるけど(笑)。

時価総額もこの急騰で130億超えたかなという程度だったりするので、上げる余地はあるんだけど、名証セントレックスというローカル上場。楽天とかマイクロソフトが主要株主に出てくる変わり種。

まぁ、下がっても2000株の保有で300万円くらいだし、もう少し放置して見るか。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター