SIFIs

ロイターかWSJの記事で以下のようなものがあった。

世界最大の資産運用会社である米ブラックロックや同業のフィデリティ・インベストメンツが、金融システムの潜在的脅威になっていないか検証している。

FSOCは、米連邦準備制度理事会(FRB)の監視を必要とする金融システム全体にとって重要な機関にブラックロックなど大手資産運用会社を指定すべきかどうか検証を進めており、決定には数カ月を要する可能性がある。(Dodd Frank法関連です)

SIFIsに指定されたら、コンプライアンス・コストや資本規制が掛かるから、コストが上がるだろうな。ということで各種商品のコストの変動・上昇は要注意。 

G-SIFIs : Global Systemically Important Financial Institutions

G-SIBs : Global Systemically Important Banks, 2013年5月末現在、28行がG-SIBsとして認定。
日本だとMUFG, SMFG, MHFG(どうでもいいことだけど、MHFGだけは慣れないな)

G-SIRsなのかな? Global Systemically Important Reinsurers の選定は難航中らしい。専門誌ではSIFIs選定で再保険会社についてどうするかは年内は掛かりそうという記事もあった。

以下の記事はタイトルにひかれて読んでしまった、そういえばPIMCOは業績不振で会社(アリアンツ)の足引っ張ってます。言い訳のための布石か?緩やかな成長でもインフレがきつくなくてなんとかなるレベルなら文句ないんだよね。

「強気相場の終えん」向こう5年で―ピムコ予想
 向こう数年間に世界各国の経済は穏やかな趨勢的成長率に収束する可能性が高いとみている。このニュー・ニュートラルが映しているのは、金融危機から5年がたち、途方もない金融政策が実施されたにもかかわらず、世界の総需要が膨大な総供給を吸収するにはまだ不十分だという現実である……

 近い将来、投資家にとっては見返りよりもリスクの方が多そうだ。しかしながら、ニュー・ニュートラルが実現すれば、成長トレンドは鈍化するがより安定的になるので、リスクは低くなるかもしれない。」
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター