冷静にどう見ても厳しい現実 2016年予算から考える

2016年一般会計の予算に見る現役世代から搾取して、老人に回す構図

115 医療保険給付諸費 9,868,666,495,000
310 生活保護等対策費 2,987,586,749,000
370 基礎年金拠出金等年金特別会計へ繰入 11,233,633,937,000
390 介護保険制度運営推進費  2,794,064,744,000


歳入は57.604兆円の見込みだそうで、医療福祉・年金で27兆円
 
税金を徴収して、老人に回す・・・税収の半分近くを・・・

消費税を上げれば経済は腰折れしてしまって実効性は望めないだろうが、増税以外の解決方法はあるのだろうか。

老人の医療費負担は、10割に近づけていく必要があるのではないだろうか。

医療費負担も租税負担も少ない人達を守っていくためのコストが大きすぎる。

財政ファイナンス(日銀のQQE・国債買い入れ)が継続することで誤魔化していけそうな期間も数年単位であるだろうが、持続可能性とのバランスは破綻している。 

他にもちょっと見ただけでも、東日本震災復興予算とか言っても2015年だと
115 沖縄教育振興事業費 ¥1,481,357,000 というのも混ざってるから予算が減って当たり前な部分もあるし、ハイエナ酷いなと言うのと、無能な役人って酷いもんだと思う。

私は万人に優しくというような出来た人間ではないので、老人の医療費などは削らないとダメだ!
もう面倒見切れない、税金の約半分は老人のために使われてるんだよ!
と声高に言いたい。

これを見ると企業年金(退職金の年金払い)って、業績に影響してるけど企業は頑張ってる、と思う。

振り返って個人について考えると、年金ってもらうことは難しそうだなと改めて思う。 

リタイアする時に散々考えてきた持続可能性だけど、自分は大丈夫でも社会と世界が壊れそうだな。

介護保険で補助すると介護の労力を省力化できる保護義務のある人の生産性が通常の人よりも向上するとか、まやかしの様なことが起きないとジリ貧だ。

死ぬ権利を考える時期に来ているのではないだろうか。

私は健康寿命が尽きたら土にかえってもいいのではないかと思っている。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほんと老人のために崩壊に向かってますね、この国は。
医療費なんて老人は半額負担くらいしてもいいのに。
でもできないんですよね、最大の票田ですからね、政治は老人に逆らえない。だから老人もやりたい放題。
詰んでますな。

Re: No title

> ほんと老人のために崩壊に向かってますね、この国は。
> 医療費なんて老人は半額負担くらいしてもいいのに。
> でもできないんですよね、最大の票田ですからね、政治は老人に逆らえない。だから老人もやりたい放題。
> 詰んでますな。

詰んでしまうのは困るんですけど・・・

自力で何ともならない世界も自分のいる世界であると考えて行動しないと自分も詰んでしまいますからね。
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター