株主総会は、お土産をもらいに行くところだと思ってないので質問しました。 日本ライフライン株式会社

気になる近場の会社の株主総会に出るんですけど・・・

質問や反対票を入れるつもりのないところには出席しません。
時間の無駄です。

そして、お土産をもらいに行くところだと思ってないので質問をします。

しかし、あんまり建設的な話になりません。株主と取締役は敵対するモノなのでしょうか。
中々、コミュニケーションも難しいですね。


これって考えが足りないよね! ⇒ 機能すると考えております。

日本ライフラインの株主総会、議案4に対する疑問 に書いた通り、以下の質問をした。
3億円の拠出額と1年間の最大付与株数の関係からインセンティブの効果が薄れていき機能しないのではないか?

新しい役員報酬方式について、明らかに検討不足で効果が引き出せない仕組みだったりしましたが、効果があると考えていますと言います。明らかに嘘というか考慮不足なので修正した方が効果が上がるんですけど・・・

株価が下がらないように努力するという効果もあるとか言っちゃってました・・・突っ込みいれるのはかわいそうなので止めましたけど、株価が下がるのを避けるというのを業績連動インセンティブと言ってはいけません。

議案の修正なんてできないからうまく言いくるめて荒れずに終わらせたいということなのだと思います。
建設的ではありません。


こんなこと考えてるの? ⇒ 現時点では考えておりません。

社員数推移
661⇒834(単体で前年比24% 推移549 570 610 661 834 )
829⇒917(グループで前年比10% 推移 734 759 795 829 917 )

何かロイヤルティを維持・向上する施策は考えていますか? ⇒ 考えていません。社員と役員の距離が近い状況があるので今後もそのような文化を維持していきたいと考えています。



社員数を上記のように増やす計画です。営業やサービスなどの管理において人数が増えることは管理不全のリスクが高まります。ガバナンスが効きにくくなりますし、ロイヤルティ(忠誠や帰属意識)が薄い状況になりやすくなります。業績が良くても成績管理などが厳しくなれば楽は出来ませんから施策が必要になってくることでしょう。

これまで何社かのベンチャーなどから大きくなる会社と取引をしてきた経験からすると社員数が400人を超える時、一気に採用を増やした時などで不満ばかり言う人達を良く見るようになりました。

人は、結構大変な問題なのです。リスクマネジメントとしても重要です。品質や信頼性などにヒットします。



現状評価は、オーバーシュートしたら買い増し

営業拠点数を36から46に増やし営業も増やすようなので売り上げの伸びを期待するでしょうが、90%が代理店経由のビジネスということですから、人や拠点を増やすことで容易に売上上昇に結びつくことはないでしょう。

Q2からはイタリアで製品販売がされるとのことです、EU圏内なのでEU域内流通上は制約を受けないはずですから少し期待があります。代理店の努力次第ということもあるのと市場性がどこまで似ているのかが分からないので、うまくいけばウハウハーでしょう。


2018/03期は、人員・拠点増による固定費を吸収できるのかについて、しっかりと見る必要もあります。
読みが甘いと一時的に数値目標を達成できずに売られる可能性もありますので、株価が下側に振れるケースも想定は必要でしょう。
ローリングフォーキャストのドライバー設計がどの程度の精度になっているのか若干疑問(2017年3月期に業績上方修正をしたが売上未達&利益達成になったために上値が重くなった)があるので第一四半期の売上と営業利益率について注視したい。
(オーバーシュートで2,700円~3,000円とか・・・EU域内ビジネスが伸びた!とかなければ普通の買い増しは無し)

以上、上下ハイビスカス柄の服を着た180cmオーバーの髭のオッサンでしたw

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
スポンサーサイト

エアコンの動作確認は、2時間くらい動かしてチェックしましょう・・・

大規模修繕工事が終わって、エアコンの動作チェックのためにスイッチいれてみたら・・・おかしい・・・ 
なんか点滅してて動かない。

「電源ケーブルを抜いて暫く放置してみましょう」 と説明書に書いてあったからそのようにしてみたら、「点滅⇒点灯」に変わり、動いた。
壊れてなかった、良かったとその時は思った。




最近暑くなってきたし、雨も降ったり止んだりしてるからエアコンいれるかなと猫と会話(独り言ともいうw)をしながら電源ON!


あれれ・・・なんか、また点滅してる。 


「電源ケーブルを抜いて暫く放置してみましょう」 を再度実行

動いた・・・30分くらい?したら、止まった。点滅も始まった。

「動いた」だけのチェックじゃダメだったー!


今回の工事でウチの4台のエアコンのうち・・・3台が壊れたようだ。 

2015年モノは移動してないから大丈夫だったが、激しく移動していた2011年モノや2006年モノは壊れたようだ。

古いから省エネ基準的にも古いものも含まれるんだけど、電気代よりも命の方が重要だから使っていたが・・・

夏にエアコンがない状況なんてことになったら、ネコ達(含む自分w)が死んじゃうよ! ということで 

2020年に省エネ基準も改訂されるらしいし、3台目は放置するかエアコンを使わないで済む部屋だし・・・と、

普段よく使う部屋の2台を購入した。


大規模修繕工事は危険がいっぱいだ。

室外機を移動した後のチェックの際には2時間くらい動かしましょう。


予定外の出費で電化製品用に積み上げていた予算が全部消費された・・・
3台目は、売る時に外して捨てるだけにしよう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

見えない敵と戦っている?

セミリタイアしてない人のセミリタイアやアーリーリタイアしたいらしきブログだと、何と戦っているのかな?と思うことが多い。

上司とかで無茶苦茶なことを言う人も居るので感情的に不満が爆発することもあるのだろうが…

働いたら負けとか、搾取されてるふざけるなとか、社畜がダメとか、給料が安いとか。

この遊びはダメとか、この趣味はダメとか、クルマはダメとか、

宝くじと投資の比較して宝くじを買う奴は頭悪いとか

死ぬくらいなら退職をというのは分かるんだけど、転職じゃなくて退職を勧めるとか

あと・・・たまに安倍政権と戦ってる(?)のもいるwww

大きな不満があって変える手段もあるが、揉めるのは嫌だからやらないとか。

世の中には見えない敵はいっぱいいるみたい。

不満や怒りといった感情は行動を起こす原動力になる部分もあるとも思う。しかし、刹那的な判断については冷静に見ることも必要で、あるべき論で進める範囲と照らし合わせることは重要と考えるが、微妙に違うんだよねぇ。 他人に向いているからかなぁ。

持続可能性を手に入れてないような・・・
教えたり語ったりする立場を作り上げられていないような・・・
ゴールに向けて合理的選択を続ける意思を固めるための自己暗示的な面もあるのかもしれない・・・

私自身、結構文句を言う方なんだけど、感覚の違いなのかなぁ、良く分からない。 たいへんそう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

投資に対する感覚の変化


リスク資産比率の変化
利確を進めたり成績的に納得できなくて売却したりと、リスク資産がどんどん減ってきた。
この3年の間に外貨建ての資産など全部を含めると 90% がリスク資産だったこともあるのだから、30%を切る現状はかなりリスクが抑えられた状況と言えそうだ。

資産状況PIECHART

資産状況PIECHART2

資産状況PIECHART3

リスク資産の比率が一時のように上がらないのは、リタイアしてから金融資産が評価額ベースで約40%程度増えたことも含め、達成感のようなものも出てきたのだと思う。
子供もいないし、親も居ないし将来の不安材料が元々少ないところに、資産増がこの感覚というか達成感?に拍車をかけているのかもしれない。

まだ投資商品としてはJ-REITがあるが最近の低迷によって税金の先払い効果(マイナスw)もあるし、個別株の利益と相殺しちゃえるからいったん売るかな、日本株の幾つかもお盆のあたりで売ろうかなと考えている。

そうすると、現金比率は85%になるだろう。

以前のように資産の大半をリスクに晒すことはもうないような気もする。



価値が減るのは嫌だから、何処の国の通貨のどんな資産クラスがいいのか?
という結論は出ていない。
日本円現金から分散させるというリスクマネジメントがリスク低減とバランスしているのかなんてことを考えようとも思ったけど、結局、どうやって増やすか?どんな投資をするかという投資方法をどうするか考えることと同じ方向にループしてしまうんだろう。

そういう意味では、「NISAで投機しながら、今考えている選別方法で幾つか投資する」という現状の投資状況の延長線上にある考え方で自分自身は納得できるカタチなのだろうし、通貨価値(資産)の減少対策程度ならば、リスクヘッジもその程度でいいように思う。
それでも今よりもリスク資産は少なくて、80%は現金になりそうだなぁ。 

すこしゆっくりと選別方法の自動化する方法でも考えるかな。

それでもリスク資産比率を急激にあがることは、今は考えにくい。



感覚の変化というか調子こいてる?
超富裕層には程遠いが、調子こいてる部分もあるw

3年で会社員時代の年収の3倍以上の資産増だ。 会社員生活をそのまま同じようにやって余っていた金額の12年~15年分に相当する金額を積み上げてしまった。 生活費分はまだ出費してないからそれを加味しても10年分くらいは稼いだんだろう。

たまたま運が良かっただけかもしれないし、能力があるのかもしれない。だけど事実は事実。


少なくとも資産的には55歳まで働いたのと同じくらいの状況ってことだ。

あと数年分も稼いでしまったら生涯現役でしたと言っても変わらなくなってしまうんだな。

今後も投資行動は続けるが・・・


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

資産評価額によるミスリード : 税引き後資産にするのを忘れないように

運用を続けるモチベーション的には大きな金額になっていることが見える方がいいから資産評価額で推移を見るといい。
こんなに~とか順調に~と思える。そして増えた資産を見て満足感を得ることができる。

並行して「何歳まで生活できる資産がある」なんていう試算をして安心や満足感を得ることができる。
インフレ1.2%で年金があれば、90歳までは生活できる。
インフレ1.2%で年金がなければ、78歳までは生活できる。
インフレがなくて年金があれば未来永劫生活できる。
インフレがなくて年金もなければ、88歳まで生活できる。

しかし、この時に重要なのが・・・税金だったりする。


出口を考えないとか考えるとか色々とあるようだが、幾ら手元に残るのかの事実を踏まえないと間違えそうだ。
含み益がなければ誤差だろうが、含み益が大きくなればなるほど、衝撃は大きくなる。

利確すると税金でがっぽり(20.315%)持っていかれます。

プラスだから税金なんて誤差と思う人も居るのかもしれないが、

例えば税金を一度も払っていないで資産が
30%の評価資産増になっている場合、実際には23.9%の資産増になります。

結構持っていかれます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

重責に見合うオファーなんて言うメールを読みながら、それで重責は可哀そうとおもう

日経新聞も色々なビジネスを頑張っています。リクルートと一緒にやってるのかな。
ご興味のある方は、「エグゼクティブ転職」 というサイトで登録するといいと思います。
https://tenshoku.nikkei.co.jp/lp/20001/

あなたの市場価値は? というようなものがあったと思います。
(3年くらい前に登録して試したことがあるからこのメールが来たのだろう)

最高年収1000万円が視野に入る仕事って書いてあった。
最高で1000万円なのか?

それはちょっと残念な響きだ、最高だったらせめて2000万とか夢を少しは見させればいいのにw
実際にこのサイトに出てる募集職種だと3000万円超とかもあるんだよね・・・

年収600万くらいの人達にオファーしたら魅力を感じてくれると思うぞ!
そういえば、現在の給料幅とか入れる欄が無かったのかなぁ、なんてことも思ったりした。
1000万円って、それじゃ、給料下がっちゃう人も4%以上いるんだよ? 男なら6.77%も。 

営業部長職 → 年収:700万円 ~ 800万円
経営企画(課長) → 年収:800万円 ~ 1100万円
営業マネージャー → 年収:700万円 ~ 1000万円

ステップアップには良いだろうから、こんな50歳まであと2年も無くなった人よりも若い年齢設定で募集するのが良いようにも思う・・・ あ、1000万最高だとこの年齢設定で募集してあとは給料上がらないという経費節減方法もあるか。


1000万円以上の給与になる可能性に踏み込むかどうかという選択としては、この手のオファーって有効とも言えるのかなぁ。
あとは、1000万円から1500万円に人口の山があるというのもこのあたりがひとつの到達点として満足しちゃう線なのかな。

年収の話なんて自分の通ってきた道と、近くにいる人達以外は知る由もなく・・・わかりませんね。


そういえば・・・

先日の知り合いからのお話は、ひとつは保留、ひとつはオファー無しでした。
最初の話の方も準備不足で受ける以前の問題だなと保留しました。
こっちは週3~5日の残業無しで、600万~1000万円くらいの年俸になると思います。
ちなみに推薦や縁故じゃなくても一般の方々でもプロジェクトマネジメントのスキルが充分あるならば可能性は少しあります。
(募集人数は少な目です) 


もうひとつの「面白そうなら」と条件を話した方は、昔やってた仕事だし受けるとしても安売りする気もなかったし、お互いに良かったでしょう。 
3000万円?高すぎ、とかいう不毛な会話にならずに済んだw  「3000万円くらいなら受けるかも?」と妻に話したら・・・「やりたいことなの? 自宅で猫の面倒をみながら稼げてるのに、外に出てまでお金を稼ぐくらいならネコの面倒を見てほしい」とも言われたw 実際、現時点の断面としては予定以上に稼いでます・・・

まぁ「年金3号のヒモ」としては
妻の意見を尊重しますw

まぁネコの体調が悪いからそっちの面倒を見る方が重要なんだよね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

サラリーマンの約4%が1000万円以上の収入を得ている

年収1,000万円 vs. 貯金1,000万円、どちらが幸せへの切符なのかという記事とセットの記事に、
「年収1千万超の人はサラリーマンの約4%しかいない」 と言う記事があったのですが、

民間給与実態統計調査結果 によれば

1年を通じて勤務した給与所得者について 第6表 企業規模別及び給与階級別の総括表からデータを抽出すると、

給与が1000万円を超えるのは、4.37%です。1000人に43人が1000万円の収入になると読むと間違いです。

給与総額分布


給与所得者の平均は 420 万円で、男性 521 万円、女性 276 万円となっている。
女性蔑視などはするつもりもないけど、女性の方が給与平均などは低いので
男女を合算すると正しい状況は見えてきません。

女性だけ給与を低くするような給与規定などを設けている会社は違法ですし、職種に特殊なものがなければ男女での給与水準の差異はありません。しかし実態としての男女差が大きすぎることから、産休で勤続年数差があったり時短勤務などで低い可能性もありますし、結婚・出産を通じて退職して別な仕事をしたなど雇用の流動性によって給与水準が低くなっているなど別な問題があるのだと思います。従って男女差が大きい状況で、全員を並べてしまうと正しい姿は見えてこないと思います。

男性の約15人に1人、女性の場合は100人に1人です。

男性だけの比率だと1,916,178/28,313,613 = 6.77% です。
分布だけで語るのは違う気がするんだよね。

さらに1000万円超-1500万円以下の男性は4.99%
900万円超ー1000万円以下の男性が2.7%で半分以下ですから一様な分布からは乖離しています。
変な感じです。このくらい払えば満足でしょ?というヤマがあるのかもしれない。


女性では年収400万円以下が全体の80% (1,570万人)にも達します(男性では年収400万円以下は40%程度(1,170万人)です)。
比較する時点で前提が違い過ぎるので合算するとミスリードします。 

しかし、条件を揃えて、年1000万以上の給与を支払っている会社員複数を雇っている企業に勤務している男女差の無い職業についている子供のいない女性の場合、7倍もの差は無いでしょう。既婚で子育てしてる(した)女性でも1000万円以上の給与の方々も居るので結婚・出産・育児だけではないとは思いますけど・・・


そもそも1000万円の年収を期待できる会社かどうか? 
ということをクリアしているかどうかが分岐点で、4%になるとか、男女差があると考える以前の問題があります。

実態としては1000万円以上の給与の人は、4%よりもずっと多いのですが、絶対に届かない層に居る人達も多いのも事実です、どちらのグループに属するかで変わってきます。

15人に1人になれるかどうか?ではなく1000万円以上の給料を払う会社に勤めているのかどうか?で見極めをしましょう。

そして100人の部署で20人しか1000万円以上を貰っていない会社ならば、そこよりもいいところをという基準として使うのが良いでしょう。

例えば「生涯給料「全国トップ500社」ランキング」 なんてリストがあります。


「普通だよね」と思うか、「そんなにもらえるようにならない」と思うか、すでに分岐している。

そして・・・

年収2000万円を超える納税者は以下の人数になり、
2,000万円超   101,015
2,500万円超   117,463

全体 47,939,728 から見ると、0.456%

野村総研の出していた世帯別資産分布では2.3%が富裕層以上に位置付けられていたことから、年収2000万は富裕層になるよりも難しいと思われる。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

日本ライフラインの株主総会、議案4に対する疑問

日本ライフラインの株主以外(株主でも興味のない人w)には全く意味のないメモです。

株主総会に行こう! と思ってます。
お土産目当てではありません。


日本ライフライン株式会社 第37回定時株主総会招集ご通知を掲載いたしました

http://www.jll.co.jp/pdf/meeting/37_convene.pdf

今回の総会は気になる項目があった。自己株式(自己口分)の処分方法がどうなるのかを気にしていたためである。

懸念は1点、そしてこの制度を入れるならば・・・と思うことが1点である。



役員退職慰労金の廃止とセットにした業績連動型報酬について


3年分の業績連動株式報酬として3億円を拠出するのであれば、当該事業年度の初年度において3億円相当額の株式を購入(信託)し、ポイント上限突破の場合に3年後に100%の割り当て済み株式を付与するが、ポイントが上限に達しないために支給されなかった株式については自己株口に充当するでいいのではないか? ポイント上限値(現在株価で9億円分の株式に相当)と拠出額(3億円で3年分)に差異が大きすぎるので、制度設計として実効性と継続性が見えない。

繰り返しになるが、3年分の報酬として3億円の拠出を前提としているが、現在株価で最大ポイントでの株式付与数で計算すると9億円を超えることで業績連動型報酬として機能しない、制度として何を目指しているのか不明瞭。

業績の上昇は、株価の上昇と連動性があり、株価が上がって付与株数も増えるということになると上昇効果を乗じた形になるので上方に修正され支払われる実質価値がより大きくなるように見えてくるが、実際には信託された3億円で買える分に限定されるはずである。

そうなると業績による付与ポイント数と拠出額の上限で逆転現象が発生するが、役員の頑張るモチベーションは何なのか。

相乗効果も含めて、業績連動性による報酬という性質から拠出額は低く抑えることもできるはずである。

このような観点からポイント制で株式で支給すると株価上昇分を更に上乗せで享受することになるが、現在株価とポイント設定が未熟なために、想定した制度になっていないと思料する。 

制度としての継続性の観点からも妥当性が見えない。自己口分での対応が終わった場合の株式調達コストに跳ね返る上、報酬と株価の連動性における効果減衰に関わる話であり、将来的な設計として具体的な話が必要である。




従業員の雇用と帰属意識向上に向けた施策の確認


決算説明会資料P11にある従業員数を見ると、本年の計画では10.6%の人員増を計画している。
工場の増設や稼働に当たってる部分が多いとは推察されるが、人員の安定雇用と拡充を見据え、更に品質とモチベーションと帰属意識の強化という点でも役員だけにフォーカスするのではなく従業員にもRSUを付与するなどは考えないのか?
(税務面や口座管理などの問題はあるが)


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

共謀罪と戦争法案を活用して独裁とか妄想して騒ぐ方が怖いよ

プライバシーの無い世界で言論も集会も監視される世界になる!
戦争法案で戦地の前線に送られることになる!

そんなことになったら日本の国民が大変だ!

もしも、独裁が簡単に許される状況になったら、最初に死ぬのは騒いでる人達です。 死んでから気が付くかもしれないけど、そこまでの横暴ができるなら邪魔ですから。

私が独裁するなら、最初に、「ウルサイ奴等」を共謀してるかチェックして・・・
前線に近い場所でミサイルや物資などを格納してる雰囲気を醸し出したところに送り込んで毎日のんびりさせるか、穴掘って埋めてとかをやらせて、敵から標的にしやすい状況を作り上げて、相手からのミサイルで一網打尽にしますね。


戦争やるために徴兵したり、節税の会話をしたり安倍を許さないとか政権批判で騒いでるとテロ等準備罪で逮捕監禁されちゃうと「本気で思ってる」ってことだろうから、未然に防ぐんだ!とか過激な反対行動をしようとして

盛大に他人を巻き込んだりする行動にでてしまいそうで、ある意味イチバン怖いです。

令状なしでGPS追跡装置つけたら違法捜査とか言う司法があるんだよ?
そして令状なしでGPSつけたことで手に入れた情報で立証した部分は「罪を犯していることが証明されても」無罪だったりする


罪を問うのは司法だったりするんだよね・・・

そもそも法案に問題点があると思う政党があるなら、その変更すべき点を明確にして、選挙で多数になるだけの努力をして法律作り直せばいいんじゃないかねぇ。法律は一度作ったら改正してはいけない訳でもないし、過去に自民党だけが与党だったわけでもなく・・・

反対だけ騒いでる人たちって、何時の間にか自民党(+公明党)だけが未来永劫に政権与党だと妄想してしまってないか?
まぁ、万が一にも共産党が与党になったら日本を捨てて海外行くけどw

そして反対だと騒いで廃案だと騒いでいた議員たちも元々選挙結果で多数がどうなってるか分かってる話で、自分たちの主張を実現したいなら折り合いをつけるように忖度して調整する努力をすればいい。 

強行採決は不当だと言うのなら、中身の問題点と修正すべき点を主張して選挙で多数を得る努力をすればいいじゃないか。 選挙は1回しかないわけでもなく、将来も議員になれることを約束していない。
世界に目を向ければ、イギリスだってEU離脱を選挙で決めたじゃないか。 
法律は修正できるんだよ。特例法で現行法を上書きして天皇陛下だって譲位できちゃうんだし。

採決されたから終わりじゃなく、努力を続ければ良いだけ。 戦争法案とか騒いでたけどその時だけ、そして共謀罪だと今だけポーズで終わらないようにしなさい。

次の選挙があるまで変わらず問題点を指摘して修正案を作り続けて社会にアピールできているのか?
本気なら2,3年の時間なんて一瞬みたいなものだ。

与党になったら強行採決でもっと酷い法律つくったり独裁しやすいようにとかもできるってことでもありそうで怖いけどw

まぁ、ウチは盗聴されようが痛くも痒くもないし、同様にそれだけで投票行動はきまらない人達が大多数いることを考えて戦略を立てて頑張りなさい。

富の再分配してるな2

退職前も、そして退職後にも税金を随分と払った・・・

そして、ここ数週間の株の取引きで源泉徴収された税金を積算すると・・・ 

「また今年も、随分と払うことになるな。」と実感する
(今からそれをゼロにするほどのマイナスになる有価証券を保有していない。
  2017年はまだ半年も終わっていない。)

そもそも妻は別で所得税も住民税も年金・健保も納めてるし・・・

合算すると、ウチの年間生活費を超える額になる、年間生活費レベルの利益を出すのは簡単ではない。
収入じゃなくて利益なので激しく価値が異なる。

力仕事はしていないけど、リスクと向き合ったりはしたんだよなぁ。 
そして、つつましやかに生きてるのに、税金って、多いよね・・・
多すぎるよね・・・

富の再分配が出来てないと言う人がいるけど、会社員の頃もそして辞めた今でも、圧倒的に納める側に立っている。
税金の使い道だって何でもかんでも使ってたらお金なんて幾らあっても足りないんだよね。

例えば
  • 社会保障費に充当するなら、将来の年金支給開始年齢を遅らせる代わりに非課税とかしてほしい。
    100万で1年遅らせるくらいで結構いいバランスになると思うぞ!!
  • あとは、所得税100万円以上の人には100万を超えた分に用途を選ぶ権利でもつけてほしいもんだ。

まったく・・・
ウチは他人に期待しないようにしてるのに、他人はウチの財布に頼ってないか?

今まで地味に貯めてきたから、物価が今のままなら80歳くらいまでは年金無しでも行けちゃいそうだし・・・
税金はたくさん納め続けてるし・・・

富の再分配してるな ウチって。 


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

他人に期待しないことを忘れないように。そして法律などを勉強して活用することも忘れないように。

赤の他人なんて期待しちゃいけないんだけど、誠実に何かをするなんて期待しちゃいけないんだけど・・・

ウチだけ様々な負担を強いられた挙句、お金までも取られるのは気に入らない。 百歩譲ってカネを返金なしで我慢するにしても、無視して別な条文を盾にそれを濫用する、この不条理だけは許さん。

他人のことなんて痛くも痒くもないから都合の良い条文を濫用して、他人のことなんて気にしないんだろうなぁ。 数万円だから生き死にの問題でも何でもないんだけど、「おかしなこと」を面倒だから放置して正しい行いのための努力をしない。

責任を果たさないとか勘弁してほしいけど、やはり他人は働かないモノだ。。。


そして別な部分では、不正行為がある。

法律というのは使う気になると使いようはあったりするので、ちょいと調べておいたのだが、自分で掘った穴に自分でハマってくれた。 最近の法改正でより使いやすくなった。

まぁ、何でもかんでも違法行為だから対処しようとまでは思わないけど、事前の取り決めを無視して人の話を聞かずに無視して別な条項を適用してうやむやにするなんて行為をしたのだから、こちらは正しいことを正しく行って成敗しなくては。

法治国家に住んでいることを自覚してもらおう。

さぁ、助さん格さん、やっておしまいなさい。

敵対行為をしたら、殲滅しないとね。

10万がうれしかったころは確実に利食いが出来たが、運用額が上がると欲も大きく・・・

日本株の運用を始めた頃は、10万儲かった嬉しいなと思いながらやっていた 
運用の初期は、そのくらいの利益で利確が出来ていたし、3000円台で買ったトヨタとか長期で持つのを決めた株は長期で持っていた。 すぐに運用額も倍になった。利確をすることでマイナスも無かった。

この3年の間に様々な個別株に手を出してきた。評価額が大きく上がった株もあったが、売るタイミングを曖昧に考えていたために、値崩れなどとで利益は半分以下になったこともあった。

利食い千人力 とはよく言ったものだ。 

現実的な線を考えて利確をするのは大切だというのを改めて認識してきたところに日本ライフラインの株価上昇が進んでいる。
日本ライフラインは今日も上場来高値を更新した。

6月1日に続き、本日6月12日に予定通り4,350円で元の持ち分の3分の1の2200株を売った。
儲けでうはうはー

(以下は事前に売りを設定しておいたため、確認した際にはちょっと下がっていたがご愛嬌)
儲けでうはうは2

日本ライフラインは、事前の売り設定の際に懸念していた自己株式の処分で株価急上昇なんてオチはなく役員の報酬として株式を配布する議案を株主総会に出してきた。更にこの議案は800万株の自己株式を他社買収などの原資に利用して上位株主の変動というリスクも考えていたことも杞憂に終わりそうだということを示唆する。

この先の所有株の売却計画としては、この後は、4,630円で1割強を売り、1200株を残す計画にする。 

今後の投資も計画を立てて売買ができるように考えていく、3分の1ずつ売るとか全売却とか・・・
トリガーとしては銘柄別の金額目標が売買計画を立てやすいのかもしれない。 成長性予測とかも考えると難しいなぁ。

あんまり欲張り過ぎない程度で・・・検討しよう

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

地銀や大手などからのアクセスが増えたのはコレか・・・

ここ数か月、この愚痴と自慢と毒を吐く猫の下僕のブログにアクセスしている企業が増えている。
1日に数アクセスもあるw  今朝もドイ〇とか

高尚になってきたのか?!  そんなことはなく、どうも下の記事にある規制が動く可能性に関しての調査っぽい。

ロイター:金融庁、地銀の金利リスクで新規制 19年3月期に導入へ=関係筋

金利リスクについて英文のバーゼル規制(IRRBB)の本文などを読んで幾つか思うことなどを昨年書いたのだが、それにアクセスされている様子。

そもそもの規制対象は国際的な金融機関だけだったので、「地銀」なんてドメスティックで小さいものは対象外だったために、情報不足なのだろう。 無知な煽りでバーゼルの規制なのに、地銀にも同規制が適用されるなんて記事を出しているサイトもあったから余計に調べられなかったのだろう。

今回のロイターの記事を読んでみて思うのは、
自己資本の20%が閾値になっているようで、金利リスク規制のTIER1資本の15%とは異なるなど国際的な規制と違う。

この時点で、バーゼルの金利リスク規制と同じように考える必要があるのかどうかも怪しい。

そして記事中で金利リスクに言及しているが国債メインになっているようだし、リスク管理のシナリオも陳腐だ。 

金利リスク規制に関する日経の記事でも金利リスクとしては国債の保有規制にも見えるような陳腐な記述だったのだが、金利リスクとして管理すべき対象は国債だけでなく、昨今問題視され始めているアパートローンなんかも含まれるんだけどその辺りをどのように考えるのかも見えてこない。

そもそも国際規制レベルのリスクシナリオでのシミュレーションなどは地銀にはできない。体力も無ければツールも十分なものはないのだ。

異なるシナリオでドメスティックで体力のない地銀を扱うのは当然ともいえるが、色々進めれば進めるほど国際規制と異なるルールや考え方を作っていくのが難しいので、同じようなレベルの管理にする方が規制する側は楽だ。

目的は何なのか? 2019年って1年半後ですからね、もうリスク管理としてシナリオや人やシステムを用意するとなると対応不能な時期です、そもそも地銀の数がたくさんありますから人の取り合いで対応不能という地銀が出てきます。

規制する気があると言うよりも、規模的に限界でしょ?というのを進めたいだけのような気がするんだけど・・・

これからQQEの出口戦略などが立てられると金利リスクとして債券類の時価評価に直結する問題になるのだから、それを意識し始めたということなのかもしれない。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

暑くなってまいりました

足元に白と黒の物体が集まってくっついています。 退職届出から3年を経過しても暇なんてことはありません。

暇?暇なんてあるわけないわー、相手しなさい!

という所でしょうかw

そして、1匹だけでも暑いですが、3匹は凄く暑いです・・・ 

そして暑くなって毛が抜けるのでたくさん舞います。
ブラシをかけるにしても3匹いっぺんは無理ですが、最近は掃除機を動かしながらブラシを掛けても平気になったので少しだけ楽になりました。


白かったり黒かったり


この我先にとくっついてくる娘と孫たち。人間換算では100歳を優に超えます。 
一時不安だった、てんかん発作みたいなことは最近は起こらず落ち着いています、特に薬を処方している訳ではないですが、水は多めに飲むように数か所の水飲み場を用意したりという程度の工夫はしています。

他の子でクチを痛がったりと調子が悪い部分のある子もいるので、色々調べてみた薬を与えて経過を観察中です。良好な結果なら薬の名前などを公開予定です。そろそろ1カ月以上経つけど・・・悪くはなってないかなぁと言う程度の状況、もう少し様子見。

3匹とも年齢もあって少し瘦せてきましたが基本的な部分は丈夫なようで、元気にしています。 

猫又レベルになってもいいんじゃよw

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

来ない奴は来ない

新卒で入った会社の同期会がタマにあり、全体の1割~2割くらいが集まる。 

10割にしたいと言う酔っ払いもいます。


しかし、出席率が10割になることはないだろう。

まず「同期の中にも病気で亡くなってしまった友人も居る」
それを除いたとしても、やはり10割になることはない。

「急な仕事が入ったので来れない」
「日本に居ない、東京に居ない」



そうでなくとも、
「無料にしても来ない奴は来ない」
「なんなら金を払ったって来ない奴は来ない」

集まることに価値を感じられるかどうか、限られた時間の中で優先事項になるだけの理由があるのかという観点が必要だ。





そして、少しでも多くの出席を目指すことと全員が出席することを実現することは全く別な事なのだと説明しても、酔っ払いは納得しない。目標と実現できることには違いがある、その過程を楽しむことを否定するつもりはないのだが・・・

ただの酔っ払いに絡まれただけなのか。酒が弱いならそこまで飲まないでくれ。

私が出席する価値が色褪せていくような感覚におそわれた。



にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

資産推移2017年5月末、退職届け出から36ヵ月を経過し評価額最高を更新

2014年からの資産推移
ネコと戯れる日々201705Trend
退職届を出した2014年5月末と比べて+38.2%の資産評価額になりました。
2016年5月末と比較すると5.4%、前月末比だと7%以上の上昇です。

上昇要因は日本ライフラインの株価上昇です。 株価が先月比で83%の上昇ですから、資産評価額も相応に増えるわけで。

先日も書いた通り、先月末に日本ライフラインが予想通りの決算発表を行い株価を上げた後に不可解な上昇をしたのちに、幾つかの証券会社のレーティング付与があって値上がりした。

そして本日、決算説明会があって更に上方修正された中期計画が発表され、最高値を更新した。 これに伴いウチの資産評価額も順調に推移し、過去最高値を更新した。

ここからは成長をどのように捕らえるかというのが私にとっての大いなる課題になる。
欲張り過ぎず、弱気過ぎずの値付けを見極めるべく調査をしよう。

ここ数年は5月が最高値になる、Sell in Mayしておけば良かった!という状況なので、来月に更に最高更新ができればこれまでの流れとは良い意味で乖離できるかもしれない。



追記:

日本ライフラインの事業計画を達成すると2022年にどうなるか
将来のことは分からないのでPERは保守的に見て平均近辺に置いたとしてこの株価を試算すると、

  2022 2018
売上 66,200,000,000 41,828,000,000
営業利益率 25.0% 22.6%
営業利益70% 11,585,000,000 6,617,189,600
株数 45,209,988 45,209,988
EPS 256.2486856 146.3656571
PER倍率 16 25
推定株価 4,100 3,659


ネコと戯れる日々 売り 日本ライフライン株

PER15倍相当として3850円、PER16倍で4100円になる。
ミスプライスは+13%程度と考えて 4,350円~4,630円というあたりに売値を想定しておこうと考えを落ち着けた。
売上予想が未達じゃなかったら違った景色だったかもしれない。

今日、4110円で3分の1の持ち分を売り、利益を確定した。
4350円で次の3分の1、4630円で1割くらいを売り、2割は残す計画にする。 
自己株式の処分なんてことをされたら、それは諦める。 

と言う訳で評価額集計を〆た翌日に売ったから150万を優に超える税金分で、すでにグラフの単位で資産評価額は1%以上、凹みましたw

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター