個人型確定拠出年金(iDeCo)よりも積立NISAにしよう?

「65歳年金受給開始と納税額の変化、企業年金にするか退職金にするかの検討基礎データ」なんていう記事を書いていて、退職金税制と年金受け取り時の税制を考えた時に、これはもしかしてiDeCoでも同じかも・・・? と考え、

そしてiDeCoに近い長期的な投資行動に対する税制優遇措置として 積立NISAがあることに気が付き

同じように個人型確定拠出年金でやるのがお得? 積立NISAがお得?という妄想連鎖から以下の表をまとめてみました。


どうせ投資するなら得な方法の方がいいですよね。増えなくていいなら投資なんてしないでしょ?

たぶんこんなもの? 間違ってたら指摘してくれると修正します。




個人型確定拠出年金 iDeCo 積立NISA
所得控除 〇(本人分のみ配偶者分は不可) × なし
手数料 有ったりなかったり あったりなかったり?(制度施行前)
保管費用
(信託報酬など)
有 商品別にも有無あり 商品によっては有り。そもそも証券口座管理費用とか取るところもある。
他の投資との
損益通算
不可 不可
運用期間の制限 基本は60歳まで 20年間
年金払
分割引き出し
可能(積立期間10年以下は制約あり) 不可
年金払分への課税 あり。公的年金やその他所得との合算。
年金控除120万円+基礎控除33万円を超えると住民税課税。所得税は年金控除120万円+社会保険料控除+基礎控除38万円を超えると所得税課税。健保や介護保険料など各種税制への影響あり。
分割払い対象外(自分で引き出し)
一時金で受給 条件付きで可能(60歳以降、積立期間10年以下は制約あり) 可能(それしかない)
一時金への税金 評価損が出ていても課税対象
退職金と同じ扱い(拠出額ではなく評価額を基準として課税)
一時金として受給:退職所得控除
控除額【積立期間x40万円 
または800万円+(積立期間-20)x70万円】
2037年以降に売買すると課税対象となる場合がある。
20年間を超えると課税対象となるため、清算して現金化するか通常の取引として運用すればよい

一時金を受け取り、

退職金が他にもある場合
iDeCoと他の退職金のいずれかに対してのみ退職金控除は適用可能です(控除の基準年数は申告ベース)。

退職金控除を使い切った場合、iDeCoの運用がマイナスでも総額に課税され、税率は通算の退職金に掛かります。
その他制約 企業型確定拠出年金制度がある場合に利用不可など金額制約あり NISAは利用不可。
年間40万円を上限。
年金払は無いために、分割払いと同じ形にするには手作業になる


厚労省のサイト: iDeCo(イデコ)/個人型確定拠出年金
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/nenkin/kyoshutsu/ideco.html

(5)税制
拠出時
非課税(加入者が拠出した掛金額は、全額所得控除(小規模企業共済等掛金控除))
運用時
特別法人税課税(現在課税は凍結されています)

給付時
1.年金として受給:公的年金等控除(標準的な年金額までは非課税)
2.一時金として受給:退職所得控除


そもそもシュフという人にとっては拠出時の利点がありませんのでiDeCoに興味も無かったんだけど。
制度設計が下手ですね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
スポンサーサイト

65歳年金受給開始と納税額の変化、企業年金にするか退職金にするかの検討基礎データ


65歳(年金受給開始)で非消費支出(税金・健康保険)はどうなるか

以下の表にまとめたが、65歳時点で

(1)年金を200万円受給すると仮定すると、
¥45,200円から¥196,000円と15万円の変動の要因となる。

(2)年金を200万円と100万円の企業年金を受給すると仮定すると、
¥45,200円から¥411,500円と35万円の変動の要因となる。


下の表からもうひとつ言えること75歳(後期高齢者医療制度適用)での変化はどうなるか
65歳時点と75歳時点でどの程度変わるかも確認したが、あんまり変わらなそうというのが少しの救いかもしれない。なお、年金を受給年齢を繰り下げて受給する場合にはどのようになるのかなどはさらなる検討が必要だろう。


試算表(単身者の例、参考値程度です1万円以下の誤差はあると思います)
  64歳まで 65歳以上(1) 65歳以上(2) 75歳以上(1) 75歳以上(2)
公的年金 ¥0 ¥2,000,000 ¥2,000,000 ¥2,000,000 ¥2,000,000
企業年金 ¥0 ¥0 ¥1,000,000 ¥0 ¥1,000,000
課税所得金額 ¥0 ¥261,000 ¥1,111,000 ¥288,000 ¥1,193,000
           
国保医療分 ¥32,000 ¥66,710 ¥139,710 ¥0 ¥0
国保支援分 ¥6,000 ¥12,580 ¥26,580 ¥0 ¥0
後期高齢者医療保険 ¥0 ¥0 ¥0 ¥62,100 ¥156,900
国保介護分 ¥7,200 ¥0 ¥0 ¥0 ¥0
介護保険税 ¥0 ¥70,080 ¥70,080 ¥70,080 ¥70,080
           
           
所得税 ¥0 ¥13,050 ¥55,550 ¥14,400 ¥59,650
住民税 ¥0 ¥33,500 ¥118,500 ¥36,200 ¥126,700
復興特別所得税額   ¥261 ¥1,111 ¥288 ¥1,193
           
各種税額の合計 ¥45,200 ¥196,181 ¥411,531 ¥183,068 ¥414,523

国民健康保険税や介護保険料は、居住地域で違います。


企業年金でもらうべきか、退職金として受け取るべきか
iDeCoでも同じかも・・・?


上の試算で100万円もらうと、20万円の負担増となるならば・・・
年金払で受け取らずに退職金を一括で受け取った場合には6%~10%くらいの課税だろうと思う。
老齢年金に加えて企業年金を受給すると企業年金分の増加分に対して20%程度の違いがでる試算になったことは「退職金から税金を引いた額」と「支給期間と分割支給額」を比較して損得を計算する必要があることを充分示しているだろう。

例えば30年勤続で1500万円の退職金は非課税(800万+70万x(30年-20)の1500万円控除)で1500万円が手元に残る。

企業年金として退職金1500万円を20年払いするケースを試算したところ

分割払いの上積み33%があるケースで年金年額100万円の20年間で総支払額2000万円とすると、100万円の支払額の20%が税金で減るとすると実質は1600万円となる。

全く上積みのない年金年額75万円の20年間で総支払額1500万円のケースを手元で試算したところ、年金受給額275万円と200万円の場合の差異から税額が15万円ほど増える。75万円のうちの15万円を税金で支払う必要が発生するために実質は1200万円となる。

終身ならば長生きすればするほど得になるのだが、一括で退職金としてもらうか、企業年金として長期にわたって受給するかについては、あらかじめの計算は重要だろう。

とりあえずの試算なので個別のケースは個人で計算してください。なお、現行の税制などをベースにしていますので将来の増税や制度変更によって負担は増える方向だと思います。
大幅に間違ってる!なんてことはないと思いますけど、何かあればコメントでも入れておいてください。

税金系の参照サイトは以下になります。税金と社会保険料控除が収入と控除で変動するので行き来が必要になります・・・
国保の計算: http://www.kokuho-keisan.com/
所得・住民税の計算: http://www.hasetax.com/simulation 
後期高齢者医療の計算: https://www.kouiki-chiba.jp/exec/calc/


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

老描と過ごしながら時間とカネの使い方を考えたり寝ないようにしたり

人間換算で100歳を超えるムスメが血尿など健康状態が悪くなってきて一緒に居る時間を増やしている。


様子を見ながら声を掛けたり撫でたり、クスリを飲ませたり、水を飲ませたり、トイレをトイレの外でしてしまうのですぐに片づけたりする程度でしかないのだが、時間的・精神的な余裕が減っている。

もう老描なので通院の負担などもかけるべきではないだろうし、ほどほどのバランスで生活できるように配慮することくらいしかできないが、それも正しい判断かどうかの自問自答や妻との議論は尽きない。

クスリを飲むのを嫌がってもクスリの効果でトイレに何度も行かないで済んでいる方がムスメにも負担が少ないだろうと思う。


なんだかんだと付き添い状態。昨夜もトイレにAM4時に行ってたのを見守って掃除してからうたた寝したりと寝不足だ。

嘔吐やトイレの粗相や排便(もトイレの外にしてしまったり)などは仕方のないことですぐに対応できるように何をするわけでもなく傍にいるようにしているだけ。

クスリの副作用で軟便になってるから、お尻も汚れ気味だし、排便後に踏んじゃったら家の中も汚れるし、ムスメも汚れちゃうし・・・


完全に客観視をすれば、ずっと猫を眺めている無気力なおっさんだな。 

ザ無職。 概ね引きこもってるから怪しい人というレッテルを貼られることはないのが救いだw


あとは・・・2カ月ほど先にクルマの車検があるのだが、クルマ屋に取りに来てもらってメンテしてもらうかなぁ。

購入の対応してくれたのがその会社だけだったから仕方ないのだが、こんな時に片道3時間くらいかかる離れたところは不便だな。猫たちが元気なら温泉つかって旨いものでも食べる夜を過ごしたのだが、そういう訳にもいかない。
猫に万が一にも何かがあったら対応がすぐにできない状況を作りたくは無い。

お盆休み明けたらクルマ屋にメンテで引き取りに来れるか相談しよう。欧州からの部品の調達もあるし・・・
引き取りメンテがダメなら売り飛ばすか廃車にして、適当なクルマに買い替えるかなぁ。

食事の量も減ってきたから今晩もウンチに行かないのかなぁ。行ったら掃除して寝るんだけどw 眠い・・・
元気になってくれるのがイチバンいいんだけどなぁ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

ダメージを受け入れるための準備と覚悟

100歳を超える娘の具合が悪い。
血尿が出てトイレに行っても外でしてしまったり、トイレに行けずにおしっこを漏らしてしまったりした。
獣医に相談して抗生剤を貰ってきて飲ませて血尿は収まったのだが、体調の根本は改善していないようで、水やドライフードの入れ物の前などで固まって動かなかったり、少し歩いて止まってしまって立ったまま動かなかったり、座って動かなかったりする。
起きているけどうずくまっているような状態も増えてきた。

20年以上の付き合いだから考えたくもないけど、ここまで調子が悪そうなのは見たことが無い。
これは起こりうる最悪の事態に備えて、ダメージを軽減できるように心の準備を・・・
覚悟をしておく必要がありそうだ。

まぁ、こんなことを書いて少しずつ自分に言い聞かせているだけだが・・・ 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

1075万円で年間104日休日保証+インターバル保証はダメなのか?

連合が譲歩しようとして内輪でもめて、やっぱりナシ!って言い始めた労基法改正案の修正案 ですが、ダメなのかな?と考えています。

年間104日の休日保証+4週間で4日の休日保証に加えて

  1. 労働時間の上限設定
  2. 退社から出社までに休息を設ける勤務間インターバル
  3. 2週間連続休暇の確保
  4. 心身の状況をチェックする臨時健康診断
のいずれかを企業が選択 というものです。

1と2だけが選択条件に出来れば、百点満点じゃないの?
ダメなのかなぁ。
 
1は、上限が4000時間とかだったら意味ないけど、80時間の連続で問題になると言われているのだから2800時間とか言いそうな気がする。以前、自分の時給を考えた時に、年間3000時間は優に超えてたんだけど・・・
世界はもっと高待遇なの? (1日3時間残業+土日3時間で3000時間だから、ハードル低いかなぁ)
それともブラック企業?に勤めていたから感覚がおかしいのかなぁ。

2は、労災認定の80時間平均2~6か月などはひとつのハードルになると予想されますし、適用される基準になることでしょう。
100時間残業を25日稼働として1日あたり11時間半程度の拘束だと疲れは溜まりそうかな。インターバルは12時間あるから限界にはならなそう。 2日連続で10時間を割ってはいけない!とかだと良い会社な気がするw

朝7時前から勤務して、夜23時に帰るのを7日連続x2週間やったことがあるけど、通勤に1時間以上かかるときついw
これがインターバル8時間だからダメだな。10時出社の24時退社はずっとやってたけど結構楽だったから10時間はそこそこ行ける。
海外相手で朝6時から会議したり24時から会議したりして徹夜したりと週7日働いていたけど、インターバルが無いとか5時間というのは多分論外だろう。

いずれにしても3,4はダメだと思います。
3は、104日の休みと別で2週間ならいいですけどね。ちょっと調整すれば出来ることでは価値を感じない。

4は、論外ですね。月間100時間以上、平均で80時間超えなどの残業をしたら産業医面談を受けさせる義務が既にあり、健康状態に異常が懸念されれば健康診断を受けさせる義務もあります。追加条件でもなんでもない。
そしてインターバルが確保されれば残業は自動的に制約を受けますので相殺に近い。



年俸1075万円で104日の休日保証のインターバル付きなら、ウェルカムだと思うんだけどなぁ


連合のその他の人は、「給与所得控除の上限突破してる年収1000万円の人達」ではなくそれ以下の給与の人達まで広げられる可能性がある!と反対をしているようです。 厚労大臣が対象の倍率を下げると言ったとか・・・



前に別記事で触れましたけど・・・

徐々に給与所得控除対象となる上限が下がってきていて、
現在では1,000万円以上の所得の人は税金増えてるんですけどこんなに反対されてませんでしたよね?多分知らなかったはずです。


年収100万円の人まで拡大されてしまう!と騒がないのは何故なのでしょう。

実現しないと思ってるからではないですかね。


同じだと思いますけど、まぁ、知らなければ騒がれないという例なのかな。



にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

資産推移2017年7月末まで リタイア3周年


2014年からの資産推移 アーリーリタイアをして3周年
LongStory

運用面:
2014年5月末(退職届出時)と比べて37.642%の資産評価額の上昇になりました(前月は36.899%)。
6月に利確をして税金分の評価額減少がありましたが、7月も値上がりした株式をいくつか売却して少し盛り返しました。そして上下動には毎月の生活費プールへの拠出を含んでいます。

この運用利率について、指数と比較してみると
  • 日経平均株価は、27.8%の増加
  • MSCI ACWIでは、19.8%の増加 
  • ウチの運用は、37.6%の増加

そして運用益からの今年の納税額は日本の平均収入と同じくらいの額を納めることになりそうです。アーリーリタイアをしてますが、充分納税しています。


3周年の振り返りなど:
この3年間に料理の腕も上がり、家事も大分こなせるようになり、いつでも一人暮らしができそうですw
妻は会社員を続けているので、妻が働いている間はプール制の家計を維持してお互いに毎月拠出していくことにしています。このプール制で20年近く生活していますし、その予算で生活することは普通のことであって節約はしていませんから我慢や不自由・不満はありません、ちょいちょい外食もするけど大きな無駄遣いもしていません。二人ともリタイアしても同じくらいの予算で生活する予定です。




2014年からの資産推移とリスク資産比率(前月23% ⇒ 今月19%)
OccupancyStory
青:資産推移
赤:運用資産のリスク資産比率

指数と比較しても優秀だったのに、リスク資産比率は3年間平均で58%(この1年は34%)であり、充分なリターンであると言えるでしょう。行先が見つからないと言い続けて見つかってないだけというのが大きな要因だったりw




リスク資産の変化要因概要:


2014年 65% ⇒ 90%
退職に向けて運用を意識して80%まで様々な投資商品を購入した、退職後も続けて外国株式・外貨建公社債投信・日本株に加えて国内外REIT投信、ハイイールド債券投信、国内株式投信、外国株式投信などを追加して90%になった(過去最大)

2015年 90% ⇒ 61% ⇒ 40%
「金融所得課税の一体化に向けて公社債等の税制変更」と円安によって外貨建ての対象商品を売却したことで40%まで運用資産を現金化した。

2016年 40% ⇒ 52% ⇒ 33%
配当や成長などの観点から日本株を幾つか購入したことと株価上昇によって比率が上がったが、Brexit前に売却、配当権利落ちで売却と株価下落したことで33%まで低下した。

2017年 33% ⇒ 40% ⇒ 23% ⇒ 19%
配当権利取りのための株式購入と株価上昇したことで33%から40%を超えるまで上昇した。
充分な利益が出ていることから利確して23%まで減ったところに節税のための税金先払いしていた分配型J-REITの売却(3年間投資で純利20%程度+評価損となる)で譲渡益の圧縮と配当権利落ちでの株式売却を行って19%まで減少


今後の想定: リスク資産比率15%~25%程度に
売り時になる予定の株があるのでそれを売却する
9月末の配当権利を取るために幾つかの年間配当3%程度の株に投資する
何か良さそうな会社を見つけたら300万くらい投資しようかな。


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター