アーリーリタイアメントを考えたきっかけ

21歳
会社に入る時に「35歳である分野の技術でTOP」と目標を立てました。
当然のように自分の経験のある領域に配属されることもなく、与えられた仕事を確実にこなし、3年目の後半に1件の小さなプロジェクトを任されて多少のササクレはあったものの完了して、その後に上司が「ある分野」へ異動を手配してくれました。

30歳
過去の(寝る間もないくらいの仕事と集中をやった成果)現場経験と話術で30歳にはチームリーダーとして実質的にTOPになる。
ある業界において理解度と実際の運用及びコンサルティング能力においては、日本でTOPで世界でも5番以内程度です。
仕事としてやりたいと思ってたことで成果を上げて目標を実現した。

36歳
目標を達成した事実と新たなモチベーションを考え、育てて来た優秀な後進に道を譲るべく別な仕事に移る。いくつかのプロジェクトを管理した後、新しい分野の管理職として10から15名の部下を持ち、プレイングマネージャー

42歳
部下のリカバリーなどに奔走。部下のために心と体をすり減らす必要があるのか?という疑問がわきはじめる。
死ぬ病気かもしれないということもあった。
新規分野の当初目標(約束)は達成したし、この種の苦労は何も役に立たない。ということで、異動させてもらう。

44歳
また違う分野ではじめて見るも会社も投資しないし、前に向かう障壁が多すぎる。
モチベーションを下げるようなオペレーションもある。

そうだ、とりあえず仕事はするけど、なるべく早く無色になろう。

自分で何か楽しそうなことを思いついた時
知り合いで誰かが何かを始めようと思った時に助けてほしいと言われた時(人的資源として、多少の出資)
無理にこの手の苦労を続けるべきでもないから、のんびり過ごす時間的自由を手に入れることにしようと決心した時(無職)

資産の現状から、将来の生活はどのようなレベルでできるのか、そのために必要な資産の運用は?
今の生活レベルと同じで過ごす場合に必要な資産の規模は?

選択の自由を得るために様々な考察をして、実現に向けて前に進もう
スポンサーサイト

今、アーリーリタイアメントすると65歳で年金は。。。 

今、アーリーリタイアメントし、無職になると、160万円くらいしかもらえません。夫婦二人で両方もらって320万円です。

しかし支給開始年齢は、65歳以上ですから、まだまだ先の話となります。
その上、25年の資格が必要・・・足りない、かも?!

<老齢厚生年金の受給資格>
厚生年金保険の被保険者期間が1ヶ月以上あること。
国民年金の保険料納付期間と保険料免除期間の合計が25年以上(厚生年金、共済組合の加入期間を含む)
※ 平成24年8月の国民年金法の改正により、平成27年10月1日からは「10年以上」に変更される予定です。


老齢基礎年金(国民年金)を受領するには、25年以上納付する必要があり、会社員でこれまでに厚生年金として徴収された期間が25年に満たない場合、個人で支払うもの含め25年以上の加入期間が必要です。ただし以下の例外があります、カラ期間は資格に合算されるだけで金額は納付期間で計算されます。

受給資格に必要な期間を合算する合算対象期間について
自営業者、学生、無職、サラリーマンの妻(第3号被保険者)(国民年金の加入期間(但し滞納期間を除く))
会社員、公務員の期間 (厚生年金、共済年金の加入期間)を合わせた期間となります。

その他にカラ期間:平成3年3月(1991.03)までの学生の期間(20歳以上60歳未満の期間に限る)平成3年4月以降は強制加入となっていますが、平成3年3月まで、学生は任意加入の対象でした。その他海外に居住した期間なども資格期間(カラ期間)になります。

義務ってことは強制ってことは資産差し押さえなどなどありか!
国民年金は、20歳以上60歳未満の日本国内にお住まいの全ての方が加入することが法律で義務付けられています。足りない期間があるとか悩む必要が無く、義務だった。取られ損はあるかもしれないが、払わざるを得ない経費ということで、15000円くらい毎月納めなくてはならないので、必要経費として項目を追加。

基礎年金支払額(仮):786,500円 x 450/480 = 737,300円
その他に厚生老齢年金:900,000円見当

この先、本当にこの金額を65歳から受け取ることが出来るのかという点で疑問は消えませんが、引退すると節約生活が必要なことは自明です。今のままの生活は絶対に出来ません。

老齢厚生年金の受給要件
厚生年金の被保険者期間があって、老齢基礎年金を受けるのに必要な資格期間を満たした方が65歳になったときに、老齢基礎年金に上乗せして老齢厚生年金が支給されます。ただし、当分の間は、60歳以上で、①老齢基礎年金を受けるのに必要な資格期間を満たしていること、②厚生年金の被保険者期間が1年以上あることにより受給資格を満たしている方には、65歳になるまで、特別支給の老齢厚生年金が支給されます。
特別支給の老齢厚生年金の額は、昭和24年(女性は昭和29年)4月2日生まれの方からは、報酬比例部分のみの額となります。

ご参照の上でのご注意とコメントについて

********************************************************************
欧州のキャットフードのパッケージ画像を勝手に画像を使っているので、宣伝するので許して・・・Felix food

日本でも売り出したね、パッケージが少し違うのが残念だけど、買ってるし、うちの子たちにも食べさせてるからね!
http://nestle.jp/brand/felix/
http://www.catslikefelix.co.uk/food/Pages/default.aspx

こっちの画像の方が可愛いんだけどなぁ ⇒ http://www.nestle.com/brands/allbrands/felix 
******************************************************************************

内容についての完全な保証はできておりません。それぞれの内容について勉強しつつ修正をしています。

中には不勉強で間違っていたり、もっとお得な方法があるケースも多々あるかと思います。

お断り:
法律的な解釈や各種記載における情報利活用については、弁護士・行政書士・税理士・医師などの専門家にご相談ください。
以下の内容を含め当該ブログ内の内容に関する保証および情報の利用に起因する損失に対する保障はいかなる形でもできません。


最終的には自分の方針や試算の情報がまとまる予定ですが・・・

アーリーリタイアを実現する上でのチェックリスト
については、十分なものがまとまっています。考えるべきことと計算方法の基礎を出していますから、参照価値はあると思います。

コメントについて
コメントを残される際には、メールアドレスは入力しないようにお願いいたします。

また、私の気分を害するもの、特定の人(公僕や政治団体等に属するものやマスコミ、作家、評論家等を除く)を誹謗中傷するものなどは削除します。
フィッシングと思われる行為についてもIPなど取得しているシステム情報を公開の上で削除等の対応をします。
なお、コメントをいただいたものでこれらに該当すると私が判断したものは、IPなどを公開することもありますのでその上でコメントを残すようにしてください。コメントされる場合にはこれに同意したものとみなします。

トラックバックについて
基本的に変なものでなければ承認しますが、更新が複数月されていない場合には削除します。
また、こちらに連絡なく勝手にポイントしている文書が削除された場合には将来に渡って承認をしません。


なお、営利目的での記事の抜粋・引用・転用などはご遠慮ください。

ブログ運営元が提供している広告を除いて当ブログは営利目的ではありません。
 

時間と体力はお金で買うもの

朝6時からの会議、昼間は様々な仕事、夜21時以降の会議、そして満員電車で揺られて生活するほどの根性と体力はありません。その時、諭吉(1万円札)がささやきました。

「時間と体力はお金で買うもの」

ということで、道でタクシーを拾って・・・という生活(会社は出してくれません)をしていました。
お金結構かかるなぁと、車で通う生活へ(こちらも結構かかりますが)

疲れたよパトラッシュ・・・

アーリーリタイアを心に決めた今、飲んでも電車で帰ってこようと少しずつ修正中です。(電車が無い時間というのもあるので)
更なる修正は必要かと思いますので、節約の観点や実践などの情報は以下のリンク先のブログを参考にできることを見つけようと思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター