日銀の追加緩和を考える

「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」とはどのようなものですか?というQ&Aにある以下の内容を考えてみる

(3)「質」:資産買入れ方針
1)様々な期間に応じた金利の全般的な低下を促す観点から、長期国債の保有残高が年間約80兆円に相当するペースで増加するよう買入れを行っています。

2)資産価格のプレミアムに働きかける観点から、ETF(指数連動型上場投資信託受益権)およびJ-REIT(不動産投資法人投資口)の保有残高が、それぞれ年間約3兆円、年間約900億円に相当するペースで増加するよう買入れを行っています。

3)CP等、社債等について、それぞれ約2.2兆円、約3.2兆円の残高を維持します

ちなみに・・・
ECBの発表した追加緩和のひとつである社債購入プログラムは投資適格の社債が対象であり、どのような社債を買うかに注目が集まっていたのだが、この影響が投機的等級にまで波及した。社債の利回りも目論見通り縮小している(金融の未来を考えるブログより引用)という点を鑑みても、

今回ブルームバーグが報じた日銀:金融機関への貸し出しにもマイナス金利を検討という内容の一部とも捕えられそうな気がする(気がするという表現なのは、質的緩和の変化球として捕えられるのではないかという個人的理解のため)

現状維持からCPや社債の直接買い入れ額を増やすと日銀と企業の直接の資金のやり取りとなるが、銀行が間に入ることでCPや社債だけではなく様々な貸出にインセンティブが働く(審査がゆるくなる訳ではないが)と期待されるし、金利自体も下がり資金の活用も活発になってくれることも期待されているのだろう。

もしも、銀行だけが利益を抜くなら当座預金金利をマイナスにすれば帳消しで、お仕置きですけど。

ECBのように社債買い入れの現状維持から拡大へ変更するだけという可能性や何もしないという可能性もあるが、2%を声高にする限りにおいて、いずれにしてもお金がより多く動く仕組みは必要だろう。

震災復興関連の貸し出しに関する色付けができるのかわからないが、せめてそこだけでもやる意味はあるだろう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
スポンサーサイト

運用状況の評価基準は、純投資額比? 最低評価額比? 最高評価額比?

以下のニュースを見て思ったことは、日本人は過去最高から下がると悪であるように、既得権益が害されたと非難する、相変わらず酷い。
長期国債利率が低いのに、損失可能性の低いローリスク・ローリターンの運用で企業年金の運用をプラスにしろというのは無理がある。これは、国民年金にも言えること。個人的に為替変動を考えずに外国株に投資するのには否定的だが。

NHK NEWS : 格付投資情報センター」が、国内およそ110社の企業年金を調査したもので、昨年度の運用利回りは平均でマイナス1.07%と、5年ぶりにマイナスとなりました。
  • 2009年の株価暴落時、日経平均株価が7,568円でDOWが$7,063、円ドルレート 89.4でした、その時の資産総額は幾らだったのか?
  • 積み立てられている純投資額は幾らなのか?
  • 支給額と純投資・運用額での資産枯渇のバランスはどうなっているのか?
  • 現在は上記に対してどのような状況にあるのか? 持続可能性の現実的なところは?
上記のような点には触れられず、問題と言うか議論の対象に関する議論の本質が見えてこないニュースだ。
データの垂れ流しでインテリジェンスの欠片も感じられない。

運用することを前提に純投資額よりも大きな払い出しを行うのだから、低金利&低成長の時代では、すごい仕組みというか夢物語といえるかもしれない。企業年金という観点では半永久的な持続力が求められるため、既に多くの企業でDC(確定拠出)を導入(移行)しているが、引退と50歳近辺の世代はDB/CB(確定給付)が含まれるであろうからしばらく重しになる。
住友林の16年3月期、純利益46%減の175億円 長期金利の低下などに伴って、年金関連の費用を115億円多く計上する。


いずれにしても期待リターンが低い状態では企業からの拠出(国民年金の場合には国民負担増&税金)が必要になるわけで、資産増と持続性を実現するためには、それを補完する可能性のある運用をするのは必要なことである。運用して失敗して企業からの拠出が増える可能性もあるが、どちらにしても負担するならばある程度の振れ幅が内在する運用をするというのは自然な方向である。


ところで

運用状況の評価基準は、
純投資額比で見るのか?
最低評価額比なのか?
それとも最高評価額比なのか?


自分としては、リタイア時資産額比を見ながら評価し、最低評価額と比較しながら安心をするという感じである。

商品カテゴリ(日本株、外国株、適格外国債券、ジャンク債、国内外REIT、現金など)で純投資額に対して個別に評価しながら、撤収売却、追加を検討して、総資産評価額の上昇を目論む。

個別の評価には各種指数が参考になるので、例えば先進国株だとDAX.CAC.FTSE.DOW.SP500あたりと為替を併せて比較してます。

運用は結果がすべてではあるが・・・

基本的運用目標において、推移を含めて見ていき、Risk Appetiteは総資産額の目標額に近付いている度合いに合わせて、ローリスクローリターンに落としていく。

総資産額の目標額(=必要見込み額)を超えたら、趣味の範囲(=Risk Appetiteは趣味の範囲を逸脱しない額)で運用する。

これって、出口戦略と同じなのか・・・

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ


熊本の地震災害にあたり被災者の方々と所縁の方々にお見舞い申し上げます。
興味本位な報道が無駄に多いと感じますので、ご迷惑をおかけしていないことを祈るばかりです。倒壊家屋の救助に関するヘリによる映像など不要だと思いますし、騒音や風などで作業に悪影響を起こしているのではないかと危惧します。

一口馬主もリタイアするかな

一口馬主を20年近くやってるけど、アーリーリタイアもしたし、実際に投資するのは終わりにしようかな。
準オープンや3歳オープンなど楽しませてくれる馬たちを持てたのは楽しかったな。

ヴィンテージイヤー 通算成績 38戦3勝 [3-5-4-26] 総賞金  \70,148,000円

引退することになったけど、良く頑張ってくれました。お疲れ様でした。

2012年2月25日(土) 1回阪神1日 11R 第21回 アーリントンカップ(GIII) 5着
ジャスタウェイに思いきり差し切られたけど、夢を見たなぁ。 JRAのサイトでレース映像を見返してしまった。

着順馬番馬名性齢負担
重量
騎手タイム着差推定
上り
馬体重調教師単勝
人気
1813ジャスタウェイ牡356.0福永祐一1:36.3 34.2482-10須貝尚介2
222オリービン牡356.0C.デムーロ1:36.41/235.0464-8橋口弘次郎3
333アルキメデス牡356.0川田将雅1:36.61 1/435.0464-8藤原英昭6
468ローレルブレット牡356.0池添謙一1:36.6クビ35.2442-4鶴留明雄4
5710ヴィンテージイヤー牡356.0和田竜二1:36.6アタマ35.55080白井寿昭11
Copyright © Japan Racing Association All rights reserved.

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

昔はストックオプション、今はRSUが主流

同期入社の友人達と久しぶりに会った、数カ月ぶり~10数年ぶりまで。

盛り上がっていたのは、ゴルフの話題と子供の話題だった。その他の話題は、ずっと勤めてる連中に最近の会社はどうなの?とか転職した奴らにはお前の会社どうなの?みたいな話や、お客さんの会社に行った奴は、「納期守ってもらわないと困るんだよね、xx君」とかやってればいいから楽だとか、他愛のない話で盛り上がる。

子供が大学入ったとか、最近産まれたとか、二人目の奥さんとの子供がもう少しで幼稚園だとか、パートナーは居るけど結婚はいいやとか。

「何もしてないのかよ、うらやましい」とも言われたけど、普通に生活する分には金に困らないからなぁという話で終わり。

何故なら皆それなりの地位で、金も持ってる。無職は少なかったというか専業主婦以外には一人だったか。

所得税率40%で払うのが馬鹿らしいと言ってるのも居るし、転職先の会社の株をRSU(現物株支給)で貰ってるからしばらくはその会社に居ると思うとも言っていた。

SOとかRSUって給与所得扱いになるから税金大変だよなーという話から、不動産買って賃貸業者に扱わせて減価償却で税金減らしてるとか言ってたな。 確かに転売する時に元値近くで売れれば実質プラスにはなるだろうな。

昔はストックオプションだったけど、最近はRSUが主流になってきたようだ。 

今年のうちにまた集まろうということで、解散。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

市川の貧乏人どもめ・・・ 砕け散れ

保育所の新設運営反対とか情けないニュースの槍玉にあがってんじゃねえ!!

心と懐の貧乏人どもめ。 ウチより税金納めてから文句言え!

子供は居ないけど、居住環境として許せん!!! 5年弱しか住んでないけど、ダメだなこりゃ。

保育園くらい認めてやれ 
ずっと家に居るのかよ? そんな奴らはウチより税金納めてないのがほとんどだろ。

もう一度言っておく、心と懐の貧乏人どもめ。 ウチより税金納めてから文句言え!

弱者救済なんてことは言うつもりは無いし、狼は生きろ豚は死ねと思っているが、早々に引っ越しちゃうぞ! 

資産推移状況引退後20160322

リタイア後の税金関連支出に関する振り返り

基本的には、健康保険を現役時の3倍の額で見ておけば、退職した年及び翌年は同じような金額が掛かると言うことで良いと思います。

その他で変わることとしては、リタイア翌年以降の所得を発生させないための行動が必要かどうかで変わります。

特定口座で源泉徴収できないものは無いか?
外国株式、持ち株会、外貨建ての商品、外国債券(割引債)、外貨預金、一般口座にある株式、相続などで取得した株式などなど

ある場合には退職した年に処分しておくことが肝要です。

一過性の収入や給与所得が少なければ、もっと少ないでしょう。

初年度 125万円 (12月31日までに支払うもの)
住民税:  75万円 (前年所得によって決まり、辞める時点が6月末に近いほど残額は大きい、退職金関連は天引きされる)
所得税:     0万円 (確定申告すると還付の可能性はあるが翌年になる、退職金関連は天引きされる)
健康保険税:  40万円 (任意継続で個人負担分+会社負担分を支払うため、会社員時代の月額よりも増えます)
年金保険料: 10万円
     
2年度 480万円(普通は140万くらい?) (退職した年の翌年。前年に特定口座の源泉徴収範囲外の処分益を含むため)
住民税:  130万円 (前年所得によって決まり、辞める時点が12月末に近いほど大きい。前年に処分した源泉徴収外の影響を受ける。80万円は源泉徴収範囲外のもの。)
所得税:  240万円 (確定申告が必要、延滞時は14.6%の加算がされる。前年に処分した源泉徴収外の影響が全てです。普通は還付でしょう)
健康保険税:  60万円 (任意継続で個人負担分+会社負担分を支払うため、会社員時代の月額よりも増えます。雇用保険の支払額によっては健保上扶養になれない。被扶養者の場合には、控除対象となりますので申請をお忘れなく。)
固定資産税:  15万円 (路線価によって変わります、収入の有無に関わりません)
年金保険料:  38万円 (2年前納。被扶養者の場合には、控除対象となりますので申請をお忘れなく。3号になることができるケースもあります。)
     
3年度 35万円 (退職した年の翌々年。妻の扶養家族になっていますので住民税や健康保険等は単身者とは異なります。)
住民税: 0万円 (所得が無ければゼロになる、扶養家族などにもなれる)
所得税:  0万円 (所得が無ければゼロになる、扶養家族などにもなれる)
健康保険税:  20万円 (任意継続で個人負担分+会社負担分を支払う。任意継続が終了したのちに遅滞なく健保上扶養になれる予定。被扶養者の場合には、控除対象となりますので申請をお忘れなく。)
固定資産税:  15万円 (路線価によって変わります、収入の有無に関わりません)
年金保険料:  0万円 (2年前納のためゼロ。支払があり被扶養者の場合には、控除対象となりますので申請をお忘れなく。3号になることが出来るケースもあります。)


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

続きを読む

民進党の阿呆にどれだけの日本人が乗せられるのか

提供されたTPP交渉の黒塗りされた交渉過程資料について、

「交渉過程に関し政府が開示した黒塗りの資料では十分な審議ができない」

「まさに隠ぺい」とか、それらしいことを言っている人も居るようだが・・・

馬鹿なの?
どれだけの無知な日本人が乗せられるのだろうか。

交渉過程でどんな譲歩の仕方をお互いしたのかなんてことを確認出来たとしても、それはオカシイとか難癖つけても、時間の無駄でしかない。知ったら、譲歩した部分とか難癖付けるネタにしたいだけでしょうし。

ホント時間を無駄にしてる、合意された内容でどうするのかを議論する時間を浪費することでしょう。

合意内容がどうしても気に入らなければ、投票権を持つ国会議員を説得して、議会承認を否決すればいい。
どんなカードを持って相手に有利な条件を与えて翻意させることが出来るのか、出来ないなら、出来なかったという結果になる。

まぁ選挙で負けた少数意見の政党に、ひっくり返すとかイジルとかも無理でしょうけどね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

深川から木場公園に散歩

固定資産税を納めるのに出掛けるついでに足を延ばして、気分転換と運動不足の解消で散歩。

木場公園では桜の木の下で子供と遊ぶ家族連れがいたり、深川あたりでは川沿いの桜を撮る人達が居たりと、天気も良かったのもあってのんびりしている様子。



資産状況2016年3月

資産総額が最大値を超えて3月末を終えた。 市況も昨年5月よりは厳しい状況でもあるし、喜ばしい状況です。
ただ米国経済指標などで大きく振れる可能性もあるので、これはあくまでも一時的なもの。

2014年5月からの資産推移グラフ
資産推移状況引退後20160331

今このくらいになったよと妻と話をしたら、「あと5年もすれば2億円超える?」と聞かれたけど、「いやぁ、それは難しいと思うよ」と答えた。気楽に聞いてきてるけど、たぶん彼女も増えれば良い程度でそんなことは期待していないだろう。 

私は、毎月積立して複利7.2%の20年運用とか言うスゴイ運用成績を試算しちゃうようなスゴイ人達とは違うしw

何度も触れているが、家計は結婚してからずっとプール制を維持し、リタイア後の私の負担分は資産運用益などを回している。毎月幾ら積み立てるというのも大切かもしれないが、幾らで生活すると言う方が重要だと思っている。

投資や貯蓄に幾ら回すというのを目標にするのではなく、生活を幾らでするかが重要で、その結果として運用や貯蓄があり、生活設計と実践が出来るのではないだろうか。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

続きを読む

プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター