インデックスの人はどうやって計算しているのだろう

インデックス投資でアーリリタイアやセミリタイアを検討・実施されている人の必要資産は、配当無しの資産総額で見てるのかな。

ウチの資産は個別株+配当ありの投信+MMF+諸々で構成しているが、そのうちにインデックスも幾つか持っている。
金額としては大したことはない。最近買った先進国株式インデックスを含めても以下のようなもの。
カテゴリ 商品名 購入
外国株 eMAXIS 先進国株式インデックス 1,000,000
日本株 ニッセイ日経225インデックスファンド 1,500,000
日本株 SMT JPX400・オープン 1,700,000
G-REIT eMAXIS 先進国リートインデックス 1,150,000

運用資産に対する配当利率は1.3%を割る水準になっている。理由は以下のようなもの。
  • 商品入替えや無配の特定株への突っ込み
  • 大半の米国株を売り飛ばしたので配当が無くなった
  • MMFの利率は0.1%程度(外国株の2%利率から比較すると激減)
インデックスよりも個別株に入れている方がよっぽど大きい。MMFはもっと大きいがw
しかし、インデックスだって本来個別株を配分して形成されている商品なので配当分の伸びが期待値としてはあると思う。
不確定要素ではあるけど、1%とかはあるのではないか。

ウチの運用資産としてはインデックスは配当期待値はゼロで計算している。

今後の資産目減りと長生きリスクに対応するためにも出来れば1.5%以上且つインフレ率以上の年間リターン(配当利率)を実現したい。
  • 商品構成を変更してもう少し配当利率を上げようと考えるか
  • インデックスを市場平均などで織り込んで何となく反映するか
  • 両方やっちゃうか
  • 今まで通りにするか
そもそも預貯金にしてるとインフレに負けていくという事実と日銀インフレ目標への固執が今後もある程度続く訳で、
どうしようかな。

基本的にアクティブに売買はすると思うが、どう判断・織り込みをするかな。

投資(投機も)は自己責任で。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
スポンサーサイト
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター