持っている株で困ることは流動性

私の持っているとある株は+15%程度になっているのと将来性から売ろうかなと思っているのだが、たった300株しか持ってないのに今日の出来高が800株とか、もう少し上がったら売り抜けちゃおうかなと思ってる株なんて3000株あるけど今日の出来高は1万株とか。 売ろうとすると出来高の3割以上になってしまう可能性が・・・

デイトレをしてる訳ではないので日々困ることでもないけど、この銘柄と「さよなら」しようかなと思う時に苦労するのが流動性。

なので、この手の流動性の低い株は吹き上がり気味という時に売るケースが多い、値動きが激しくなると出来高も膨れる。
そういう意味では投資信託は、買うのも売るのも楽なものだと思う。

そろそろ5月が終わろうとしている。昨年の10月が最高値だった資産だが、昨年の5月も一昨年の5月もそこから3カ月くらいは資産減少になった。今年はどうなのかな。 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
スポンサーサイト

北の達人が動いているので売却

2014年の年末近くに東証二部上場された北の達人ですが、今は一部上場になってまして最近また動いているようです。

前回高値を超えたら売りを検討しようと思っていたところ昨日超えてきたので、売却しました。

財務的に大崩れは無さそうかなと東証二部上場時にすこしだけ買った(30万円様子見投資の300株w)

昨日の時点で+160%  税引き後32万円だけw

健康食品がベースなのでアタリがでればもっと跳ねるのかもしれませんけど、2.5倍の株価になれば充分儲かったということで

お花見用のお小遣いをゲットです。

そろそろ桜の季節なので木場公園とか門仲あたりにくりだそうかな。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

運用目標は大切かもしれないけど資産形成には稼ぐこと

投資で総資産を数倍にしたことはない。

特定の投資分を十数倍にしたことはある。

それでも資産全部を掛けてということでもないので、総資産で見れば税引き後のトータルで50%程度にしかならない。

運用で50%程度の運用益を良いとは思うが20年経っての総資産比での利益だし、いっぺんに上げたわけでもなく徐々に増やした。

運用の才覚はそこそこあるけど(自己評価高い系)、凄くは無いってことだなw
ということで、凡人の現時点での結論としては・・・

運用目標としてパーセンテージや絶対額、目標額といったものは重要だと思うけど、それは継続するための手段でもあるだろう。


資産形成の手段の基本はやっぱり「稼ぐこと」だとおもう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

ナスダックが15年ぶりの高値更新とITバブルから15年、酔っ払いのような妄想連鎖

他人のブログへコメントをしながら色々と反芻しつつ・・・

「ナスダックが15年ぶりの高値更新」 って、逆説的に言うと、15年間塩漬けだった人がやっと損益ゼロになった

配当などを考えれば純粋に比較はできないという話にもなるが、Appleだって配当してこなかったのを知ってる人はどのくらいいるのかな、必ず配当で差がつくというのは定性的なお話である。

そして

定額や定期など銀行預金の積立以外で20年近く積立投資をやってる人ってどれだけいるのかな?

2014年まで18年間やってた私は珍しい方なのではないだろうか。(年間平均とするならば配当込み3.5%複利程度)
最近は色々な商品が出てきたし、個人型確定拠出年金 - iDeCo なんてものも出てきましたから環境も随分変わったともいえるでしょう。

15年ぶり高値のナスダック、そこでスポット全力投資してたら含み損生活だったという可能性もある。 

30年ぶりのダウ連騰記録、ナスダックの前回高値から約15年、今から15年経つと何かがあるのかな?!

ブラックマンデーから約30年、ITバブルから約15年です。


ここ15年を見ると最高益から資産が減った時期も長かった。 リーマンショックから「暗黒の」民主党政権時代

金額は、2000万円程度だった。

2000万円程度の損を数か月~年単位で抱え続けたことがある人ってどのくらいいるのだろうか?

市場は成長し続けるといいですが、責任とその衝撃を受け止めるのは自分だけなので、理論的な知識だけではなく、ハートも鍛えることをお勧めします、収入がある程度あると、楽観的に待てる確率は上がるとも思いますww

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

個人認証技術が気になるなぁ

資産課税などの話から不動産登記について何となく考え始め、スウェーデンでのブロックチェーンによる不動産取引管理のトライアルのニュースを思い出し・・・

妄想の連鎖が続いているw

日銀の資料などでも元帳管理の仕組みとして各国の対応状況などが簡単にまとめられているのを読んだり、その他に経産省や各種企業の公開資料を読んだりしているが、結局のところ課題は色々あるけど、個とセキュリティと誤認が最大の課題だろう



優位性

「改ざん・不正に強い元帳管理」
「元帳を管理するモチベーションの実現」


課題
「トランザクション処理は止まらないけど取り扱い量的な大きさの制約」
「トランザクション処理は止まらないけど処理速度が低い」
なんてことを書いていたら速報で秒間トランザクション処理数を上げた実証実験のレポートが出てたけど。
「流通・管理上限の存在」
「個別の元帳管理と個人の認証・連携」

「秘匿性と公開元帳」
「人間のライフサイクルと所有権が固定化された場合の打開の仕方」



ここが解ければ最も価値がある・・・個人認証技術


現在技術:
虹彩認証、静脈認証、指紋認証、ID管理+2段階認証

設備が必要、装置が必要、2段階という手間


目玉取っちゃうとか・・・怪我したり手術したりしたら静脈認証だってダメになる可能性はあるし・・・間違いを100%の排除は出来ない。(生体認証システムにおける人工物を用いた攻撃に対するセキュリティ評価手法の確立に向けて

どこかにないかなー個人認証のすごい技術

完璧なところを目指すのは無理だろうし、組み合わせの2段階認証が無難なのか・・・
ウェアラブルで虹彩認証とかDNAとか脳波とかで個人と紐づけて、それと物理的に分けた秘密鍵を紐づけて管理して、そこから公開鍵を作って認証すればいいのかもしれないが

そう考えるとGoogle GlassかアップルWatchなのか・・・
カシオとか頑張らないかなぁ、Gショックとかw

上記の内容は適当な妄想で勘違いが含まれている可能性がありますw

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

続きを読む

プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター