今日も為替のことや株のことなど

今日の為替はテーパリングの影響が見えない米国長期金利の下落があるにも関わらず円安方向でした。
もっと下がると思って少し投資してみたけど、この先目減りするかなぁ、どうかなぁ。

最近の米国長期金利とドル円レートの逆相関から言えば、円高方向なのですが、ちょっと違うようです。他にも色々理由はあるのでしょう。考えても分かりませんが、日本の長期金利が上がったら、また80円切るようなレートになるのも実勢との乖離が大きいように思うので、そのあたりの調整も含めて、個人的には前述の逆相関以前に日本円が高すぎるからいうのもあるようにも思います。それでも米国長期金利3%で1ドル=105円くらいというのはきっと来ると妄想はしています。

そんなことを考えながら、日経の記事を読みあさっていたのですが、Sell in Mayの分析としては結構面白いです。

68.75% の確率で下落基調継続
戦後64年のうち前年10月末から4月末にかけて下落した年は16回あり、うち11回は4月末から10月末にかけても下落していた。

55.0% の確率で上昇基調
1~4月に日経平均が下落した年は全部で20回あるが、うち11回は5~12月には上昇を記録していた。

基点が4月末だったり、1月だったりと切り口が異なるので、足し算すると100%を超えてしまいます。
また、戦後からの統計なので世界の相互依存性や周辺状況などが異なってきているので一様に論じていいのかは疑問がありますが、その他の分析含めて読み物としては面白いかな。(毎年書いてるのかなこの手の記事をとも思いつつ)

テーパリングと日本の量的緩和などこれまでとは異なる事情がどこまで抵抗するのか、去年は勢い付き過ぎただけということなのか、5月の金融政策会合と6月半ばのFOMCでどうなるかを見ながらのんびり資産シフトを進めよう。

それにしても現金化進めすぎ、実効利率も下がりまくり。Orz

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター