資産状況12月とポートフォリオ

2014年5月~12月まで
資産推移状況2014-12

前月比では、結果的には購入した株式評価損などがあり投資資産は +0.16% 程度でした。
資産推移としては日本株の比率+4.8%、外貨現金+0.4%、日本円+0.7%、定期預金-1.4%、ハイイールド債権-4.3%、J-REIT +0.4% 投機目的の株式含み損があるので、基本的には順調に増えているというのが概観です。

12月はハイイールド債権系投信の全売却を行いました。
その売却で発生した現金を使って2014,2015のNISAの枠で6786を全購入しました。
評価損の大部分は 6786 リアルビジョン: 100万円弱の赤字です。
先日書いているように2月13日頃の四半期決算での疑義解消がターニングポイントになることでしょう。
5月の年度末決算の後は最早で6月米国利上げでぶつかり合うのが懸念材料です。
(取らぬ狸の何とやらですが)

市況としては原油安は経済にとってプラスに働くのでOPECの強気はシェール系の商社以外には効くことでしょうし、併せて多くの上場企業にとって円安はプラスに働きますから、そこも含めて日本株は四半期決算の出てくる1月後半から上昇傾向になると予想しています。
また、商品として相変わらず強いのはJ-REITです。地価動向も過去最良のようで、この価格帯はキープしそうな予感ですが(投資は自己責任で)、利率とのバランスが壊れるまでの上昇は危険水域であると考えていますので2000ポイントを超えてくることがあれば一時撤退も視野に入れています。


2014年12月
資産配分状況2014-12
2014年11月
資産配分状況2014-11

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ


年間を通じてみると円安と運用(投信・株式など)で資産は昨年の年収以上の金額が増えましたから良い年でした。
投資は自己責任で(他人に称賛・批判されるものでも指図されるものでもありません)

外国株:
US個別株
ドバイ・アブダビ株ファンド(+2%~ 原油安によって産油国は弱含み)
SBIインド&ベトナム株ファンド(+15%~ VNは別途追加予定でも良い商品が無い)

日本株:
ニッセイ日経225インデックスファンド
SMT JPX日経インデックス400・オープン
個別株を追加・入替

Jリート  (高値安定気味)
三菱UFJ Jリートオープン
新光J-REITオープン
ニッセイJリートオープン
MHAM JREIT INDX(このファンドは優秀)

海外REIT:
好配当グローバルREIT (運用成績が悪く売却)
損保ジャパン グローバルREITファンド(優秀だとおもう)
新光USリート
ワールド・リート・オープン
eMAXIS 先進国リートインデックス

ハイイールド  為替変動を含めて考えると相当悪いため全撤退
三井住友・米国ハイ・イールド債券・中国元ファンド
ステート・ストリートUSハイ・イールド債券オープン (為替差益を受けるため放置)
DWS ユーロ・ハイ・イールド債券ファンド(-3%~ 激しくダメダメw もう売ります)
フィデリティ USハイイールド(イマイチですが為替差益享受のため放置)

外国債券系:
エマージング・ソブリン・オープン (無風状態)
グローバルボンド


保有商品の状況
カテゴリ 商品名 現在単価 基準比% 評価益%
外国株 ドバイ・アブダビ株ファンド 16,004 2.29% 1.98%
外国株 SBIインド&ベトナム株ファンド 8,483 25.43% 25.06%
日本株 ニッセイ日経225インデックスファンド 18,414 25.55% 25.55%
日本株 SMT JPX400・オープン 11,057 14.96% 14.96%
J-REIT 三菱UFJ Jリートオープン 7,499 19.21% 28.99%
J-REIT 新光J-REITオープン 7,547 18.81% 25.93%
J-REIT ニッセイJリートオープン(毎月分配型) 14,798 13.02% 23.91%
J-REIT MHAM JREIT INDEX 12,125 23.02% 28.68%
G-REIT 損保ジャパン・グローバルREITファンド 13,393 15.05% 29.13%
G-REIT 新光リートUSゼウス 5,286 18.03% 32.96%
G-REIT ワールド・リート・オープン(毎月決算型) 5,156 14.65% 26.00%
G-REIT eMAXIS 先進国リートインデックス 25,972 27.71% 27.33%
外国債券 国際-エマージング・ソブリン・オープン為替ヘッジ 9,859 -3.93% 0.51%
スポンサーサイト

含み損、200万円から100万円に減少

実際に現物持ったままですよ!ということが自分もリスクを取っているという証明ですが、私の投機関連の記事を見た数少ない人々の中で乗った人がいたら、楽しみましょう!

ただし・・・
投資は自己責任でと書いているように、マイナスが出ても私個人が保証はできないので、その点はご理解ください。
株やるなという人もいるようですし、リタイアして遊びで株とかせずに、多くの人は堅実な人生を歩んでくださいw

リアルビジョン 6786 の株価が下がったり、下がったり、上がったりと評価損は200万円を超えることもありましたw

200万の含み損ってそれなりの規模だけど結構儲かる予定だしwと笑ってみてたら、含み損100万よりも小さくなってた。

昨日は440円だったので400円割ってくるなら1万株くらい追加で買おうかな、と思ってたのに、今日はストップ高。
1月中までは同じような動きで下がるか現状維持程度の値動きだと予想してたのに~

推移状況2014-12-25

そんなお遊び感覚で株を買っていますが、外貨為替の連動資産(ハイイールド債権系投信)の減少と投機資産の評価損があっても、為替や日本の株価が戻してるので、個人資産としては全く問題ないです。

株関連のポジション減らす対象は引き続き検討をしていますが、もう少しのんびりにしようと思います。
その他資産への乗換えも・・・当面はこの会社の株にしようと思います。きっと騙し下げの500円くらいが来てくれるはず。

資産推移週末比較
赤:円ドルレート 青:資産増減率
推移状況2014-12-25


投資(投機も)は自己責任で。
にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

リアルビジョン 株式への投資と分析

最大1年保有程度だと思っている6786リアルビジョン
ここのところ株価は、下がったり、下がったり、下がったり、上がったり、下がったり

570円で始まった週でしたが、先週末の株価は451円

週間値下がりランキング12位 東証2部 (株)リアルビジョン 451円  -20.88% 

株価チャート
株価推移状況2014-12

470円で更に買い増したものの評価額は150万ほどマイナスにw

下がり調子なのが残念だが、下手を打たずに11月からの生まれ変わったこの会社が運営してくれれば問題はない。
がっつり下げてくれたおかげもあって、値幅取りの売り・買いで税金は圧縮できたし悪くない。

まずは事業継続疑義の解消が第一ステップ。
次回の決算発表に付随して行われると想定すると最短で1月半ば、遅くとも本決算5月あたりか。
前期第3四半期は この日程だった。平成26年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結) 2014年2月14日


買い増し用にハイイールド債権用資金を回せるので、様子を見ながらナンピン予定。

その他新規事業領域の考察
< FANCY:商品の考察 >
FANCYは、どうも小物系(20ドル程度)のものなどが良く扱われているようです。 
Nespresso(エスプレッソメーカー)もあったけど、280ドルで扱われていて100ユーロくらいで買ったとかコメントが付いてましたので、ぼったくりのケースもあるようなので市場適正価格なのかなど内容はまだまだコメントを含め要チェックだな。
あとは、日本の商品がほとんどないので、これをどのように日本で広めるのか。ということも課題だろう。
ISETANとかも出店しているようだから、何らかの解決の糸口はありそうだが・・・

< FANCY:浸透率の考察 >
FACEBOOKのアカウントで知り合いは2名ほど登録していた。物珍しいのを好むタイプが1名、Networkが広いタイプが1名だから、浸透率は低いと言える。

< 利益と企業グループとしての考察 >
K2Dがサイト運営しても利益面では大きくは期待できなそうに思うし、DSCとの協業でWebサイト運営についての内製化によるキャッシュアウト削減というのが一つの切り口だろう。

DSCの営業経費はそれなりの規模(売上100億で売上原価80億)になっているうちの数千万~程度は「法律の窓口」HPの運営に掛かっているとも思うし、K2Dと共有することでシナジーというより効率化だが全体としては良いことだろう。

< K2Dその他事業>
平成 26 年9月より Apple Japan Inc.との間で Apple 社による Beats By Dre ヘッドフォン事業に関する契約を締結
Beats By Dre は、プロのサウンドエンジニアやミュージシャンのために開発されたヘッドフォンブランドで、海外のトップアーティストやハリウッドスターから絶大な支持を集め ており、その認知度は今後更に上昇していくことが予想されます。
K2Dは、Beats By Dre 製ヘッドフォ ンの日本における需要拡大に備え、上記契約に基づき Beats By Dre のヘッドフォンの日本国内におけるイベント企画、インフルエンサー・リレーション構築、ソーシャルマーケティング企画等、マーケティング・ コンサルティングに関する取組みを開始しております。

< 注記 >
弁護士ドットコムと同じくらいのPER倍率(200倍)になってくれれば運用も終了なんだけどなぁw

投資(投機も)は自己責任で。
にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

疑義解消の場合の想定 つづく

続きを読む

海外移住の富裕層に課税 税逃れ防止、15年7月導入、アマゾンも。

普通の人(日本に在住する人)まで資産課税とかにまで行かないとは思うが、
詳しくはリンク先を・・・
1億円を超える金融資産を持つ富裕層の株式の含み益に所得税などを課税する仕組みを導入する。
原則、出国時に課税する。


その他には、アマゾンなどの海外Webサイト扱いの商取引への消費税課税もあるようです。

課税逃れは良くないけど、金融資産の管理と確認をどのように実現するのだろうか。

銀行口座
証券口座

これらは複数の口座を持っている人も多いと思う。

こんな推計もあるようだし・・・
純金融資産100万ドル以上を持つ富裕層世帯に属する人数が最も多い国はアメリカ(約1100万人)であり、2位に日本(約360万人)、3位にフランス(約230万人)

日本にも結構いるものだ。

日本にいない人が日本の証券会社を使って取引するのはダメだったと思うし、
外国証券会社に移したら分かるのだろうか。

しかし、共産党みたいな感じでイヤだな。

消費税については当然取るべきだし、きっちりやってもらいたい。
海外の友人にカレンダーを送る際にもINVOICEつけるし、普通に個人輸入で関税とればいいようにも思う。

両方とも実現方法を注視したい。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

ダメダメ投信の決済結果は30万円でした

5月頃から約半年間の運用でした。
手数料払うものもあったし、ここのところの下げ相場もあったし・・・

計算すると投資額に対して5.77%、30万円程のリターンでした。
毎月分配ですので税金は評価額との差分だけなので、既に支払済みに近いです。

円現金で寝かしていたなら何もなかったので、リスクを取った価値はゼロではなかったと思うことにします。
評価額の一番高いところとの差額が勉強代です(結構悔しいけど、他で運用してればもっとよかったので)。


G-REIT 好配当グローバルREIT(トリプルストラテジー) 6,133 -15.66% 4.49%
ハイイールド FID USハイイールド 5,439 -1.46% 9.01%
ハイイールド 三井住友・米国ハイ・イールド債券・中国元ファンド 11,416 4.11% 11.78%
ハイイールド ステート・ストリートUSハイ・イールド債券オープン 14,942 5.50% 8.28%
ハイイールド ユーロ・ハイ・イールド債券ファンド(円ヘッジあり) 8,995 -10.70% -4.21%

次の行き先は、まだ決まっていません。
ベトナム株とかに関連するものを仕込みたいんだけど、手数料高いし・・・と二の足を踏んでいます。



投資・投機は自己責任で。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

投信解約申し込みしました

<投資信託商品>
フィデリティ USハイイールド
三井住友・米国ハイ・イールド債券・中国元ファンド
ステート・ストリートUSハイ・イールド債券オープン
DWS ユーロ・ハイ・イールド債券ファンド(毎月分配型)Aコース(円ヘッジあり)

<解約動機>
為替変動リスク : リスク取り負け
デフォルトリスク : ハイイールド債権なので通常債権よりも高い
明らかに為替ヘッジが無い商品にもかかわらず為替変動分の利益も出ていない

この商品に投資するのは愚策であった。 Orz ということで、

ハイイールド債権系投資信託商品は、解約の申し込みをしました。 

NYの株価などを見るとタイミング的にどうなのかというのはありますが、粘ったところでダメという評価が覆るわけではないので、先日の反省開始時点と比較して投下資本に対して5%~7%程度は目減りしてしまったが、判断の遅さが招いた授業料として諦めます。
(実際の解約約定までのラグを入れるともっと傷は深くなるかもしれません、
 プラスで足抜けできたのがせめてもの救いです。売れ筋商品ですから気をつけましょう(笑))

その他には以下の商品も解約申し込みをしました。

<投資信託商品>
好配当グローバルREIT(トリプルストラテジー)

<解約動機>
資本投下時期が同じ頃の他のグローバルREIT系商品が20%超の運用成績であるにも拘らず、10%を切る運用成績であること。
ハイイールド債権系よりも悪い運用成績であること。
為替変動リスク : リスク取り負け

次の行き先がまだ決まりませんが、今週いっぱいをかけて、商品を見つけたいと思います。
中国元は長期的には高くなると思っているので、その為替差益狙いのものと
グローバルREIT系のもの、ベトナム系の株式などが調べる対象候補です。

緩和政策もありますから、ハイイールド債権系には、今後は手を出さないことでしょう。
ソブリン系もイマイチですけど・・・



投資・投機は自己責任で。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ





カテゴリ 商品名 現在単価 基準比% 評価益%
外国株 ドバイ・アブダビ株ファンド 14,821 -5.3% -5.6%
外国株 SBIインド&ベトナム株ファンド 8,624 27.5% 27.1%
日本株 ニッセイ日経225インデックスファンド 18,312 24.9% 24.9%
日本株 SMT JPX400・オープン 10,988 14.2% 14.2%
J-REIT 三菱UFJ Jリートオープン 7,332 16.6% 26.1%
J-REIT 新光J-REITオープン 7,463 17.5% 24.5%
J-REIT ニッセイJリートオープン(毎月分配型) 14,531 11.0% 21.7%
J-REIT MHAM JREIT INDEX 11,925 21.0% 26.6%
G-REIT 好配当グローバルREIT(トリプルストラテジー) 6,459 -11.2% 9.7%
G-REIT 損保ジャパン・グローバルREITファンド 13,150 13.0% 23.3%
G-REIT 新光リートUSゼウス 5,098 13.8% 28.2%
G-REIT ワールド・リート・オープン(毎月決算型) 4,993 11.0% 22.0%
G-REIT eMAXIS 先進国リートインデックス 25,066 23.3% 22.9%
ハイイールド FID USハイイールド 5,552 0.6% 11.3%
ハイイールド 三井住友・米国ハイ・イールド債券・中国元ファンド 11,646 6.2% 13.7%
ハイイールド ステート・ストリートUSハイ・イールド債券オープン 15,160 7.0% 9.9%
ハイイールド ユーロ・ハイ・イールド債券ファンド(円ヘッジあり) 9,046 -10.2% -3.7%
外国債券 国際-エマージング・ソブリン・オープン為替ヘッジ 9,763 -4.9% -0.5%

イスラム国への空爆(8月8日)よりも資産減少率が大きい

資産推移週末比較
赤:円ドルレート 青:資産増減率
推移状況2014-12

先週の円ドルレートが大きく円安に振れたこともあり資産増加は非常に大きかったところに
今週の調整モードが来たために1週間当たりの資産減少率は8月の過激派イスラム国の空爆時点よりも大きい。

1週間での上下動を見ると、マイナス2.6%
資産増減率としてはマイナス3.0%


2週間平均で見ると少し和らぐのだが、来週も下げるようだと10月の下げと同じような感じになってしまう。

実際には下方向に向くベクトルが同じようになるだけで、10月時点まで戻ることは恐らくないと思うが、
ハイイールドやグローバルREIT(好配等・・・)などの資産売り出ししようと思ったところに、
この下げはちょっと痛い&売りそびれた。

以下のような現時点での分析は行ってきたのだが、
これでは頭の中に円ドルレートと過去の推移を入れて感覚で判断するしかなくなっている。
個別の資産の分析をもう少し真面目にやるべきだなと言うのが反省点。

赤字の商品は売却予定で売りそびれたもの・・・
カテゴリ 商品名 現在単価 基準比% 評価益%
外国株 ドバイ・アブダビ株ファンド 14,821 -5.27% -5.56%
外国株 SBIインド&ベトナム株ファンド 8,624 27.52% 27.13%
日本株 ニッセイ日経225インデックスファンド 18,312 24.85% 24.85%
日本株 SMT JPX400・オープン 10,988 14.24% 14.24%
J-REIT 三菱UFJ Jリートオープン 7,332 16.56% 26.12%
J-REIT 新光J-REITオープン 7,463 17.49% 24.52%
J-REIT ニッセイJリートオープン(毎月分配型) 14,531 10.98% 21.67%
J-REIT MHAM JREIT INDEX 11,925 20.99% 26.56%
G-REIT 好配当グローバルREIT(トリプルストラテジー) 6,459 -11.18% 9.71%
G-REIT 損保ジャパン・グローバルREITファンド 13,150 12.96% 23.34%
G-REIT 新光リートUSゼウス 5,098 13.83% 28.23%
G-REIT ワールド・リート・オープン(毎月決算型) 4,993 11.03% 22.01%
G-REIT eMAXIS 先進国リートインデックス 25,066 23.26% 22.89%
ハイイールド FID USハイイールド 5,552 0.59% 11.27%
ハイイールド 三井住友・米国ハイ・イールド債券・中国元ファンド 11,646 6.21% 13.69%
ハイイールド ステート・ストリートUSハイ・イールド債券オープン 15,160 7.04% 9.86%
ハイイールド ユーロ・ハイ・イールド債券ファンド(円ヘッジあり) 9,046 -10.20% -3.67%
外国債券 国際-エマージング・ソブリン・オープン為替ヘッジ 9,763 -4.86% -0.47%

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

さぁ投機対象はどこまで反応するかな

四季報のデータが今日更新されていた。
最大1年保有程度だと思っている6786リアルビジョン
連結子会社増加による連結売上予想8倍~20倍、黒字化、上場時の本業は事業譲渡とかしちゃいそうな感じなのかな。
売上および利益の多くはDSCという会社を連結したことによる。FANCYというのの認知度ができれば、もう少しいけるのか。
ネットショップとSNSが融合したソーシャルコマース FANCY http://fancynavi.com/

DSC(法律の窓口など)似たような業態としては弁護士ドットコム6027 
IPOしたばかりだし反応もいいが・・・

リアルビジョンは、ここのところ上がったり下がったり下がったり下がったり(笑)

さぁどこまで反応するかな。と思ったら、今日の結果はダウン
581円 ⇒ 570円 
買い増しちゃった(笑)

新株予約権いれて総株数9,057,800株 だと思うが、まぁそれでも時価総額52億弱か。
DSC年度別売上推移 39億 → 73億 → 108億(2014/07月期、純利益5億)
K2D年度別売上推移 2.3億 → 2.5億(2013/12月期 純利益50万円)

2016/03
当期純利益予想: 3億程度 (DSCの2014/07純利益 5億円、議決権比率53%保持)
株価: 570円で試算
PER : 17.21
EPS : 33.12

2015/03、2016/03と連続で決算黒字で終われば事業継続疑義も消えるだろうし、
新株発行とかせずに7億程度の連結当期純利益を出してくれれば少なくとも2~3倍には上がるはず!
FANCYが広まれば、更に上がるはず!
弁護士ドットコムの方は2015/03月期予想売上 6.7億円 PER 260.87
時価総額200億円オーバー、ここまでのPER倍率は無いにしても5分の1で2倍くらいにはなる。

ということで投機です(笑)

【業績】 売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株益(円) 1株配(円)
連10. 3 2,112 -328 -346 -309 -75 0
連11. 3 2,505 -331 -518 -414 -101 0
連12. 3 163 -226 -237 -239 -58 0
連13. 3 187 -174 -186 -331 -68 0
連14. 3 476 -159 -175 -181 -35 0
連15. 3予 4,200 300 290 610 88 0
連16. 3予 11,200 1,430 1,430 330 48 0
コメントなど詳しくは会社四季報にて確認ください。

投資は自己責任で。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

電力消費量、電気家計簿だとダメな家庭らしい 12月初編

今月は35%超過でした。

でんき家計簿12月
推移状況2014-12
先月が23%超過でしたが、差は開くばかり。

恐らく原因はエアコンの稼働時間かなと予想していたのと、
(主に奥様が)明け方にエアコンを運転してあげたいなということで

今年から来たネコ用になっている部屋のエアコンを2002年モデルから2015年モデルに入れ替えを実施しました。

これが反映されるのは来月です。運転時間当たりの電気代は半分近くになるのではないだろうか、
これから冬に向けて稼働時間が長くなるのでその分の効果は大きいはずです。

購入したモデルは パナソニック CS-225CXR

自動洗浄とか色々機能が付いている、要らない機能もありそうだったけど
省エネ性能APF7.2であるのと、タイマーがダブル予約ということで
明け方3時から5時半と夕方5時から6時半など2個の運転時間の予約が出来るものです。
スマートフォン連携の追加フィーチャーもあるようで、もっと色々出来ると言うことでしたが、
そこまでは良いかなと、タダでくれると言ってましたけどお断りしました。

どうしても欲しくなったら買うし。 販促は大変でしょうけど、経費は控えめに。

パナソニックは仕事をしていたころに、暴言を吐いてくれたおっさんが居た会社なので、
あんまり好きじゃないけどダブル予約できると言うし、ということで許してやりました(笑)

室外機が大きいことには、ちょっとびっくりでした。

来月の電気代は多分2万円ちょっとくらいなんだけど、50%超過くらいで済むかなぁ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

就職活動と待機期間満了+失業認定

ハロワの3回目でした。そして失業給付の1回目の判定は無事に終了。

自己都合で退職しましたので3ヶ月の待機期間がありました。

その待機期間中に就職活動を真面目に行っていました。
9月から12月初までの3ヶ月の間に、転職サイトの登録やLinked-inの募集チェック。
以前使っていたエージェント会社や個別のエージェントからのメールチェックなど。

私の中では最大速度でがんばりました。

その上で過去の就業実績に近い物を見つけたので、そのサイトへ行って基本情報の入力を行い、
Resume(PDF)を添付して・・・Auto-replyで受領確認。

その最も重要な一文は以下のようなもの。
If a strong match is found between your qualifications and the requirements of a position, someone from The Company will contact you.
(訳:お前の実績確認するけど、連絡しなかったらダメってことで)

現時点で連絡はありません。求職実績には返答待ちと記入しました。きっとこの先も来ないのでしょう。
これで求職活動実績としては認定されました。

楽天やDeNAがいっぱい募集しているのですが、年齢制限にひっかかるので応募してません。

今月も求職活動をがんばろうと思います。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

ちょっとポジション減らすか ハイイールド債権投信の振り返り

ハイイールド債権系の投資信託の評価益と購入時の円ドルレートを比較すると以下のような感じになる。

カテゴリ 商品名 現在単価 基準比% 評価益%
円ドルレート購入時平均 102円程度121.4019%19.02%
ハイイールド FED USハイイールド 5,692 3.13% 14.08%
ハイイールド 三井住友・米国ハイ・イールド債券・中国元ファンド 11,996 9.40% 16.07%
ハイイールド ステート・ストリートUSハイ・イールド債券オープン 15,799 11.55% 14.49%

明らかに為替ヘッジが無い商品にもかかわらず為替変動分の利益も出ていない

分配金に20%の税金がかかっているにしても、商品としての価値は変動なしになる。

為替変動リスク
デフォルトリスク : ハイイールド債権なので通常債権よりも高い

米国系の債権10年物国債が代表的なものとしても2.2%程度の利率はあるわけで、明らかにリスクとリターンのバランスは壊れている。

この商品に投資するのは愚策であった。 Orz

早々にこれらは処分しよう。

その他では、リタイア生活を始めて数百万円分の株を買ってしまった。
配当狙いのものもあるので全てを減らすこともないのだけど、ちょっと膨らましすぎた。

新規分と過去に投資した分で配当利率と企業成長性を考慮して半分くらいに徐々に減らしていこうと思う。
新規で買った会社は以下のようなもの。赤字のものは基本的に暇つぶしで投機しているものである。

(株)みずほフィナンシャルグループ
あおぞら銀行
スーパーツール
イワブチ
バンダイナムコホールディングス
小野測器
オプト
小森
MIXI
OK Wave
SEホールディングス
カイオム・バイオサイエンス
アイナボHD
総医研
ファーマフーズ
ドリコム
北の達人
リアルビジョン


投資・投機は自己責任で。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

こんなに上がっているのに+5%ってダメってことかー

J-REIT 2013年12月~2014年12月まで
REIT指数

日銀の量的緩和でのREIT購入というインパクトがやはり大きいのだろう。
REITは10兆円程度の規模になっている、以前は8.5兆円くらいだったところから急激な増加をしている。
日経平均が凹むとREITも下がるのだけど、ここのところの上昇は日経平均よりも大きいようにも思う。

賃料上昇などもしているとのことだから利回りは徐々に下がっている程度なのだろうが、どこまでが適正なのか悩ましいところではある。

円ドルレート 2013年12月~2014年12月まで
円レート指数

円レートもこんな感じで急激な上昇。今日は119円で推移するなど、これで米国が利上げしたら130円までいくかもしれないと思ってしまう。 MMFに入れてあるドル現金を何時の時点で円にするかを考える必要がある。

米国系資産(為替ヘッジなし)が50%程度あるので、これはこれで大きな課題である。

円が高くなる要素はあるのだろうか、消費税が上がるであろう2017年4月以降の経済状態によっては更に円安に振れる可能性も否めない。日銀の緩和終了して消費税を上げるというのもあるかもしれないし、と悩むときりがない。

運用資産があと40%くらい増えたら年金も運用もいらなくなるから、全部現金化して物価連動債とかに突っ込んじゃうんだけど、ないな。。。

この数カ月の新規投資や外国株式現物処分でドル現金化など、円の現金のままだったら恩恵ゼロだと思うとぞっとする。
会社辞める前の税込年収以上に資産は増えてるし、やはり運用はするべきだと思う。

と正当化できる根拠を下に、今日も博打を続けている。リアルビジョンが幾らまで上がるかなぁ。
この会社は持ち分法適用から連結子会社にして連結収支プラスにするとか上場会社としては怪しいんだよな。

しかし、この1カ月の上昇を見ると+5%程度の資産価値上昇というのはダメってことかもw

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

資産状況11月とポートフォリオ

2014年5月~11月まで
資産推移状況2014-11


前月比では、株、REITそしてドル現金の円評価額などがあがり投資資産は +5.1% 程度でした。 
黒田バズーカ2の威力は大きいです。そこに消費税延期も効いたのでしょう。

原油安は経済にとってプラスに働くのでOPECの強気はシェール系の商社以外には効くことでしょう。
実は非常に強いのはJ-REITです。地価動向も過去最良のようで、この価格帯はキープしそうな予感(投資は自己責任で)。

12月は年末の損失確定を含め、DWSのユーロハイイールド(円ヘッジ)を売ろうと思います。さすがにこれ以上は期待が出来ないと思っています。欧州で更に緩和されるとリスク・リターンのバランスが個人的には許せないレベルになりそうです。

また、相変わらずNISAの枠を使っていません。使うことがあるのだろうか・・・
小型の株でも買っちゃうかなぁ。

日本株の比率が0.6%程あがって、外貨現金が0.3%上がってと非常に増えています。定期預金は1.6%減ってます。
全体としての底上げがあるので、順調に増えているというのが概観です。

2014年11月
資産配分状況2014-11
2014年10月
資産配分状況2014-10


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ


個別株の保有銘柄は幾つか追加してます。基本的に個人資産は、個別株とか積立型とか不動産とか為替差益で蓄財していますので、以下の投信商品はリタイアを決めてから再配分したものです。

投資は自己責任で(他人に称賛・批判されるものでも指図されるものでもありません)

外国株:
US個別株
ドバイ・アブダビ株ファンド(+10%~ リスクとリターンのバランスは良好)
SBIインド&ベトナム株ファンド(+15%~ VNは別途追加予定)

日本株:
ニッセイ日経225インデックスファンド
SMT JPX日経インデックス400・オープン
個別株を追加・入替

Jリート  (高値安定気味)
三菱UFJ Jリートオープン
新光J-REITオープン
ニッセイJリートオープン
MHAM JREIT INDX(このファンドは優秀)

海外REIT:
好配当グローバルREIT(この商品はイマイチな感じ)
損保ジャパン グローバルREITファンド(優秀だとおもう)
新光USリート
ワールド・リート・オープン
eMAXIS 先進国リートインデックス

ハイイールド  為替変動を含めて考えると相当悪い
三井住友・米国ハイ・イールド債券・中国元ファンド (これは中国元の上昇期待なので放置)
ステート・ストリートUSハイ・イールド債券オープン (為替差益を受けるため放置)
DWS ユーロ・ハイ・イールド債券ファンド(-3%~ 激しくダメダメw もう売ります)
フィデリティ USハイイールド(イマイチですが為替差益享受のため放置)

外国債券系:
エマージング・ソブリン・オープン (無風状態)
グローバルボンド


保有商品の状況
カテゴリ 商品名 現在単価 基準比% 評価益%
外国株 ドバイ・アブダビ株ファンド 17,234 10.15% 9.82%
外国株 SBIインド&ベトナム株ファンド 8,756 29.47% 29.08%
日本株 ニッセイ日経225インデックスファンド 18,404 25.48% 25.48%
日本株 SMT JPX400・オープン 11,108 15.49% 15.49%
J-REIT 三菱UFJ Jリートオープン 7,159 13.81% 23.14%
J-REIT 新光J-REITオープン 7,319 15.22% 22.12%
J-REIT ニッセイJリートオープン(毎月分配型) 14,294 9.17% 19.43%
J-REIT MHAM JREIT INDEX 11,688 18.59% 24.05%
G-REIT 好配当グローバルREIT(トリプルストラテジー) 6,737 -7.36% 14.43%
G-REIT 損保ジャパン・グローバルREITファンド 12,987 11.56% 21.81%
G-REIT 新光リートUSゼウス 5,085 13.54% 26.42%
G-REIT ワールド・リート・オープン(毎月決算型) 5,045 12.19% 21.93%
G-REIT eMAXIS 先進国リートインデックス 24,848 22.19% 21.82%
ハイイールド FED USハイイールド 5,665 2.64% 13.54%
ハイイールド 三井住友・米国ハイ・イールド債券・中国元ファンド 11,875 8.30% 14.90%
ハイイールド ステート・ストリートUSハイ・イールド債券オープン 15,824 11.73% 14.67%
ハイイールド ユーロ・ハイ・イールド債券ファンド(円ヘッジあり) 9,062 -10.04% -3.50%
外国債券 国際-エマージング・ソブリン・オープン為替ヘッジ 10,042 -2.14% 1.67%

プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター