年金の報酬比例部分の支給開始年齢の引き上げと定額部分の支給開始年齢の引き上げ

支給開始年齢の変化について考える

75歳などもっと後ろ倒しした支給開始年齢の提言などの話があったので再度検討。

老齢基礎年金の支給開始年齢が65歳というのは良く知られていると思います。これは定額部分で報酬比例部分はまだ変化の途上です。
  • 報酬比例部分
年金額が厚生年金保険加入期間中の報酬及び加入期間に基づいて計算される部分です。
(65歳から支給される老齢厚生年金は、報酬比例部分と同様に計算されます。)
  • 定額部分
年金額が厚生年金保険の加入期間に基づいて計算される部分です。
「生年月日による単価×加入月数×物価スライド率」で計算されます。

詳細は、http://www.nenkin.go.jp/yougo/kagyo/kounen-kaishi.files/kaishi.pdf まで。


比例報酬部分と定額部分は別です




報酬比例部分(厚生年金部分)も65歳だと誤認している人もいるかもしれません。男性で昭和36年4月2日以後生まれだと正しい理解でざっくり今56歳の男性は65歳からです。女性なら昭和41年4月2日以後生まれなら65歳からです。

具体的には・・・




昭和 33年4 月2日~昭和 35年4月1日に生まれた 女性 61歳から報酬比例部分を受け取ることが出来るとなっています。

昭和33年生まれの女性は59歳なので、あと2年は厚生年金部分の年金はもらえません。
男性はもっともらえないけど。

昭和 39年4月2日~昭和 41年4月1日に生まれた  女性  は、64歳 から年金の報酬比例部分を受け取ることが出来るとなっています。

段階的に支払い時期が遅れて行き、昭和 41年4月2日以後に生まれた女性は65歳からの支給になります。



支給開始年齢の変化の影響を受ける人はどのくらいの猶予があったのか?





平成6年に定額報酬部分の改訂が行われて、平成13年から12年かけて段階的に遅らせた。
減額対象となる人達は、7年猶予期間の法制施行だった。
平成12年に報酬比例部分の改訂が行われて、平成25年度から男性、平成30年度から女性に12年かけて段階的に遅らせる。
減額対象となる人達は、9年猶予期間の法制施行だった。

同様に7年後に支給を遅らせるとなると、段階的にするにしても現状53歳くらいの人が対象になる大きなリスクを抱えるラインになると考えるのが妥当なのだろう。2017年に48歳の私から見ると後5年法改正されないと支給が遅れるリスクは低くなると考えて良さそうだ。

支給開始年齢をいじるのは難しいからマイナンバーで資産把握して支給減額のリスクの方が高そうだ。 タンス預金最強か、それとも投資で増やしてそれを上回る利益を狙うか・・・



にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
スポンサーサイト

ねんきん定期便が届いた

年金一号:  32月
厚生年金: 280月

トータルで312ヵ月である。 昔の法制でも300ヵ月だから受給資格は間違いなくある。


現状で150万円が加入実績での年金額で、117万くらいもらえたらいいなぁというのが将来試算額ではある。
貰えるのかなぁw


そもそもこの「ねんきん定期便」がそもそも着服とか記録不備とか社会保険庁の怠慢や犯罪によって発生してる無駄コストだったりするわけだが・・・

その上、何故9月までの実績で今頃送ってくるのだろうか、この手のタイムラグって何か無駄があるんだろうなぁ。
時間がかかる=人が動く時間がある=余計なコストが掛かる だからなぁ。
年金保険料とか税金とかなんだから無駄は無くしなさい。

9月実績だから3号にも認定されてないから金額はちょっと変わるのかな。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

やっぱり来たねー納付延長議論。次は給付時期見直しか

厚生労働省は、全国民に共通する基礎年金(国民年金)の保険料納付期間を、現在の20~59歳の40年間から延長する方向で検討に入った(勝手に検討するな)

60歳を過ぎても働く人の増加(そこまで働かないよ?)にあわせ、64歳までの45年間に延ばす案が軸だ。

次はこれだな。きっと。

社会保障と税の一体改革の影響の考慮:年金は70歳から 

年金定期便が届きました

来年の中盤には夫婦とも引退しようという気持ちなのですが、仕事も少々忙しくしていたら、年金定期便が届きました。この通信費も削ればいいのにとも思いますが、過去のまったく管理出来ていなかった反省というお役人のための経費です。

金額は、60歳まで入った場合の老齢基礎年金 73万円少々 (入る予定だけどまだまだ未払い期間があります)
厚生年金(老齢厚生年金)が、170万円少々(60まで働かないよ!) 合計240万円ほど。

153万円なら非課税だけど、これだと非課税とか色々思惑が違ってきてしまう。

60歳まで働かないぞ! とは思うものの、金額を正しく把握しなくては。

本当に貰えるのかといういつも抱く疑問は置いておいて、税金低減テクニックを勉強しないといけない。

153万円を超えるとなると、シミュレーションを直さなくてはなりませんが、容易ではありません。税金の額も見直し、国保の額も見直しなど、様々な想定の修正が必要です。

せっかく153万円の非課税などを調べたのに、年金なんて貰えない確率や支払い時期変更などの変動要素もあるのに、緻密に進めるには、もう少し時間が必要です。

今やめられると困るのでしょうけど、今ならxxx万円、60まで働いたらyyy万円とかに変えて欲しいです。
しかし、60まで働いて240万円ずつ65歳から支給です。早期リタイアがやっぱり良さそうです。

概ね夫婦限定の年金増額可能性

そもそも貰えるのかという疑問はさておき、仕組みを理解しておけば利用できそうな仕組み。

加給年金(定額部分が支給されている場合に限ります)
厚生年金保険の被保険者期間が20年以上ある方または中高齢の資格期間の短縮の特例を受ける方が、定額部分支給開始年齢に達した時点で、その方に生計を維持されている下記の対象者がいる場合に支給されます。

年の差があると相手を扶養家族にして加給年金を貰えますね

支給の条件は、年金加入者本人の保険加入期間が20年以上で、なおかつ配偶者と子供が、以下の条件を満たしていることが必要です。

1. 配偶者が、退職共済年金や障害年金を受け取っていないこと。
2. 配偶者は65才未満であること。
3. 年金加入者と同一の世帯で生計を共にしており、配偶者の年収が850万円未満であること。
4. 子供が18才未満、あるいは、20才未満の1級・2級の障害者のとき。

手続のタイミング、世帯主等の異動などの注意点を確認しておこう。
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター