銀行勘定の金利リスク(IRRBB)の規制ってどうなるのか(2018からやるのか?)

「銀行勘定の金利リスク(IRRBB: Interest Rate Risk in the Banking Book)」、預金取引や融資取引を行う「銀行勘定」で保有する国債や住宅ローンなどの金利リスクをカバーする資本を新たに積み上げる(資本賦課しろ)と決めるかも?という、大手銀行には打撃があるかもしれないなお話です。 日経は国債などと大くくりにしてしまってますけど、住宅ローンとかも対象です。

日本だと一部の銀行(国際的に活動をする銀行)を対象で地銀とか関係ないため、IRRBB爆弾とか煽ってる会社もあるけどそれは無視していいです。

何が気になるかと言うと、量的緩和による国債買い入れが終わる時(いつだか分りませんけどw)の投資リスクなのかなというのがひとつと、大手銀行で問題になると株価は総じて具合悪くなるので株価全体・各種金融商品価値の下降リスクになるかもしれないという点の2点からウチの資産減っちゃうかもしれないじゃん!ということです。

そう言えば、ここなら何か書いてるかも?と思って、仕事をしていた頃に時々参照していた金融の未来を考えるというブログに行ってみた。金融の規制とかリスク管理関係に縁が無いと専門的なものも多くて難しいかもしれないけど。重要な規制だと英文の長いのを要約してくれて日銀の翻訳よりも早かったり、海外のニュースサイトの記事の考察があったりとか、興味深く勉強させてもらいました。

本題に戻ると、どこにもないw 

まだ決まってないのかな。ニュースにもなってない、G20あたりでバトルしてそうなんだけど。

一部マイナス金利になって、住宅ローンの借り換え合戦や不動産市況(路線価)が上がったとか、色々あるようだし、この辺りの規制が欧州案の方に転ぶと面倒そうです。 キャッシュポジション増やすかなという判断材料になりうる。

『金融システムレポート別冊シリーズ』によれば、今後の世帯数の推計値を用いて、入居戸数を推計してみると、10年後の 2025年頃から減少に転じていくとの結果が得られる(『金融システムレポート別冊シリーズ』ページ3の図表 5)。
個人住宅ローンというよりも資産運用のための貸家関連ローンに関わるものだけど、需給関係を見る上では同じで、これはリスクを読む上では参考になるかな。

どこまで何を想定しておくか、まずは金利リスクの規制動向も注視しよう。

出所:『金融システムレポート別冊シリーズ』
上述のレポートに関する照会先
日本銀行金融機構局金融第2課(post.fsbe2@boj.or.jp)

今日は自己中だけど、ちょっと知的っぽいことを記録してみた。
思いついたリスクは、忘れないようにしないとね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

続きを読む

スポンサーサイト

他人に噛みつくイタイ人が多いな、心が病んでるのかな。

(追記: 最近、ある方のブログにこちらの記事のURLをリンクしましたが、そのコメントよりも以前に書いた記事です。)

最近、周回するブログを増やそうかなと見て回ってるんだけど感じるものがある・・・心が病んでるのかな、と。

心が疲れたからだったり、うつになったり、雇われて働くのがイヤになったり、人付き合いが嫌だからとか、セミリタイア・アーリーリタイアをしたいと思ってブログを書き、ブログ村に登録している人の半数以上がこのカテゴリに属するような気がする。 ブログを読んでるだけの人はもっと比率が高いのかもしれない。

私はプレイングマネージャをしていて疲れた時に何故働いているのかを冷静に考えて、ブログに書く前から辞めるか続けるならどのように続けるかを検討していた。 そして今は無職(アーリーリタイア)という形に落ち着いた。

以前、今まで見てきた「うつ」な人達というのを書いたことがあるが、この中の他者攻撃性の部分に該当するのかもしれない他のブログを書いている人の行動や特徴を罵倒する様なものがあるなぁと、探すモチベーションを下げてくれている。

インデックス投資を否定するのは馬鹿だとか、運用をしないのは馬鹿だとか、40歳や50歳ではアーリーリタイアじゃないと言う人達が居たり、テロの犠牲者を悼むということに過剰反応してブログ主などを罵倒してみたり、もう少し心を育てた方が幸せな時間を過ごせると思う。

少なくとも私の友人たちからすると定年前にリタイアすることがアーリーリタイアです。

私自身、他人に対して毒を吐いていることも多いが、その対象は公人や公的機関、政党、公共公益に資するもの、世間一般を商売相手にしている人(作家・評論家など)、社会に養ってもらっている者、会社として主義主張を行うメディアなどだ。


多くのブログは、個人が個人として感じたことを発信しているモノが多いと思います。
晩御飯何食べたとか、株や為替で儲かった損したとか、ニュースに思うこととか、投資法とか、人生観とか、資産目標への道程とか。

自分と行動や行動指針が異なる人を批判して、自分は正しいと安心したいのでしょうか。

心が病んでるなぁ

資産運用がうまく行かなくて、他人に噛みついてフラストレーションを解消してるつもりになっているのかもしれません。 将来についてシミュレーションをしても想定シナリオが出せずに老後の金銭不安を募らせたり、介護不安など色々なストレスから他人を攻撃したいだけなのかもしれません。自分の考え方が唯一正しいと言いたいのかもしれません。
自分の周囲に受け入れられなくて、そのはけ口として周囲以外に対して自己主張をしたつもりになってるのかもしれません。
結局、更にフラストレーションを貯めてしまうことでしょう。

たまに本当にオカシイ人もいるので、その破滅的な行動・思想は止めた方がいいよと言いたくなるものもありますけど・・・
そう言う人は多分何を言っても分からないですから、人にモノを教えようとしてみたり、自分の選択を自分自身で勝ち取ることが難しい子供とかに迷惑かけないであげて欲しいなと祈るくらいしかできないです。

私はイカレタ人にリアルで接点があれば、論破し罵倒し行動を改めさせます。見ててやるから死ねと言ったこともあります。
延命治療を行わない選択も2回していますから、清廉な人から見れば2人殺した、他人に噛みつくよりも酷いことをしてるじゃないかとも言えるかもしれないけど。

私は、考えない人や無責任な人は嫌いです。馬鹿も嫌いです。礼節を重んじない輩も嫌いです。

考え方や意見に対する否定は個人の意見や個人の考え方ではなく、「独立したひとつの意見」「ひとつの考え方」として個人(Your)からは離してあるひとつ(The)として考え扱うのがよろしいかと。

もう少し心を育てた方が幸せな時間を過ごせると思う。


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

馬鹿の自己満足 ⇒ 世界が驚いたニッポン スゴーイデスネ!! 視察団

驚いているのは、爆笑問題や出演者・制作者であって、海外から視察に来た人達ではない。

日本人スゴイですねと外国人に見せて日本人が喜んでいるのはある意味滑稽である。

日本人が主として食しているものであっても、他の国の消費者の嗜好は異なる。

海外の人が日本の伝統的な製法を知ることや他の製法を知ることは得ることもあるであろう、しかし、欧米でそれをそのまま行うことは無い。

日本から紹介されて海外で発展・変遷して受け入れられているもの(食)は、文化的な分岐と多様性のひとつなのである。

適正な利益の出る価格と品質と市場評価(売上)のバランスが取れるかどうか、売れないものを作っても商売にならないのである。
企業の目的は存続し続けることであって、趣味ではない。

日本のモノのままでは、商売が成り立たないものを日本の伝統的な製法などで作っても売れないのである。
欧米で商売が成立するレベルに売れるものを効率的に作ることは全く別なのである。そして得てして目的に対して非効率である。

上等の品質で手間暇かけて日本人に受け入れられる日本人の喜ぶものを作ったら、海外で受け入れられると考えるのは傲慢である。

日本の伝統的な作り方は優れていると考えるのも傲慢である。それは日本の市場に受け入れられている形のひとつでしかない。

私は職人そのものは尊敬をしている、素晴らしい技術を持っている人達が実際に居ることを否定はしないが、番組を作っている人達のレベルが低すぎる。

そのレベルに低い人達が、海外の人だからと相手を下に見ているから、本質を見誤る。

能力の限界を超えているのか、理解するのも無理なのだろう。

和風総本家をパクリたかったのだろうけど、本質を捉えられていない。 

食べ物は嗜好と文化で成立している、道具は同じ使い方、良く似た目的については優れたものは優れており、国境をまたいで受け入れられる。 

解決方法は簡単なのである。単純に日本を礼賛するのではなく・・・
  • 食材として、商品性のどこが日本のものと違うのか?を明確にする。
  • 製法として、どこか自分達の中に受け入れたら効果がありそうな部分はあるか?を確認する。
  • 伝統的な製法が正しい前提ではなく、お互いに価値を共有できたかを確認する。(日本人には無理だろうけど)
  • 効率を踏まえて受け入れたら価値があるかを検討した結果(帰国して検討した結果)までカバーする。
おバカな人達は、こんな戯言を目にすることもないのだろうが、この無料のコンサルティングに気付けば・・・もっと相手に敬意をもった魅力のある番組を作れるようになることだろう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

3年経って、時間と体力はお金で・・・ 買わなくなりました。

3年前に最初に書いたのが以下のようなものだった。 たまには自分自身も振り返ってみよう

朝6時からの会議、昼間は様々な仕事、夜21時以降の会議、そして満員電車で揺られて生活するほどの根性と体力はありません。その時、諭吉(1万円札)がささやきました。

「時間と体力はお金で買うもの」

ということで、道でタクシーを拾って・・・という生活(会社は出してくれません)をしていました。
お金結構かかるなぁと、車で通う生活へ(こちらも結構かかりますが)

疲れたよパトラッシュ・・・

アーリーリタイアを心に決めた今、飲んでも電車で帰ってこようと少しずつ修正中です。(電車が無い時間というのもあるので)
更なる修正は必要かと思いますので、節約の観点や実践などの情報は以下のセミリタ村のブログを参考にできることを見つけようと思っています。


そしてこの記事から1年数カ月後に退職した今は・・・

タクシーにはすっかり乗らなくなりました。ネコが急病で病院へ往復したりとか、妻と出掛けた際に使う位でしかなくなった。
タクシー業界で年間50万円以上は売上が減ったことでしょう。
駐車場代も減ったかなぁ、妻が使ってるからあんまり変わらないか。

今は時間もあるし、体力は少し落ちたけど至って元気。

飲み屋に行くのも減ったなぁ。 近くのバーには1カ月以上行ってないし、禁酒中だから飲めないし。
築地のお寿司屋さん・・・足が遠のいててゴメンナサイ、今度 妻と行きます。

パトラッシュ、今は元気だよ、まだそっちに行くのは先になりそうです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

収入の12倍いや6倍の資産になったのか

資産総額が最大値を超えて今日を終えた。
月末集計時点でもないし、株が動いたのが大きいので誤差の範囲だけど少し気分は良い。

2014年5月からの資産推移グラフ
資産推移状況引退後20160322

振り返ってみると、リタイア決定時点で、自分の年収の10倍程度がウチの家庭の全資産(資産形成概要)だった。

妻の給与も私と変わらなかったから共働きの夫婦としては、5倍と言ったところか。
妻は今でも働いてますけど。

アーリーリタイアすることを志向して、幾つかのカテゴリに資産を配分し、円安になって外貨建て資産を売却と運用を繰り返し、

現時点ではリタイア前の収入の12倍の資産、妻の給与も含めて夫婦として考えれば、6倍というところ。

2014/05の日経平均が14,632.38で、今日と比較すると16.5%の上昇だし、

現状資産のここ2年の増分である2倍分を増やせたのは私の才覚である、ということにしておく。

勤労を続けている妻の銀行預金はこの2年で総資産比4%程度増えたと言っている、「それは貴方のお小遣いとして取っておきなさい、資産総額には入れていないから」と伝えてある。

銀行がうるさいから私に預けるから運用してとも言われるけど、キャッシュ比率6割あるからタマは十分にあるし・・・

銀行静かにしてやってくれw


実際に私が会社員をしていた頃もお互い給与の1~2割程度の預金残高が増えていたので、妻の消費動向としては大きく変化が無いということでもある。元々浪費家でもないし。

家計は、結婚してからずっとプール制を維持し、リタイア後の私の負担分は資産運用益などを回している。

今年分の私の負担するプール予算と税金はほとんど用意して終わった。

凹んでる株もある、トヨタが円高で思ったよりも弱いけど、また10年も持ってれば十分利益出すだろうから、しばらく塩漬けにしよう。

さてと、来年の予算分をどう稼ぐかのんびり考えて仕込む準備をしよう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

日銀の質的量的金融緩和に関する質疑から振り返る

日銀は質的緩和ということで株式・REITなどの購入を行っている。
(黒田体制では長期金利をさらに押し下げるために、5年や10年の国債も新たに買い入れる。企業や家計がお金を借りやすい環境を作る、資産価格のリスクプレミアムを縮小するのが狙い、と言われています)

昨年11月MONEX証券会社のストラテジストのセミナーセッションにて質問をした。質問意図が伝わらなかったこともあり、以下のレポートがちょうど良かったので、補足しつつ再度質問をした。

設備投資低迷に見るアベノミクスの機能不全というレポートもあったので以下の意見&質問をしました。

「ETF買いの機能不全ではないでしょうか」
  • 日銀ETF買いは、内部留保を吐き出すことを期待したが、近視眼的な自社株買いなどの経済の実効性の遠いところに偏っているためではないですか?
  • 日銀は年間3兆円規模でETFを買い保有増しているが間に入っているファンド運営企業がそれを「株主のチカラ」として企業に対して設備投資増強への圧力として活用していないことが問題であると思います。
  • これらのファンド運営企業に株主として、株式保有している企業に対して内部留保を設備投資に出させる方法はないのでしょうか?


回答:
誤解されているようですが、ETFはコストを抑えた商品であって、ETFを買うことで何かを期待するのは間違っている。
ETFを買うのは株価が下がって困る人はいないという、これまでのこの人の意見にあった程度の効果しか望めないという意味なのだろうと理解した。

個人的にはETFを買うことが質ではなく、あくまでも企業活動をより活発にして欲しい、内部留保などを吐きだしてほしいという黒田日銀総裁の質的緩和の側面としての期待なのではないかと思っていたからだ。

実際に2015年12月と2016年1月などに発表された内容から具体的には、
  • 4月から購入する「設備・人材投資に積極的な企業」を対象にした株価指数連動型上場投資信託(ETF)の基準を決めた。研究開発費を増やしていたり、保育支援を充実させたりしている企業を組み入れたETFなど具体的な条件を示した。


私の想像通りだったと言ってよさそうだ。

今、銘柄を選ぶにしても・・・保育支援なら日本郵船とかくらいしか思いつかないし、研究開発ってことだと浜松フォトニクスとかトヨタとかくらいしか想像がつかないなぁ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

余談:

続きを読む

冷静にどう見ても厳しい現実 2016年予算から考える

2016年一般会計の予算に見る現役世代から搾取して、老人に回す構図

115 医療保険給付諸費 9,868,666,495,000
310 生活保護等対策費 2,987,586,749,000
370 基礎年金拠出金等年金特別会計へ繰入 11,233,633,937,000
390 介護保険制度運営推進費  2,794,064,744,000


歳入は57.604兆円の見込みだそうで、医療福祉・年金で27兆円
 
税金を徴収して、老人に回す・・・税収の半分近くを・・・

消費税を上げれば経済は腰折れしてしまって実効性は望めないだろうが、増税以外の解決方法はあるのだろうか。

老人の医療費負担は、10割に近づけていく必要があるのではないだろうか。

医療費負担も租税負担も少ない人達を守っていくためのコストが大きすぎる。

財政ファイナンス(日銀のQQE・国債買い入れ)が継続することで誤魔化していけそうな期間も数年単位であるだろうが、持続可能性とのバランスは破綻している。 

他にもちょっと見ただけでも、東日本震災復興予算とか言っても2015年だと
115 沖縄教育振興事業費 ¥1,481,357,000 というのも混ざってるから予算が減って当たり前な部分もあるし、ハイエナ酷いなと言うのと、無能な役人って酷いもんだと思う。

私は万人に優しくというような出来た人間ではないので、老人の医療費などは削らないとダメだ!
もう面倒見切れない、税金の約半分は老人のために使われてるんだよ!
と声高に言いたい。

これを見ると企業年金(退職金の年金払い)って、業績に影響してるけど企業は頑張ってる、と思う。

振り返って個人について考えると、年金ってもらうことは難しそうだなと改めて思う。 

リタイアする時に散々考えてきた持続可能性だけど、自分は大丈夫でも社会と世界が壊れそうだな。

介護保険で補助すると介護の労力を省力化できる保護義務のある人の生産性が通常の人よりも向上するとか、まやかしの様なことが起きないとジリ貧だ。

死ぬ権利を考える時期に来ているのではないだろうか。

私は健康寿命が尽きたら土にかえってもいいのではないかと思っている。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

最近読んでいる連載記事

無料で読めるのだけど、結構勉強になることもある現代ビジネスの高橋洋一のコラム。最近、週1回読んでいる。

増税勢力はこうして東日本大震災を「利用」した~あの非情なやり方を忘れてはいけない

現代ビジネス 高橋洋一のコラム
以下一覧





感情的に数字を扱うことへの違和感 保育園待機児童など

世の中の情報に触れるためにNEWSなども定期的に見ているのだが、問題の本質を捉えないで煽っている内容が多いように感じる。最近多いのが待機児童問題・保育士の待遇、震災復興予算が過去5年とこれから5年で減るなど色々ある。

気になったので保育園問題を計算してみた。

待機児童数が増えているということについて、待機児童数を問題として数字で語っているのに違和感を感じるからだ。

実際に困っている人を数えているという考え方もあるだろうが、実際にいきなりゼロとか不可能な訳でどのように充足し、持続可能な形にするかを考える必要があり、そしてアクションを取る必要がある。

問題点は、以下の2点のバランスが収束方向に向かうためにはどのようにするか、そのである。
  1. 保育可能数を増やしている数字はどのように推移しているのか。
  2. 保育したいと考えている人&保育対象数はどのように推移しているのか。
  3. 保育士の勤続年数(解決するためのひとつの要因を明らかにする指標)


このアンバランスが出生率のひとつのInhibitorであるとも考える必要もあるのかもしれないが、論点が発散するのでこの点は割愛

ある意味、アーリーリタイアや生活設計と同じものにも思える。

保育園って場所とか色々問題はあるだろうけど、それを問題にすると更に問題点が不明瞭になるので、ここも割愛

では、待遇改善(21万円平均から31万円平均に上げること)を含めて幾らくらいかかるのかを試算してみよう。

画像が横長なので詳細はクリックしてみてください。


試算根拠としては、平均給与の2.5倍が必要費用として計算して年間4,000億円というところだろうか。 
設備費と管理費と福利厚生などを考えるともう少し必要だと考えた方が良いか、仮に4倍だとすると7500億円になる。

勤続年数を積み上げることで給与水準を徐々に上げていくと考えて、勤続年数の上昇を得ることで保育士不足の解消へのひとつの対策となることだろう。

予算的な均衡を考えると、老人と子供でどっちを優先するのか冷静に考えて、老人医療費負担を上げれば終わりそうなもんだな。

保育士数、待遇は、これでカバー可能。

あとは、保育対象の増加数と設備キャパシティがどのようになるのかである。

保育所定員は234万人 増加数:平成25年4月→平成26年4月: +4万7千人
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000057750.html

平成26年4月の待機児童数21,371人から、21,813人増加した。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000078441.html

どっちも増えていると言うのが事実である。

また2015年の出生数100万8千人で出生数が4000人増えたということだから、4000人増加すると仮定すると不足数は増える可能性がある。
なお、キャパシティ234万人という事実と0~5歳の6年間の子供の数(仮)が610万人程度とすると保育園には3~4割程度のキャパシティがあれば良いとも言えるため、最大予算額4000~7000億円は同率程度として実際には3000~5000億円程度になるのだろう。 そもそも100%稼働率だと、休めないから余剰が無いと実際には無理だからね。

場所の問題を解けば、徐々に解けそうにも思えるな。 待機児童数だけで問題だーと騒ぐ前に問題点を明らかにして、ロードマップを作ってアクションするべきだという話にならないと、いつまで経っても不満を煽った大衆迎合の無能な報道ばかりになるな。

保育所出来ると、車で送ってくる人が路上駐車したりするんだけど路駐は、事故も誘発するから保育所の近くでやるのはお互いさまで止めた方がいいんだけどね。

やっぱり、数字は恣意的に使うものではなく、事実を問題点の解決に向けて使うことが重要で、そう言う冷静な報道が増えて欲しいと思う今日この頃であった。

続きを読む

資産最大時比マイナス0.51%まで来た

2015年5月末の資産額最大時に比較して、マイナス0.51%まで戻ってきた。
税金の引当や日々の生活費(妻は働いているので、生活費プール制をリタイア後も維持している)を支出してるから生活費が掛かっていなかったらプラスになるのかもしれないけど、使ったことも含めて資産総額としてはマイナスだからマイナスだな。

会社としては期待できる日本ライフラインが順調に戻して、年初来高値になったというのなど日本株の一部が伸びているのとJREITが順調なところが要因だろうか。

これは・・・資産最高額更新しそうな予感は、少しだけするけど、持ち株が上げる理由が不明なので、少しだけ。

月末基準でアーリーリタイア決定後の資産推移を記録しているが、現時点だと、こんな感じ。

2014年5月からの資産推移グラフ
資産推移状況引退後201603

FOMCとか変なこと(利上げ)しませんように。 1ドル=115円とかになったら、確実に更新なんだけどなぁ。

1ドル=115円と日経平均が17000円台になれば日本はもう少し平和になるな。

税金とかの支払いがあるので・・・すこし利確

税金支払の準備と任意継続の健康保険のために100万くらい必要なのだが、税金分は既に総資産からはマイナス済みなので、まったく影響は無い。

しかし、利確して改めて確保する行為に意味を見出している。 

今朝の寄りで利益確定売りをして30万ほど確保、年初に利確した分も含めて、これで半分以上確保した。


筋悪の株だからジリ上げの時は少しするとIR出るんだよね、その時に残りの分も確保するつもり。

仕込みからもう1年半近く、持ち分も処分や回転でトータルで200万くらいは儲けてる株だけど・・・サイダーだろ!

動きも理解出来てるので、冷静にあと400万くらい儲けさせてもらいます。
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター