マンション管理ってメンドクサイw

エレベータやマンションの周囲に監視カメラを増やすべきだということを言い出した人が居ました。
言い出したのは警備会社か何かに勤めて引退した爺さんです。

前任者達が6台増設案で幾ら掛かるというのを見積もっていましたが、6台の理由が曖昧でした。
完璧にするなら100台以上増設、抑止力としてある程度機能させるなら3台増設くらいが妥当かなという感覚でしたが・・・

防犯設備会社のオススメの6台増設で管理費が月額1万円以上あがります。

小さいマンションなのでコストの頭割りの影響は大きく出ます。

大規模修繕に対する積立金が不足する可能性を持っていますので、こんなところで管理費負担を上げてもねぇ、と言う訳で、コスト妥当性が無いということで理事会で却下しましたが、その議事録を読んだ爺さんが文句を言ってきました。

じゃあ、7台くらい増設の見積もり取って総会で決議でもするかと対応すると・・・

総会では、なんで7台なんだ、アンケートとか取らないのかと言ってきます。爺さんはホコロビっぽいのを見つけるとキャンキャンわめきます。

「完璧にするなら100台でも足りません、希望で付けるとか階の違いや周辺環境など各戸同じ条件でもありませんからアンケートと言うのは正確に意味をなすものではないですし、妥当な線として防犯カメラの会社と相談して設定したものです。」

「あそこにも必要だ、あっちにも必要だ、だからアンケートを取るべきだ」そうです。

「毎月1万円以上のコスト増をしてまでやることか?を考えて理事会としては不要を決議したものですが、反対意見があったので総会に掛けました。別紙に付けた議案の大規模修繕計画概要についてで分かるように最大時と積立状況のギャップがありますので、この事象のみで毎月のコスト増を考えるべきではないという判断です。」

「大規模修繕に対する計画上の予算と現状積立額とのギャップからそちらへの出費よりも積立金の増額の方が優先事項だと判断していますので、私個人としては増設自体に反対です。」とお話ししました。

まだまだ文句が飛んできます。「勝手だ。」そうです。

めんどくさくなってきましたw

「大規模修繕計画は3代以上前の組合で立てられています、知らなかったという話は受け付けません。その最大計画を実行した場合に資金が足りなくなるという事実に対して他を優先すべきという事実を理解しても、防犯カメラ増設が優先するのですか?」

「不足分を一括で集めるという決議でも取りますか? 各戸100~200万くらい出してくれればいいです、私はすぐにでも楽勝で払いますが、皆さん出来るんですか?払えますか?」

「もっと優先順位を考えて行動してください」

他人の財布だから使えばいいと思ってる人が多いんじゃないですか? 私は将来の計画と個々の負担を勘案して物事を言っています。最大の設備を用意して最高の環境に出来ればいいでしょうが、そんなのは妄想です。うちは1万位増えようが痛くも痒くもありませんが皆さんできるんですか?」

馬鹿どもにはお灸を据えずにはいられませんw

後で話した「妻からもひとこと余計だよねーw」と言われました


まぁ、まとまりませんw 理解も出来ないようでした。こちらも馬鹿と同じレベルに落ちてまとめる気もないので、この議案を先送りにしてみました。

総会後、他の理事にご挨拶。
「1年間お疲れ様でした、馬鹿ばかりで将来やばそうだから早々に引っ越すことにしますね」とw

その後、次の理事会がアンケートを取っていました。私はアンケート欄の必要台数に、1m毎に1台の1千台増設が必要と書きました。増設の要否は否としましたw コメント欄には費用対効果および将来経費を含めた優先順位の明確化が必要であると記入しました。

また、総会の季節がやってきました。

大規模修繕内容もアンケートや調査を行って、必須項目とその他改修が必要な投資項目がありますが、金額を見て決めるものではないのです。金額は結果です。

修繕積立金の増額をせずに、カメラ増設なんてところに金使って、なんとでもなると思ってるのか?

妻も後先考えない奴らは許せないと言っており、叩きのめしに行く予定です、まぁ半分は私がブチ切れるのが心配だから付いていくっていうことでしょうけどねw 

敵対行動をした相手は殲滅すべき対象になり、ロックオンですw

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
スポンサーサイト

管理費・修繕積立金の未納問題:滞納者が勝ってしまうリスク

おことわり
法律的な解釈や実際の対応については、弁護士などの専門家にご相談ください。
以下の内容を含め当該ブログ内の内容に関する保証および情報の使用に起因する損失に対する保障はいかなる形でもいたしません。

******************************************************************************
リタイアしても色々な問題と直面します。(直面しています)
持家派、賃貸派など色々な議論がありますけど、分譲マンションの約40%がこの問題に直面しているとも言われています。
大家さんでキャッシュや資産を得ようとしている人は同じような問題に直面する可能性があります。

泣き寝入りなんて御免だぜ! 複利の重さと怖さを思い知れ!
すべての不義に鉄槌を!

******************************************************************************

区分所有法や標準管理規約などあるが、今の法制では払わなかったもの勝ちになる危険度が高い。管理会社には滞納の回収に義務はなく実質的に役に立ちません。行動あるのみ!!

民法第169条
定期給付債権の短期消滅時効(5年の短期消滅時効):裁判所に時効停止を訴えないと時効になり、時効停止していない場合に相手側が時効(時効の援用)を要求すると5年超以前の債権が無効になる。

時効停止を手続きする。
訴訟によって確定判決を得ると、その債権の時効期間は10年となります。

または、債務の存続を債務者が債権者に認める(承認)。
時効によって利益を受ける者(債務者)が自らの債務を認めた場合、時効が中断します。この承認は裁判外でも有効らしいので認めるという方法について調査中。

「1000円だけでいいので、今回払ってください。」 という方法が良いです。理由は書きませんが、きっと双方にとって最良の方法になります。(双方は嘘だけどw)

年利14.6%の遅延損害金を元本組み入れを進める。
標準管理規約 (管理費等の徴収) 第60条
組合員が前項の期日までに納付すべき金額を納付しない場合には、管理組合は、その未払金額について、年利○%の遅延損害金と、違約金としての弁護士費用並びに督促及び徴収の諸費用を加算して、その組合員に対して請求することができる。

民法第405条
利息の支払が一年分以上延滞した場合において、債権者が催告をしても、債務者がその利息を支払わないときは、債権者は、これを元本に組み入れることができる。

管理会社への期待に関する限界
管理会社の業務委託契約(マンション標準管理委託契約書)には、以下のようになっており管理会社に押し付けることは難しい。数カ月間の未回収費用に関する債務者への請求義務はあるが、それ以上は管理会社の責任ではなく、管理組合の責任において債権回収を行う必要がある。

(管理費等滞納者に対する督促)
第十条 乙は、第三条第一号の業務のうち、出納業務を行う場合において、甲の組合員に対し別表第一1(2)②の督促を行っても、なお当該組合員が支払わないときは、その責めを免れるものとし、その後の収納の請求は甲が行うものとする。
2 前項の場合において、甲が乙の協力を必要とするときは、甲及び乙は、その協力方法について協議するものとする。


 にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター