葬儀等に関する備忘録

死亡後の手続や手配などを体験したので、備忘録と自己(DINKS)の将来のことを踏まえてメモメモ。

 小さなお葬式や葬儀の受付サイトなど色々あります。
「178,000円で出来ます」というものもあります。身内に不幸があったのですが、ウチには子供も居ないし、墓なんて用意してもということで、このプランを申し込んで対応してみました。

Web上では、諸々+永代供養で178,000と書いてあり、その他に火葬の費用という記載のものだったのですが・・・

178,000円では終わりませんでした。

棺桶、ドライアイス、移送、役所への申請(死亡届と埋葬許可証等)、火葬費用、安置費用、骨壷などで、約20万円

追加で必要な費用が火葬関連の費用だと思っていたら、永代供養などの方が別枠でした。 Webで書いてあって広告していても、あんまりアテにならないというのが結論ですが、生きている中でそれほど経験するものでもなく、経験値も貯まらないです。また、葬儀業者コールセンターから、葬儀社への繋ぎも悪いです。深夜含め一生懸命やってくれるのですが、死亡届はどこに出しにいくのか?(死亡地、住所地、本籍地のいずれかの自治体に提出なのですが) 葬儀場所が異なると、移送してしまいますので、手続はどこへ出すのか、何時出すのかなど的を得ない回答ばかりでした。値段も控えめだしかたないか、とも思いましたけど。

永代供養の方は、本当にやさしいお坊さんで、8万円程度。

総額30万円

葬儀社の人には、この人に心づけをいくらとか色々言われましたが、領収書の出ない出費は不正だからいらないかなとも思いますが・・・

おそらく一番面倒なのが、遺産相続です。 子供と配偶者が居ないと兄弟姉妹にいきます。兄弟姉妹が死んでいるとその直系へとぐるぐると権利が移転していきます。相続放棄などしてしまえばいいのでしょうが、それも手続が煩雑です。

人生の引き際のコストや面倒を掛けることをどうお願いする、考えておく必要がありそうです。
スポンサーサイト
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター