ポートフォリオ変更に向けた検討

NIKKEI225というか日本株の指数に対する投資というのはどう考えるべきなのだろうか。
アベノミクスでは上がっているので悪くもないと思いますが、私は昨年までは指数連動の商品などは買ったことがありませんでした。

米国株式とNIKKEI 225を見ると以下のようになる。
SP500とNIKKEI 225  (1987~)
SP500は上昇傾向だが、どうした日経平均

NIKKEI 225: -10%  SP500: 600%
SP500比較

NY DOW
バブル崩壊を含めても上昇基調であることが分かる

NY DOW

NIKKEI 225
日本円建てでの推移、安定感はない

NIKKEI 225

TOYOTA MOTOR (Dollar base)
ITバブルあたりでは下げ、リーマンショックまで停滞

TMC Dollar

個別に見ればトヨタの株価はドル建てで見てもそれなりに上がっている。1985から見て2倍強、ここ5年で1.8倍程度。
実際、自分の持ち株でもトヨタは日本円建て評価額で2.0倍を超えている。

個別優良株をバランスを見てスイングするか(忙しいなそれは・・・)。

日経平均で1.5%くらいの配当として、税金や手数料を引いて1%と仮定しても30年で30%程度の複利で株価は-10% で20%程度の利益が出ている過程になるけど、ざっくり余生は40年あるわけで日経平均は微妙だとみるか、他の先進国は上げているのに十分上がっていない日本株こそ買いだと考えるか・・・
PER水準で考えれば妥当な範囲とも言える水準になっているが、ドル建てで見れば過去から指数は大きく変わっていない。

世界の株全体に掛けるか、しかし世界株式に投下するにしても為替変動リスクが上乗せになる。

日銀QQEの出口戦略がどのようになるのか、米国の緩和マネーが引っ込んだらどうなるのか。
現金最強? うーん、わからん! 長期での運用は難しい。

出口戦略はもう少し先だろうし、買った商品はそのままにして、しばらく悩みながら投機しよう。
臆病者のための株入門というのも参考になるとブログに書いている人もいたし、勉強もしよう。

さてと、今日は決算の第2波だ。運を天に任せて。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター