年収600万で国民健康保険は40万円也

昨年の年収から計算すると国保にすると多分35万円~40万円くらいなのかな。(外国株の申告譲渡益除く)
しかし任意継続にしているので、60万近くの健康保険料を納めてきた。この健保には個人負担限度額設定があるので任意の間に医者に行きまくる予定、持病の手術でもするかなど。

(保険料を納めないと強制的に国保になるという裏ワザもあるようだが)

来年に向けて、気になるドライバーは外貨建ての商品を源泉徴収されない場合には譲渡所得になる。
為替差益扱いになった場合には、最悪の雑所得になるので確認した。

源泉徴収ありにしたはず?なので雑所得は出ないと思った通りになった。良かった。

得た回答:
個人が外国公社債投資信託を売却した場合、その売却益は為替差損益を含めて非課税となります。ただし、購入及びファンド売却時の決済を外貨預金を通じて行った場合は、外貨預金に関する為替差益に関しては課税の対象となります。

ちなみに雑所得は給与所得控除のようなものが無いので、為替差益が600万あると国民健康保険は65万円くらい。
住民税や所得税も15%+5%ではなく払うことになる
(住民税:所得割の税率は、所得の多い少ないにかかわらず一律10%(市民税6%、県民税4%)です。)

雑所得にならないようなので、今ある外貨預金を日本円にしよう(基礎控除の範囲内の為替差益になる年間33万円以内ずつw)

しかし、外貨預金を通じて売らない外国公社債投資信託って・・・日本円にしてくれるのだろうか・・・

得た回答:
TTBレートでやってくれるとのこと

年金の払い込み手続きもしたし、あとは住民税が多分40万位かなぁ。

元々200万の予算を組んでるので余裕あるけど、140万くらい出ていくな。
その他に株式譲渡益とかで加算される所得税と住民税が数百万か。。。

めんどくさいw

円ドルレートが121円超えたしということで税金分はMMFから日本円にした。口座に移す手続きしないといけないな。

金融所得課税の一体化(2016年から)とか言って、余計なことしないでいいのになぁ。MMF便利だし、レバ掛けずに往復手数料我慢できれば、FXみたいに税金かからないのに。

2015年でこの「為替差益の税金負担が無し」が終わりなのは本当に残念だ。

参考:給与所得控除 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm 

社会保険料控除 https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm

外貨割合が約半分の資産で為替差益非課税で運用していた私はラッキーw
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
スポンサーサイト
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター