投資に対する感覚の変化


リスク資産比率の変化
利確を進めたり成績的に納得できなくて売却したりと、リスク資産がどんどん減ってきた。
この3年の間に外貨建ての資産など全部を含めると 90% がリスク資産だったこともあるのだから、30%を切る現状はかなりリスクが抑えられた状況と言えそうだ。

資産状況PIECHART

資産状況PIECHART2

資産状況PIECHART3

リスク資産の比率が一時のように上がらないのは、リタイアしてから金融資産が評価額ベースで約40%程度増えたことも含め、達成感のようなものも出てきたのだと思う。
子供もいないし、親も居ないし将来の不安材料が元々少ないところに、資産増がこの感覚というか達成感?に拍車をかけているのかもしれない。

まだ投資商品としてはJ-REITがあるが最近の低迷によって税金の先払い効果(マイナスw)もあるし、個別株の利益と相殺しちゃえるからいったん売るかな、日本株の幾つかもお盆のあたりで売ろうかなと考えている。

そうすると、現金比率は85%になるだろう。

以前のように資産の大半をリスクに晒すことはもうないような気もする。



価値が減るのは嫌だから、何処の国の通貨のどんな資産クラスがいいのか?
という結論は出ていない。
日本円現金から分散させるというリスクマネジメントがリスク低減とバランスしているのかなんてことを考えようとも思ったけど、結局、どうやって増やすか?どんな投資をするかという投資方法をどうするか考えることと同じ方向にループしてしまうんだろう。

そういう意味では、「NISAで投機しながら、今考えている選別方法で幾つか投資する」という現状の投資状況の延長線上にある考え方で自分自身は納得できるカタチなのだろうし、通貨価値(資産)の減少対策程度ならば、リスクヘッジもその程度でいいように思う。
それでも今よりもリスク資産は少なくて、80%は現金になりそうだなぁ。 

すこしゆっくりと選別方法の自動化する方法でも考えるかな。

それでもリスク資産比率を急激にあがることは、今は考えにくい。



感覚の変化というか調子こいてる?
超富裕層には程遠いが、調子こいてる部分もあるw

3年で会社員時代の年収の3倍以上の資産増だ。 会社員生活をそのまま同じようにやって余っていた金額の12年~15年分に相当する金額を積み上げてしまった。 生活費分はまだ出費してないからそれを加味しても10年分くらいは稼いだんだろう。

たまたま運が良かっただけかもしれないし、能力があるのかもしれない。だけど事実は事実。


少なくとも資産的には55歳まで働いたのと同じくらいの状況ってことだ。

あと数年分も稼いでしまったら生涯現役でしたと言っても変わらなくなってしまうんだな。

今後も投資行動は続けるが・・・


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
スポンサーサイト

資産評価額によるミスリード : 税引き後資産にするのを忘れないように

運用を続けるモチベーション的には大きな金額になっていることが見える方がいいから資産評価額で推移を見るといい。
こんなに~とか順調に~と思える。そして増えた資産を見て満足感を得ることができる。

並行して「何歳まで生活できる資産がある」なんていう試算をして安心や満足感を得ることができる。
インフレ1.2%で年金があれば、90歳までは生活できる。
インフレ1.2%で年金がなければ、78歳までは生活できる。
インフレがなくて年金があれば未来永劫生活できる。
インフレがなくて年金もなければ、88歳まで生活できる。

しかし、この時に重要なのが・・・税金だったりする。


出口を考えないとか考えるとか色々とあるようだが、幾ら手元に残るのかの事実を踏まえないと間違えそうだ。
含み益がなければ誤差だろうが、含み益が大きくなればなるほど、衝撃は大きくなる。

利確すると税金でがっぽり(20.315%)持っていかれます。

プラスだから税金なんて誤差と思う人も居るのかもしれないが、

例えば税金を一度も払っていないで資産が
30%の評価資産増になっている場合、実際には23.9%の資産増になります。

結構持っていかれます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

お金を貯めたいけど、会社の補助とか理解してない人は残念な人達

企業の福利厚生というのは非常に手厚いものが多い。知らない・理解しないのは損をしています。
(企業は福利厚生も人件費として認知しています、払われるかどうかはあなた次第の人件費ですけどねw)
なお、業務上横領とかはダメですw 

福利厚生の中に社宅とか無かったけど公務員の例とかスゴイ安いなぁと思うし、後は各種補助金や施設利用などがある。
補助金って、利息としてとらえると何%になるか理解してるかな。年金財形・住宅財形・一般財形、それぞれ違わないか?

資産形成にも有効。

まず、資産形成において重要なのは貯める素養を育てること。

そしてギャンブルをしているので無ければ、毎日資産総額を見てる必要は無い。

貯めていることを忘れることが出来るのが良いと思う。
  • 手取りから無くなっても生活に無理が無い(基礎生活費の低減と定着にも有効)
  • 引き出したいという衝動から隔離されていること
補助で利率の良い財形と持ち株会にしました。業績が良くなることは肌感覚で分かってましたからね。
そして購入から売却までで株価は6倍になりました。会社の業種業態と多様性に基づき将来性について考えてみましょう。
最初の中古マンションを買う時に住宅財形を下しました。(住宅財形は補助も厚かった)
利率は低いけど補助を併せれば預金金利0.01%なんて無いに等しい利率とは比べ物にならないはず。

ただし株価6倍になっても18年の積立結果は税引後+60%とかにしかならないので積立で倍とかは多分ないと思う。
また自社の持ち株会を否定する人は転職を検討されることをお勧めします。

更に貯める為には、少しくらいの現金は無かったものと忘れ貯蓄する。
  • ボーナスは普段の生活から切り離して、「無かったもの」と貯めてしまえばいい。
    ボーナスだーと喜んで使うのはよくわからない。普段そんなに切迫してる理由は別にあるんじゃないのか?

基本的に無理のない範囲で生活する。
その収入なのは自分が原因なのだから、その収入に見合った身の丈の生活をするべき。
  • 身の丈に合った生活水準は上げない。偶の贅沢で楽しむ。毎日ご褒美は不要。
  • 貯まってる分を吐き出してしまうような使い方は浪費。
焼き肉がどうしても食べたくなるとか、行けば良いのです、その位で貯蓄は無くなりません。
毎週とか毎日焼き肉とか普通の人ならいかないです。品川 漢城軒とかなら食べ放題ですが良い肉です。銀座は無くなったけど・・・


たまに手持ちのキャッシュを動かすこと。常にではなく、ある程度たまったらでいい。

立地条件の良い場所の転売価格の高くなりそうな中古住宅を安く買い住むなど。マンションは修繕積立金と管理費が高くないことも重要。
なお、家賃5万とかで住んでる人は家買う必要は無いと思いますw 
暇でしょうから投資の勉強とか為替の勉強でもするといいかな。
  • 13万の家賃が管理費修繕費で3万円くらいになると10年住むと1000万くらい貯まります。うまくいけばもっと貯まります。
  • 買った値段と同じくらいで売れる物件もあります。ウチは買った値段より少し高く売りましたが、今はもっと高いようですw
    (築29年で売ったのに、同じ間取りのマンションが4年くらい経ってその値段より2割高く売り出しかかってます
  • 家の購入ではローンを組まないのは重要です。節税効果とかないです、ローンを支払ってるなら出ていく方が大きいです。
  • 10年くらいで売るつもりで住む。長期のローンとかあり得ない。

キャッシュを動かすことの先としては・・・株や外貨でもいい。ただし外貨預金はダメ。
  • MMFなどにお金を入れるだけでもいい。ドル安の水準を読んで買う。たぶん5-6年寝かせるし、まぁ運だね
  • 外貨預金は最悪、為替差益は雑所得となる。
    (雑所得は給与所得などと合算での課税となる。累進課税対象)
  • 手数料を考えるならFXでレバ掛けずとかだけど、雑所得になるからこれもおススメではない。
  • 株などに投下するならよくよく勉強してからで。

アーリーリタイアをした身としては、今後激しく円高(78円くらい)になった場合に、無理のない範囲でMMFでドル買います。

結局、頭を使って行動したものの勝ちです。
考えろ!そして行動しろ! ってことで。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

何で今の資産があるのだろうかの振り返り

資産状況比率は公開しているもの以外では不動産と家財くらいのものです。
無理に貯めこんだわけではないですが、それなりの規模になったので振り返ってみました。

日本株(6.5%):投下資本比 +100%~
投資しようと10数年前に投下:年率1.5~3%程度の配当
外国株(33.8%):投下資本比 +60%~
円建て積立:年率1.5~3.5%程度の配当
投資信託(23.3%):投下資本比 + 20% +2.5%配当
(円安差益と配当で現在円建価値が増加)
円高時点での資金投入
 個人的には110円が妥当な線だと思っているので、85円時点で投入 +2.5%配当
ストックオプション売却外貨で外貨建て商品にレート78円時点で投入 +2%配当(年収の70%程度に相当)
現金(32.3%): 
共働き夫婦の余り資金(年3~5%程度の資産上昇に相当する金額)
中古マンションを現金購入して家賃出費との差額が貯まった。
不動産売却金(購入価格よりも高く売却)
積立保険(2.7%):(昔は良かったです!)
大昔の積立の満期後の戻し予定額
外国債券(1.3%): (これは資産に寄与していない)
外貨建ての配当の循環 +1.4%の実効利率

結論:
心身を削って働けば貯まる。
積立などで無理なく忘れる程度に貯める。
中古マンションの現金購入で家賃支出が減る・貯まる。
  (購入時売却時費用200万程度÷居住期間+管理費・修繕積立<賃貸家賃)
条件のそれなりの住宅なら元が取れる程度で売れる。
臨時収入は貯める(ボーナスも臨時収入のひとつだと考えると更に貯まる)
経済のことも少しずつ勉強すると為替とかも少しは分かるので少し儲かる。
家計はプール制でお小遣いは十分にありますが浪費は程々にすると貯まる。

というところかな。

プール制は絶対にすすめないという人もいるようですが、長くやっている身として個人的にはおススメです。
キャバクラ行ったりおごったり、飲んでタクシーで帰ったり、奥さんに服をプレゼントしたり(リカバリーではありませんw)、ちょっと贅沢してみたり、いつもニコニコ現金払いが鉄則ではありますが、自分の中で出来ることを把握してやるのです。

宵越しの借金は持たない!


プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター