次の期待はGPIFと法人税減税のボディブロー

5月という時期を迎え、GPIFと法人税減税に関する素人的分析:
法人税減税によって外資が日本に直接投資するかというと大して税金を払っていませんから、この政策に実効性があるか疑問ですが、少なくとも日本企業にとっては恩恵がありその恩恵によって株主にとっての企業価値はあがることでしょう。
この結果によって利益を出している企業の当期純利益は少なくとも増えることになり、PERの潜在的押し下げ要因にはなるでしょうし、市場全体に効いてしまうけど自社株買いに似たような効果もあるかもしれません。

それって実態か?とも思いますが、株価の上下や日経平均等の押し上げ(他市場との相対的投資価値の向上?)はあるかもしれません。

GPIFも注目です。PERで見ると米国市場よりも割安感はあるので、買いだろうというような感じですけど、GPIFの日本株の比率は17%程度から拡大することによって株価上昇(底上げ)とPERの相対的比較上の優位性消失はあるのでしょう。米国市場では自社株買いは普通のことで株価押し上げ要因として活用されるのですが、日本ではまだまだ主流とは思えないので、潜在的な差異は縮小傾向を元々持っているとも考えられます。

法人税減税とGPIFのこの二つが相互に機能すれば、INDEX投資には良い情報か?とも思います。
GPIFの発表がいつされるのか、Sell in Mayによる下落はあるのか、日銀政策決定会合5月20日(火)・21日(水)は、多分現状維持で終わるだろうけど、7-9月期の景気操作においてGPIFが代わりの効果をもたらしそう。

株式・インデックス・債権・投信購入イベント考慮カレンダーを作るのも難しい。

とりあえず、GW明けに500円くらい下がったら少し買おうという程度の計画しか立たないな。

投資は自己責任と判断でお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター