インフレが年率1.5%で35年連続すると物価は68.4%上昇する

インフレが持続的に発生するとどの程度のインパンクトがあるかを知らない・見ようとしない人が多いように思います。

これから20年、30年と健康に生きるとして予算はインフレ率の積算に影響を受けます。

では幾ら必要かという話で試算すると、以下のような数字になります。
年金を除いて、現在46歳の人が80歳まで(たまに言われる)文化的水準の予算で生きると2億ちょい必要です。
100までだと4億になります・・・ 半分の予算なら半分になります。

人によって異なる部分もありますから、数字のお遊びとも言えます。

しかし、セミリタ村を徘徊すると他人事ながら無謀だと感じるものが散見されます。

現実逃避そして勢いなどでリタイアしようとされる場合には十分注意した方がいいのではないかと感じています。 

そして継続的に年間5%の運用益を出すというのは不可能だと思います。 
将来の生活コストを見極めて現実的なコストを身につけて行くことは重要です。

条件:
(変更可能点)生活費は夫婦2人の概ね文化的水準という費用を想定
60歳で年金積立や車等の費用が減る

退職後の2年間程度は、住民税や健康保険など追加費用を200万ずつ織り込み

(変更可能点)資産運用の利益は含めない
インフレ率:1.5%のインフレが持続的に発生する
(変更可能点)年金は含めない

2021年から消費税増税は15%程度にしています。

考察:
年間予算額を減らすことで必要費用は変わります。

節約型というか年金と相談して減らすのが良いでしょう。

運用をしないと、どんな人もダメでしょう。

70歳が年金支給開始年齢になる可能性があります。

おそらく年金支給額が減ります。(マクロスライド等)

 
    年齢 想定
インフレ率
Year 予算額 インフレ反映
必要額
累積必要額
2015 5,333,988.3 46 46 1.000 ¥5,333,988 ¥5,333,988
2016 7,489,988.3 47 47 1.015 ¥7,602,338 ¥12,936,326
2017 7,489,988.3 48 48 1.030 ¥7,716,373 ¥20,652,699
2018 5,333,988.3 49 49 1.046 ¥5,577,636 ¥26,230,336
2019 5,333,988.3 50 50 1.061 ¥5,661,301 ¥31,891,636
2020 5,333,988.3 51 51 1.077 ¥5,746,220 ¥37,637,857
2021 5,518,283.2 52 52 1.093 ¥6,033,930 ¥43,671,786
2022 5,518,283.2 53 53 1.110 ¥6,124,439 ¥49,796,225
2023 5,518,283.2 54 54 1.126 ¥6,216,305 ¥56,012,530
2024 5,518,283.2 55 55 1.143 ¥6,309,550 ¥62,322,079
2025 5,518,283.2 56 56 1.161 ¥6,404,193 ¥68,726,272
2026 5,518,283.2 57 57 1.178 ¥6,500,256 ¥75,226,528
2027 5,518,283.2 58 58 1.196 ¥6,597,760 ¥81,824,288
2028 5,518,283.2 59 59 1.214 ¥6,696,726 ¥88,521,014
2029 4,419,078.1 60 60 1.232 ¥5,443,225 ¥93,964,239
2030 4,419,078.1 61 61 1.250 ¥5,524,873 ¥99,489,112
2031 4,419,078.1 62 62 1.269 ¥5,607,746 ¥105,096,858
2032 4,419,078.1 63 63 1.288 ¥5,691,862 ¥110,788,720
2033 4,419,078.1 64 64 1.307 ¥5,777,240 ¥116,565,961
2034 4,419,078.1 65 65 1.327 ¥5,863,899 ¥122,429,860
2035 4,419,078.1 66 66 1.347 ¥5,951,857 ¥128,381,717
2036 4,419,078.1 67 67 1.367 ¥6,041,135 ¥134,422,852
2037 4,419,078.1 68 68 1.388 ¥6,131,752 ¥140,554,605
2038 4,419,078.1 69 69 1.408 ¥6,223,729 ¥146,778,333
2039 4,419,078.1 70 70 1.430 ¥6,317,085 ¥153,095,418
2040 4,419,078.1 71 71 1.451 ¥6,411,841 ¥159,507,259
2041 4,419,078.1 72 72 1.473 ¥6,508,018 ¥166,015,277
2042 4,419,078.1 73 73 1.495 ¥6,605,639 ¥172,620,916
2043 4,419,078.1 74 74 1.517 ¥6,704,723 ¥179,325,639
2044 4,419,078.1 75 75 1.540 ¥6,805,294 ¥186,130,933
2045 4,419,078.1 76 76 1.563 ¥6,907,374 ¥193,038,307
2046 4,419,078.1 77 77 1.587 ¥7,010,984 ¥200,049,291
2047 4,419,078.1 78 78 1.610 ¥7,116,149 ¥207,165,440
2048 4,419,078.1 79 79 1.634 ¥7,222,891 ¥214,388,331
2049 4,419,078.1 80 80 1.659 ¥7,331,235 ¥221,719,566
2050 4,419,078.1 81 81 1.684 ¥7,441,203 ¥229,160,769
2051 4,419,078.1 82 82 1.709 ¥7,552,821 ¥236,713,590
2052 4,419,078.1 83 83 1.735 ¥7,666,113 ¥244,379,703
2053 4,419,078.1 84 84 1.761 ¥7,781,105 ¥252,160,808
2054 4,419,078.1 85 85 1.787 ¥7,897,822 ¥260,058,630
2055 4,419,078.1 86 86 1.814 ¥8,016,289 ¥268,074,919
2056 4,419,078.1 87 87 1.841 ¥8,136,533 ¥276,211,453
2057 4,419,078.1 88 88 1.869 ¥8,258,581 ¥284,470,034
2058 4,419,078.1 89 89 1.897 ¥8,382,460 ¥292,852,494
2059 4,419,078.1 90 90 1.925 ¥8,508,197 ¥301,360,691
2060 4,419,078.1 91 91 1.954 ¥8,635,820 ¥309,996,511
2061 4,419,078.1 92 92 1.984 ¥8,765,357 ¥318,761,868
2062 4,419,078.1 93 93 2.013 ¥8,896,838 ¥327,658,706
2063 4,419,078.1 94 94 2.043 ¥9,030,290 ¥336,688,996
2064 4,419,078.1 95 95 2.074 ¥9,165,744 ¥345,854,740
2065 4,419,078.1 96 96 2.105 ¥9,303,231 ¥355,157,971
2066 4,419,078.1 97 97 2.137 ¥9,442,779 ¥364,600,750
2067 4,419,078.1 98 98 2.169 ¥9,584,421 ¥374,185,171
2068 4,419,078.1 99 99 2.201 ¥9,728,187 ¥383,913,358
2069 4,419,078.1 100 100 2.234 ¥9,874,110 ¥393,787,468


私自身も会社員生活の最後の方はこれ以上しがみつく理由がないようにも思いましたので、現実逃避という側面があることは否めない部分もあります。

しかし、家族(妻とネコたち)に対する責任感を捨て自分勝手な選択をした訳ではありません。
計算し準備し分析し合意を得て決断した内容です。

補完的に仕事をしたり、資産運用をしてというセミリタイアは不足する金額と時間のバランスを取れる一つの形なのでしょうが、持続可能な形を十分に検討されるのが良いかと思います。

想定寿命に対して積立られるであろう資産と想定したインフレ率を加味した生活コストでの消費を身につけていくことが重要です。
このバランスが取れない人が単なる妄想を実行に移すことのない事を祈るばかりです。


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
スポンサーサイト

インデックスの人はどうやって計算しているのだろう

インデックス投資でアーリリタイアやセミリタイアを検討・実施されている人の必要資産は、配当無しの資産総額で見てるのかな。

ウチの資産は個別株+配当ありの投信+MMF+諸々で構成しているが、そのうちにインデックスも幾つか持っている。
金額としては大したことはない。最近買った先進国株式インデックスを含めても以下のようなもの。
カテゴリ 商品名 購入
外国株 eMAXIS 先進国株式インデックス 1,000,000
日本株 ニッセイ日経225インデックスファンド 1,500,000
日本株 SMT JPX400・オープン 1,700,000
G-REIT eMAXIS 先進国リートインデックス 1,150,000

運用資産に対する配当利率は1.3%を割る水準になっている。理由は以下のようなもの。
  • 商品入替えや無配の特定株への突っ込み
  • 大半の米国株を売り飛ばしたので配当が無くなった
  • MMFの利率は0.1%程度(外国株の2%利率から比較すると激減)
インデックスよりも個別株に入れている方がよっぽど大きい。MMFはもっと大きいがw
しかし、インデックスだって本来個別株を配分して形成されている商品なので配当分の伸びが期待値としてはあると思う。
不確定要素ではあるけど、1%とかはあるのではないか。

ウチの運用資産としてはインデックスは配当期待値はゼロで計算している。

今後の資産目減りと長生きリスクに対応するためにも出来れば1.5%以上且つインフレ率以上の年間リターン(配当利率)を実現したい。
  • 商品構成を変更してもう少し配当利率を上げようと考えるか
  • インデックスを市場平均などで織り込んで何となく反映するか
  • 両方やっちゃうか
  • 今まで通りにするか
そもそも預貯金にしてるとインフレに負けていくという事実と日銀インフレ目標への固執が今後もある程度続く訳で、
どうしようかな。

基本的にアクティブに売買はすると思うが、どう判断・織り込みをするかな。

投資(投機も)は自己責任で。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

イスラム国への空爆(8月8日)よりも資産減少率が大きい

資産推移週末比較
赤:円ドルレート 青:資産増減率
推移状況2014-12

先週の円ドルレートが大きく円安に振れたこともあり資産増加は非常に大きかったところに
今週の調整モードが来たために1週間当たりの資産減少率は8月の過激派イスラム国の空爆時点よりも大きい。

1週間での上下動を見ると、マイナス2.6%
資産増減率としてはマイナス3.0%


2週間平均で見ると少し和らぐのだが、来週も下げるようだと10月の下げと同じような感じになってしまう。

実際には下方向に向くベクトルが同じようになるだけで、10月時点まで戻ることは恐らくないと思うが、
ハイイールドやグローバルREIT(好配等・・・)などの資産売り出ししようと思ったところに、
この下げはちょっと痛い&売りそびれた。

以下のような現時点での分析は行ってきたのだが、
これでは頭の中に円ドルレートと過去の推移を入れて感覚で判断するしかなくなっている。
個別の資産の分析をもう少し真面目にやるべきだなと言うのが反省点。

赤字の商品は売却予定で売りそびれたもの・・・
カテゴリ 商品名 現在単価 基準比% 評価益%
外国株 ドバイ・アブダビ株ファンド 14,821 -5.27% -5.56%
外国株 SBIインド&ベトナム株ファンド 8,624 27.52% 27.13%
日本株 ニッセイ日経225インデックスファンド 18,312 24.85% 24.85%
日本株 SMT JPX400・オープン 10,988 14.24% 14.24%
J-REIT 三菱UFJ Jリートオープン 7,332 16.56% 26.12%
J-REIT 新光J-REITオープン 7,463 17.49% 24.52%
J-REIT ニッセイJリートオープン(毎月分配型) 14,531 10.98% 21.67%
J-REIT MHAM JREIT INDEX 11,925 20.99% 26.56%
G-REIT 好配当グローバルREIT(トリプルストラテジー) 6,459 -11.18% 9.71%
G-REIT 損保ジャパン・グローバルREITファンド 13,150 12.96% 23.34%
G-REIT 新光リートUSゼウス 5,098 13.83% 28.23%
G-REIT ワールド・リート・オープン(毎月決算型) 4,993 11.03% 22.01%
G-REIT eMAXIS 先進国リートインデックス 25,066 23.26% 22.89%
ハイイールド FID USハイイールド 5,552 0.59% 11.27%
ハイイールド 三井住友・米国ハイ・イールド債券・中国元ファンド 11,646 6.21% 13.69%
ハイイールド ステート・ストリートUSハイ・イールド債券オープン 15,160 7.04% 9.86%
ハイイールド ユーロ・ハイ・イールド債券ファンド(円ヘッジあり) 9,046 -10.20% -3.67%
外国債券 国際-エマージング・ソブリン・オープン為替ヘッジ 9,763 -4.86% -0.47%

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

リタイアと今後の消費税率想定と資産

2015年 10%  ⇒ 2017年4月?
2021年 15%  
2025 年20%
2030年 20%

25%になることを想定した方が良いのだろうか・・・ 2030年には60歳を超えてくるし、
その頃には車も持っていない予定だし、支出へのインパクトは大きくは無いとは思う。

退職時点では80歳までは資産が持つという計算だったが、ここ5カ月の運用と日銀の追加量的緩和などによって、
84歳まで行けそうな規模になったから、税金が多少上がっても平気なようにも思う。
(この先の相場次第で減ることもあるのだけど)

円ドルレートも105円~110円未満というのが米国利上げまでしばらく続くかと思ったら既に115~117円になったりと、2年くらい予想が外れて円安方向に進んでしまった。米国系の為替ヘッジ無しの資産が5割近いので円安はWelcomeなのだ。

11月17日時点の価値(分配金未反映なものもあり)
見方:基準比と評価益の差異が大きい場合には税金負担が大きい
LEGEND : 5%を超える価値上昇は緑色、0~5%は黄色系、 0%未満は赤系

INDEXは優秀だなとも思うけど、やっぱり性に合わないなw

カテゴリ 商品名 現在単価 基準比% 評価益%
外国株 ドバイ・アブダビ株ファンド 17,240 10.19% 9.86%
外国株 SBIインド&ベトナム株ファンド 8,626 27.55% 27.16%
日本株 ニッセイ日経225インデックスファンド 17,898 22.03% 25.04%
日本株 SMT JPX400・オープン 10,792 12.21% 12.21%
J-REIT 三菱UFJ Jリートオープン 6,814 8.32% 16.09%
J-REIT 新光J-REITオープン 6,988 10.01% 14.63%
J-REIT ニッセイJリートオープン(毎月分配型) 13,661 4.34% 12.94%
J-REIT MHAM JREIT INDEX 11,152 13.15% 17.21%
G-REIT 好配当グローバルREIT(トリプルストラテジー) 6,756 -7.10% 12.04%
G-REIT 損保ジャパン・グローバルREITファンド 12,559 7.89% 17.80%
G-REIT 新光リートUSゼウス 4,890 9.19% 21.57%
G-REIT ワールド・リート・オープン(毎月決算型) 4,879 8.49% 17.92%
G-REIT eMAXIS 先進国リートインデックス 24,032 18.17% 17.82%
ハイイールド FED USハイイールド 5,652 2.40% 11.48%
ハイイールド 三井住友・米国ハイ・イールド債券・中国元ファンド 11,782 7.45% 14.00%
ハイイールド ステート・ストリートUSハイ・イールド債券オープン 15,605 10.18% 12.80%
ハイイールド ユーロ・ハイ・イールド債券ファンド(円ヘッジあり) 9,141 -9.25% -3.59%
外国債券 国際-エマージング・ソブリン・オープン為替ヘッジ 9,959 -2.95% 0.83%
外国債券 グローバル・ボンド・オープン(適格債券) 9.18 -10.96% 31.43%
外債マルチ 債権マルチ 7.83 -4.64% 40.62%

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

夫婦でリタイアする際の二つの課題

厚生年金・老齢年金(遺族年金)

二人とも健在ならば、気にすることもないですが、
どちらかが早死にすると、ひとり分の多い方の金額になってしまう(DINKSは下記で確定)。

厚生年金受給金額を 夫 100万 妻 200万 とする。 基礎年金は同じとする。 
年金は双方とももらっているとする(65歳以上)
仮に夫が死ぬと

(1) 遺族厚生年金のみを受給(=夫の老齢厚生年金の3/4)
   75万円(25万+200万+基礎年金 夫分が消滅)
(2) 自らの老齢厚生年金のみを受給
   200万円(100万+基礎年金 夫分が消滅)
(3) 遺族厚生年金の2/3と自らの老齢厚生年金の1/2を受給(=夫と自分の老齢厚生年金の合計額の1/2)
   166万円(33万+100万+基礎年金 夫分が消滅)

簡単に言うと遺族年金はありません。召し上げです。

年金3号(特権階級かもw)は、上記のような悩みはなく、もらえます。 ひとり分の基礎年金部分は無くなりますが、元々払ってませんからね。

共働き(おひとりさまも)は社会に大きく貢献していると胸を張って生きていきましょう。
(もうやめますけどw)


もっと若年で死亡すると・・・男女差が歴然とあったり制度が複雑すぎる。 
というわけで、今度調べてまとめますw

子供いない夫婦、相続の落とし穴 妻に全額と限らず

遺言書を書いたとしても、法定相続人であれば権利を主張できる。
遺産の4分の3は配偶者へ渡せることが確定、それ以外の分も配偶者にするように遺言するとともに、
「配偶者に渡さなかったら、化けて出るから。事故とか気をつけてねw」 とでも遺言するか!

夫婦の死亡時期に極端な差異が発生しないよう、健康寿命をうまくコントロールするとともに、蓄財しましょう。
というのがひとまずの結論
にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター