デバイスとしてGlassと指輪が普及する可能性はあるのかも

ポケモンGOってGoogle Glass見たいな見えるデバイスとコントローラとして指輪か指サックみたいなものと併せてとかになるのかなぁ。 電池は食いそうだけど、ウェアラブルの普及には布石になるような気もする。 まぁ、前提になるとハードル上がっちゃうわけだし、車運転されたりすると死人も出そうだけど・・・ ランニングで耐えられる眼鏡はなさそうだけど。 どんな変化の起点になるのかは楽しみな取り組みではある。 そういう意味でまずは、安全に楽しんでほしいかなぁ。 
にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
なんか適当に書いてたら、ミスしたらしい・・・表示が壊れてた(汗)
スポンサーサイト

この日経のセミナーは管理職なり立てにいいかもねー

管理職で過去に登録していたのが、最近頻繁に来るようになった日経のセミナー広告メール
項目を見ると不幸な管理職には役に立つかもしれないけど、本当なら管理職になり立ての人達におススメかなぁw

青字で茶々を入れてみましたw


困った社員から会社を守る7つの具体的事例と対策
わが国で長く醸成されてきた解雇権濫用法理、労働時間法制、労働条件の不利益変更法理という岩盤規制と、職場を混乱させる社員(勤怠不良・能力不足・メンタル不調など)の狭間におかれた経営者、人事マン、マネジャーたちは、その対応に奔走し疲弊しています。

そうだねーと思いますw

そもそも労働契約というものは労務の提供を受けて賃金を支払う有償双務契約であるはずです。ところが、労働者としての労務提供義務を十分に果たし得ていないにも関わらず権利主張、自己正当性を強める社員が増加し、労働者に誤った認識を与えているようなこともあるでしょう。

うんうん

本セミナーでは、こうした「困った社員」にどう対処し、適正な職場に導いていけるのか?について、豊富な資料とともに経営者、人事マン、マネジャーの視点でお話をさせていただきます。

該当する人たちと弱者救済!とか言っちゃう人達からはブラック企業を推進してる!とか言われちゃいますよw 大多数の人はうなずくだけで「ふざけるな!」とかコメントしませんw

【 プ ロ グ ラ ム 】

0.最近の労働環境

1.問題行動をとる社員との向き合い方

かなり経験したぜw

2.【対策1】協調性がなく自分勝手に職場を混乱させる社員への対策

そんなやつも居たぜw

3.【対策2】著しい能力不足で手におえない社員への対策

日本の法令って素晴らしくて、こっちが大変だったぜw

4.【対策3】セクハラやパワハラを繰り返す社員への対策

セクハラとかストーカーとかする奴らはマジで辞めてほしいぜw

パワハラかぁ、身に覚えのない内容で「お前の行動は許さない!」とか事業部長からメールもらったことはあるぜw その時の上司が飛んできて、事業部長がバカで勘違いしてるだけだから無視して無視して、となだめられたことがあるぜw 

5.【対策4】メンタル不調で欠勤や業務効率の低下が続く社員への対策

そんな部下たくさんいたぜ!

6.【対策5】転勤や出向などの配置転換を拒否する社員への対策

家族の近くに帰りたいというから異動手配しても通勤に(2時間弱)かかるから嫌だと拒否されたぜw 

7.【対策6】残業代目当てにダラダラと残業を続ける社員への対策

残業は事前申請と業務指示以外させないようにしたけど、管理が面倒だったぜw

8.【対策7】最近増加している新手の問題行動への対策
(1)上司からの指導に対してパワハラを主張する社員への対策
(2)匿名でインターネットに誹謗中傷を行う社員への対策

2ちゃんとかに書き込みされてたかもしれないなw

(3)勤務時間中にFacebookへ投稿する社員への対策
(4)発達障害が疑われる社員への対策



詳細とお申し込みはこちらから

http://business.nikkeibp.co.jp/nbs/nbsemi/160830/



大多数の人は遭遇しないだろうけど、この手の人に遭遇するとちょっと疲れますw
管理職なり立ての方々にはお勧めしますw



にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

DAXを買う検討をしてきたが、被扶養者にとって効果的な方法がないことが概ね確定


何故DAXなのか?

ドイツ株価指数であるDAXは、9000~12000をBOX推移しています。 VWやドイチェ銀行などの問題が終息すると、ドイツ最強になる可能性が高いと読んでいます。


外国株式INDEXへの投資をしての感想

2015年1月に外国株式INDEXの投信を買いましたけど、4月にDAXが30%上げてもDOWは3%程度で為替も乗って結局7%の上昇という程度でした。MSCI Kokusaiなどは50%程度が米国株式ですから、アメリカが元気な時はいいですが、他の国が元気でもあまり上昇しないんです。DAXが安いしと思ってそこにも投資している商品を選んだだけなのですけど、事実は30%のDAXの上昇は色々平たくすると7%に丸まってしまうということです。そもそも4%くらいしかMSCI KokusaiにはDAX関連を含んでないのです。そして7%なんて為替と大差ありません。




クリック365でDAXやDOWなどを買えるようになった、さてその中身は?

商品としては先物だったのです。まぁFXとか先物やってる会社だから当然なのでしょう。

為替ヘッジされた商品で概ね実際の指数通りの数字で売買ができます。これが投資信託だったら言うことなしの商品でした。

為替変動を考慮せずに指数の変動のみに投資できるという点ではそれなりに良い商品性だと思います。税制上は特定口座の対象外となりますので、その辺りの課税関係で不都合のない人にとっては有用です。サラリーマン向けとでもいえるのかもしれません。

米国DOW ドイツDAX 英国FTSEが2016年7月現在の取り扱いのようです。

しかし、サラリーマンなど主たる収入から源泉徴収される形以外では、先物は得策ではありません。

理由は、先物は特定口座ではないことです。


税金面での考慮点

個人事業主や自営業者、アーリーリタイアの場合には、特定口座という賜りものが非常に重要です。申告分離課税の利益を特定口座で行う場合と比較して、実際には前述のカテゴリに属する人たちは確定申告などを行う必要があるので、手続き上の工数としての軽減はほとんどありませんが、実態としての課税関係では異なってきます。

特定口座の場合には、医療関連の課税関係が異なってきます。
20.315%の税金には所得税と住民税があり、住民税を納めているという点では地域サービスを無料で利用している訳ではありませんが、医療関係については軽減・減免などの適用対象もしくは負担額の所得割部分に影響があります。
ざっくり20%の所得住民税に加えて10%の国民健康保険関係の負担増となります。そして扶養などの関係もなくなります。
扶養でなくなると各種均等割や世帯割などの負担だけでなく配偶者の扶養控除もなくなり、100万程度の利益なら魅力がありません。医療費控除などを考慮しても世帯合算ができません。

なお、配偶者が会社員で所得があり社保に入っている場合でも、健康保険の所得割に影響する世帯の合計所得は正しくは「同一世帯内で国民健康保険に加入している人の所得合計」なので、配偶者の所得は合計所得への算入は不要です。

今のところは良い商品は無いと言うのが、私の立場からの観点でした。
法は濫用すべきではないとも思ってますが、20%負担してる&健保の任意継続で現役時以上の個人負担額を払っている身としては応分の負担はしてるということにしておきます。



将来リスクなど
まぁ、そのうちマイナンバーで捕捉されて課税関係も変わってくるのでしょう。
特定口座を廃止した場合の試算などは見たことはありませんが、先物などで実現されているものと同じ課税関係にするだけですと言われて文句を言うのは証券会社などでしょうか。個人的には文句言いたくなるような気もしますがw

配偶者のお小遣い稼ぎとか含めて夫婦ともにリタイアしてなかったら、特定口座以外で利益を出すのは危険極まりないという前提を覚えておくとことにします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

退職から2年経とうとしているので、カテゴリを見直し

実際にアーリーリタイアメントをして2年も経つと、リタイア前に考えていたことなどは懐かしいが、体系として整っていないと感じられる。備忘録的すぎるので、冒頭に置いた早期リタイアのためのインデックスと同様にまとめなおすことにしました。 3年も雑多なことを書いたので大分散らかってる。。。。(汗)

資産形成の考察
自己資金
リタイアにいくら必要なのか

資産形成
資金をどのように確保・形成するのか

生活費等の考察
基礎生活費
資金を消化していくスピードの元となる情報

扶養
保護義務や扶養義務など自分だけではないことがある

親の健康状態および親の資産
保護義務や扶養義務など自分だけではないことがある

想定インフレ率
資金の消化をしていくスピードの変数となる情報

税金・保険の考察
非消費支出(税金・健康保険)
資金を消化していくスピードの元となる情報(現役時点では考えていない項目)

想定税率
資金の消化をしていくスピードの変数となる情報

年金を貰うことが出来るか
想定余命
資金を消化していく期間の元となる情報

年金の受給開始予想と受給金額の想定
資金の消化を軽減する可能性のある情報

投資運用 資産推移 
リタイア後の運用目標
資金の消化を将来に渡って想定した場合の不安材料の排除

リタイア準備
自己および配偶者の健康状態
資金を消化していくスピードの元となる情報
いつ辞めるかの変動要素

配偶者や血縁者等との関係
一人で生きている訳ではないので、世の中のしがらみ

相続
配偶者が受け取る可能性だけではなく、受け継ぐ可能性の双方がある

ペットを飼うこと
ペットは家族であって、刑法上の器物ではありません

住居の考察
2020年代前半までの住居
衣食住の住はどこまで行っても必要なモノ


備忘録
有色生活
雑記
ダークサイド

7月28日、29日の日銀政策決定会合などを考慮して

7月28日(木)・29日(金)に日銀政策決定会合が実施される。
個別株は8月10日前後の決算持ち越しをする予定だが、そろそろ一度、リスク資産を減らすかなぁ。
それまでにREITが1900になってくれるといいんだけど。

噂になっているヘリコプターマネー
本来の意味は、「中央銀行による国債の引き受けや政府紙幣の発行など(Manetization)」のはずですが、何か世の中の記事では変質してるような気もします。
  • 政府・日銀は、市場の関心が高まっているヘリコプターマネーの導入について、検討していないと明確に否定している。永久国債の発行や日銀の国債直接引き受けなど極端な政策に踏み出せば、かえって日本経済が混乱しかねないとみているためだ。ただ、市場の一部では、積極財政と金融緩和の組み合わせを長期間実施する「広義」のヘリマネはあり得るとの声もあり、政府・日銀の対応に注目が集まっている。

国債買い入れを停止していないので見えませんが、既にやってますよね。買い入れの平均年限が伸ばされたりしてます。

QQEを止めた際に償還が来ても買い続ける!と発表するとは思えません。


長期債の保有比率や買い入れ年限の変更だけを発表するのも恣意的すぎますから、投票で採択されるとも思えません。

短期プライムレートは以前から変わっていない。Monetizationをしても変わっていないし、マイナス金利でも変わっていない。何らかの策によって短期プライムレートが下がれば短期借入金のある企業の金利負担は減るのだろうが、資金需要が増える?ということと同義とは思えない。

そもそも何で緩和が先になるのか?10兆円規模のリニアなどへの投資という内容が8月上旬に出てくるという話になっている。その内容を踏まえて対応するべきだと思う。

個人的にはリニアじゃなくて、持続型のインフラ投資をしてほしい。水素とか水素とか水素とか、蓄電技術とか大規模な発電設備作っちゃうのも良いんですけど。。。
(千代田化工建設(PER37.76倍)、川崎重工(PER9.69倍)、岩谷産業(PER11.61倍)あたりの株価も落ちてきたし、港湾設備・輸送蓄積設備と蓄電、送配電技術とかも必要になるから、後はどこかな)天然ガス比で20%CO2削減なんていう中途半端なレベルじゃなくて、小型連結方式でもなんでもいいから規模を作り出してほしい。耐用年数が長ければ捨てるものにもならないし。ランニングコストは規模のメリットで下げることもできるだろう。

まぁ、日銀政策決定会合の後は、前回のようにまた売られるのだろう。


BOEの緩和期待があったという報道もあったが、個人的には今カードを切るタイミングではないと思う。
なんとなくBrexitの投票前まで戻っていることなど、ユーロ安・ポンド安などはあるが、ポンド安なので緩和する必要もない。ポンド安はイギリスのポンド建て対外貿易収支を良くする効果があるし、EU圏内もユーロ安で対外貿易についてはプラスでしかない。
ユーロ圏外などからの購入については負担になるのだから、その手の産業についての注意は必要だろう。しかし概ねプラスだろう。

またスコットランド独立の話とかまた出てくるだろうし、ユーロ圏とのEPAやFTAの交渉などがすんなりイギリスに有利に決まるとも思えないし、まだまだ続く不安材料だと考えている。会話が進むと振り回されるということなのだろう。

7月末だとイタリアの銀行の件とか分かってると言っても影響を受けると思うし、とりあえず、手元のリスク資産減少はしておこうかな。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

NTTから回線を買ってさらに卸売をする業者対策

簡単にまとめると、以下のような感じです。

回線事業者:A

Aの代理店:A1
Aの代理店:A2

A1に断りを入れる。(これは必須です)

A1から勧誘が来る 
⇒ アウト! A1社は特定商品取引法(訪問販売法)違反です。 
A社は電気通信事業法違反になります。
消費者庁と総務省へ通報しましょう。
A2から勧誘が来る 
⇒ アウト! A社は電気通信事業法違反となります。 総務省へ通報しましょう。




改正電気通信事業法が施行されましたが、NTTは先に手を打ってきました。代理店ではなく回線を他社に売るという方法です、そして株式会社アイエフネットという会社の代理店からの勧誘電話がありました。
電話番号は無作為だと言ってましたが、本当かどうかは真偽不明ですが、信用に足るものでもありません。

この他者に回線を売るというのが、今年施行された法改正の抜け道のひとつです。 どこの代理店なのかを確認しましょう。

アイエフネットなどのNTTから回線を買っている会社からの代理店(どこでも)から断っても再度勧誘電話が来たら以下の内容をそのまま適用可能です。




(NTTコミュニケーションズの代理店からの勧誘電話の対処方法について【別まとめ記事】)
総務省によると、2016年5月21日に電気通信事業法が改正・施行され、代理店経由の販売であっても事業者(NTTコミュニケーションズなどの回線販売事業者)がこの電話勧誘販売を繰り返す親玉として続けることは許されない。ただし罰則規定はなし。





抜け道対策(地道ですが)の基本は、断るという点で変わりません。

対策する上での面倒な点: 数が増えた可能性が高い。 
一般のISP業者・回線卸売業者が電気通信事業法の対象事業者となるため、「NTTコミュニケーションズ」だけではなくなった。


対策:

どこからの勧誘電話なのかを確認しましょう。
明確に断りましょう。

  • 代理店となる会社は、特定訪問販売法の制約を受けます。繰り返しの勧誘はしてはいけないです。
  • 代理店を経由して売ろうとしている業者には、電気通信事業法の制約を受け、異なる代理店からでも勧誘はしてはいけません。

代理店の繰り返しの勧誘には、
消費者相談センターへの特定商取引法違反として 188番に電話しましょう。

事業者の通報は、総務省へ
繰り返し異なる代理店からであっても同じ業者の代理店から勧誘が来る場合には、総務省へ通報する(03-5253-5900)。
電気通信サービスのトラブル等についてのメール等でのご相談はこちらへ。 


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

百貨店の売上高の約97%を占める国内購買客らしいが

百貨店売上高に見る、売り上げ構成の変化と消費動向などが6月20日に発表されていた。


5月の売上総額は5.1%減と3か月連続のマイナスに終わった。

傾向として
①10都市計(-4.4%)、10都市以外の地区計(-6.5%)がともに前年を下回り、全18地区で前年に届かなかったこと、

全体的に低調な売上である概況が見える
②これまで売上を牽引してきた大規模店も含め、店舗規模別でも全体的なマイナス基調にあること、

大型の百貨店に求めるのは丁寧な対応なのだが、主に中国を主とした購入客に対応するために接客レベルや商品構成がひよってしまったことなどがあると言われている。銀座の靴屋は以前は静かに買い物ができたが昨年などは中国人で溢れて店員も中国語のできる中国人が増えていたので早々に買うものだけ買って立ち去った(5万くらいは使ったのだが、普段ならもう少し店内を見るということもしたが、見て回る気が起こらなかった)。

③訪日外国人動向では、購買客数が12.7%増(約23万人)と40か月連続で前年を確保したが、購買品目の変化(一般物品→消耗品)を受けた購買単価の下落から、売上高が16.6%減(約134億円)で2か月連続前年割れしたこと、

外国人の購入単価の低下
中国の個人の持ち込み品に対する関税税率変更が要因と言われている。転売の利益率が下がったのだろう。


売上高の約97%を占める国内購買客の動きについても、株価低迷などの消費マインド低下を要因に、中間層をはじめ富裕層の取り込みについて苦しんだことなどを背景に、非常に厳しい商況に終わった

百貨店での買い物については顧客がそこで買いものをしに来ることを楽しむということがあることを忘れてしまったのだと思う。
そもそも会計にすごく時間がかかるのだw その間に他の店員と会話したり、ほかの商品を見たりする時間になる。

その会話でデビットカードでもお支払いいただける様になりましたのでご利用くださいと言われて、次回使うかなと言って支払おうとしたら上限があることを店員さんともども学んだりもしたw

ごちゃごちゃした人混みに行きたい訳ではないのだ。地下のスイーツや生鮮品売り場ならいざ知らず。

あとは、不安不安不安とうるさいマスコミに乗せられているのだろう。
モノを売るための広告が主たる売上の会社が物が売れない不況だと言いふらすというのは如何なものかw

「Duty Freeの売り場を用意した」、「中国語のできる店員を増やした」などやってきたようだが・・・売れるからと、たまごっちの生産能力増強で失敗した例を思い出す。

人は雇うと簡単には切れないのが日本の法律なのだが、量販のための設備・固定費投資の回収ができなくなって不採算化を生み出してしまうことだろう。

シャープや東芝やMMCの本体および取引先は大変なことになっているのだろうから、そちらからの影響がどうかなどの分析が欲しいところである。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

生存権の侵害とか阿保でしょw 


働けるのに働かない人には生活保護はしない方向と聞こえてくると憲法の生存権の侵害と言い、パチンコに行くなら生活保護費を減らすと言うと基本的人権の侵害という


そんな権利必要なのかなぁ。
誰でも生存権を盾にとってお金と保護をよこせ!って・・・ ベーシックインカムじゃん。

綺麗ごとを言う人間のエゴと、権利という名で我儘を通そうとする仕組みになるなら要らないでしょう。

生活保護が必要だと客観的に判断できる人も居るが、そうでない人もいるってことを理解するべき。



国民生活基礎調査で生活苦しいってバカすぎる

情報としての価値は感情的な不満がどの程度なのか?しかない。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/20-21.html
生活意識の調査では、「大変苦しい」が27.4%、「やや苦しい」が32.9%で、両方を合わせた60.3%は過去4番目の高さ。「普通」は35.9%で、「ややゆとりがある」3.2%、「大変ゆとりがある」0.5%だった。

ベースアップで給料が上がっても、前年のことなら過去の既得権となって、今年のベースアップ幅が減れば今に不満があると言い、一時金が増えても、給料が上がらないと言う。それも給料なんだけどw


不況だとかデフレだとか、消費者物価指数が下がったとか・・・収入に不満だとか、マスコミに扇動されすぎだろ。 

デフレでモノの値段が下がるなら、ベースアップ額が昨年比で下がったってお金増えるんじゃないの?w

まぁ、消費税とか酒の値段とか目に見え易いものに気を取られて、実は介護保険料や後期高齢者支援金とか年金など社会保障関連支出は、上がってはいるんだけどね。 社会保障を拡充すべきだっていう人達が大多数なんだから仕方ないよね。負担が増えたって仕方ないよね。気がついてもいないだろう。




生活苦しいそうですが・・・

5月の消費者物価指数、3カ月連続下落 下落幅、13年4月以来の大きさ
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL01HGE_R00C16A7000000/

夏のボーナス1.03%増、伸び率半減 伸び率は既得権ですかw
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13H5C_T10C16A7MM8000/
  • 非製造業は比較的堅調だ。支給額は15年夏に比べて4.49%増

物価が下落傾向にあって、ボーナスが伸びるけど、生活が苦しいという意見が多いと言うが、

収入に見合ったレベルの生活をしていれば、確実に余裕は増えているはずである。

選挙関連のTV番組で、3年前はベースアップがあって良かったと言う映像が流れ、同じ人が今はベースアップも以前ほどでもなく何もよくなっていないと言うのがあった。櫻井翔がインタビューしてたけど、時系列での変化点と事実くらいならべて比較するとかできないものなのかね。

情報分析能力が全くない、感情的だw


馬鹿ですか?w

まぁ、世の中そんなもんなんだろうなぁ。


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

痒がるのは多分病気なんだろうと悩むが見守る生活

ポップコーンの袋の匂いが気になってかぶってしまって怒っていた23歳になるムスメ(ネコ)は、ここ2年くらいでパニックになったように走った後、片側半身の自由が突然きかなくなり、クルクルと回ってしまったりするようになった。

最近はこれが起こると、瞳孔が開いて、失禁してしまい、よだれも垂らして、息も荒く辛そうなのですが、10分くらいすると少しずつ動けるようになります。

息が落ち着いても片側半身の足は動かせないようで、いきなり歩き出すこともできないので、声を掛けてなでながら、しばらく付き添いして・・・

おしっこの掃除もせずに様子をみて、落ち着いたら掃除開始ってかんじ。
綺麗に拭いてるけど、他人から見ればネコがおしっこした部屋です(汗)

その後もたまに頭をカクカクと不規則に不自然に動かすことが増えてきました。

最初にこの症状が出た時に、通院して脳血管障害とかではないか?と相談したが年齢的なものもあり、対処方法はないかもしれないという話であった。

23歳ともなるともうかなりの高齢でもあり、医者に行く(というか家から出る)のもストレスなので最近は通院もやめました。


数カ月に1回くらいの割合だったのが少し増えてきたようにも思う。

てんかん?とか色々調べると出てくるけど、20年起こらなかったのに、そんな病気になったとしても年齢的な問題もあるだろうし、薬を飲ませるのも誤嚥しそうで怖いんだよねぇ。

強引に口の奥にカプセルを入れるだけだと飲んだふりして見えないところで吐き出す優秀なムスメだし(汗)

最近、どうも顔をかゆがるので様子を見ていると、変な感じがして気になったので抱きかかえていると、かゆいというより違和感があるのではないか?と思う。

クビが片側に引っ張られるいるようなカクカクとするような感じがある。かゆくて顔を向けている可能性はあるけど、そこまで力を入れる必要もないし、これも頭がカクカクしてしまうことと同じ原因系統なのだろうか。

人間でいえば100歳を優に超えるわけだし、無理なこともさせたくはないし、何とかなる確定的な情報があるなら対処もするけど、手術ができるような年齢でもない。麻酔したら二度と起きないかもしれない。通院するのもストレスで、家から出したら鳴き続けるし、余計な負荷もかけたくもない。

発作的な状況が起こらなければ、いつも通りに昼寝して遊んでよ!ブラッシングしてよ!とアピールしてくるだけだし。

妖怪になってもいいので元気でいてほしいものだと、普段通りに下僕生活をしながら見守ることだけしかできないなぁ。

今日は日差しも強いし、日向ぼっこは程々にして水分をちゃんと取らせよう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

1996年来で見ると、日経平均が16000円を超えたのは33%程度でしかない

1996年来で、日経平均の終値が幾らの範囲内で推移していたのかを見てみると以下のようになる。
1996年来なのは、少しずつお金を積み始めた時期だからであって、20年に近いのはたまたまですが、まぁ20年あればいいでしょうw
5000営業日分以上のデータになってます。
平均は13,840円

株価 >  割合
8,000 98.70%
9,000 89.70%
10,000 79.30%
11,000 67.50%
12,000 58.70%
13,000 55.40%
14,000 49.50%
15,000 41.80%
16,000 33.20%
17,000 23.80%
18,000 15.40%
19,000 10.60%
20,000 7.37%
21,000 2.52%

大体、2.5%くらいのところまで値段を抑えたのでこんな中で行ったり来たりしてる様子。

Brexitでの株価下落は75日移動平均から -10%だったがその後持ち直しているので、-17%までは遠い。

両方を加味すると、14,000円切ったら買っても多分大丈夫?だったのかな。
(追記: 2012年11月14日までだと12,800円がちょうど50%くらいの位置。)

ちなみに現在の ‐17%ラインは13,715円くらい。

指数で買うならこの辺も考えた方がいいんじゃまいかw


円ドルも作るかなぁ、というか数字が取れるのかなぁ&ドル建て日経平均も見てみたい気がしてきたのでとって見ようとしたが・・・
円ドルが全部は取れなかったので月平均で代替した
平均は $127.5

< N225 Dollar <  頻度 比率 累積
50 0 0.00% 0%
60 70 1.39% 1%
70 193 3.83% 5%
80 288 5.72% 11%
90 267 5.30% 16%
100 631 12.53% 29%
110 873 17.34% 46%
120 430 8.54% 55%
130 495 9.83% 64%
140 763 15.15% 80%
150 385 7.64% 87%
160 220 4.37% 92%
170 115 2.28% 94%
180 121 2.40% 96%
190 117 2.32% 99%
200 68 1.35% 100%





円ベースでの日経平均の値段別割合
JPYN225

USDベースでの日経平均の値段別割合(為替レートは月平均で代替)
USDN225

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

資産推移2016年6月末 とりあえずそこそこOK

2015,2016とセルインメイだったのか!? 2014年5月からの資産推移
推移607

この間も思ったけど、去年の5月から6月も似たような推移だったなぁとも思う。
先月比で -1.8% の資産減少になっているが、ガツンと下がった時と比べればかわいいもの。

変動するのは個別株とREITと海外株(個別株と投信)とドルMMFくらいで資産割合で4割程度。
JREITは日経平均株価(やTOPIX)との連動性が大きいので株とあんまり変わらない感じだから、これも売るかを悩むところ。

年金に期待しないで85くらいまで生きるには、あと4000万くらいを行ったり来たり。
あと4000万は、行けなくもないと思うんだけど、行けない確率も相当なレベルだろう(勘ですw)。

REITが株式市況と変わらないような動きだとすれば個別株で運用してる分だけやればいい気もする。
昨年と同じような動きになるようだと資産2億(不動産を除く)くらいは、まだまだ遠い。

次に自分を褒めたら、JREITを売ろうかなぁ。 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター