他人に噛みつくイタイ人が多いな、心が病んでるのかな。

(追記: 最近、ある方のブログにこちらの記事のURLをリンクしましたが、そのコメントよりも以前に書いた記事です。)

最近、周回するブログを増やそうかなと見て回ってるんだけど感じるものがある・・・心が病んでるのかな、と。

心が疲れたからだったり、うつになったり、雇われて働くのがイヤになったり、人付き合いが嫌だからとか、セミリタイア・アーリーリタイアをしたいと思ってブログを書き、ブログ村に登録している人の半数以上がこのカテゴリに属するような気がする。 ブログを読んでるだけの人はもっと比率が高いのかもしれない。

私はプレイングマネージャをしていて疲れた時に何故働いているのかを冷静に考えて、ブログに書く前から辞めるか続けるならどのように続けるかを検討していた。 そして今は無職(アーリーリタイア)という形に落ち着いた。

以前、今まで見てきた「うつ」な人達というのを書いたことがあるが、この中の他者攻撃性の部分に該当するのかもしれない他のブログを書いている人の行動や特徴を罵倒する様なものがあるなぁと、探すモチベーションを下げてくれている。

インデックス投資を否定するのは馬鹿だとか、運用をしないのは馬鹿だとか、40歳や50歳ではアーリーリタイアじゃないと言う人達が居たり、テロの犠牲者を悼むということに過剰反応してブログ主などを罵倒してみたり、もう少し心を育てた方が幸せな時間を過ごせると思う。

少なくとも私の友人たちからすると定年前にリタイアすることがアーリーリタイアです。

私自身、他人に対して毒を吐いていることも多いが、その対象は公人や公的機関、政党、公共公益に資するもの、世間一般を商売相手にしている人(作家・評論家など)、社会に養ってもらっている者、会社として主義主張を行うメディアなどだ。


多くのブログは、個人が個人として感じたことを発信しているモノが多いと思います。
晩御飯何食べたとか、株や為替で儲かった損したとか、ニュースに思うこととか、投資法とか、人生観とか、資産目標への道程とか。

自分と行動や行動指針が異なる人を批判して、自分は正しいと安心したいのでしょうか。

心が病んでるなぁ

資産運用がうまく行かなくて、他人に噛みついてフラストレーションを解消してるつもりになっているのかもしれません。 将来についてシミュレーションをしても想定シナリオが出せずに老後の金銭不安を募らせたり、介護不安など色々なストレスから他人を攻撃したいだけなのかもしれません。自分の考え方が唯一正しいと言いたいのかもしれません。
自分の周囲に受け入れられなくて、そのはけ口として周囲以外に対して自己主張をしたつもりになってるのかもしれません。
結局、更にフラストレーションを貯めてしまうことでしょう。

たまに本当にオカシイ人もいるので、その破滅的な行動・思想は止めた方がいいよと言いたくなるものもありますけど・・・
そう言う人は多分何を言っても分からないですから、人にモノを教えようとしてみたり、自分の選択を自分自身で勝ち取ることが難しい子供とかに迷惑かけないであげて欲しいなと祈るくらいしかできないです。

私はイカレタ人にリアルで接点があれば、論破し罵倒し行動を改めさせます。見ててやるから死ねと言ったこともあります。
延命治療を行わない選択も2回していますから、清廉な人から見れば2人殺した、他人に噛みつくよりも酷いことをしてるじゃないかとも言えるかもしれないけど。

私は、考えない人や無責任な人は嫌いです。馬鹿も嫌いです。礼節を重んじない輩も嫌いです。

考え方や意見に対する否定は個人の意見や個人の考え方ではなく、「独立したひとつの意見」「ひとつの考え方」として個人(Your)からは離してあるひとつ(The)として考え扱うのがよろしいかと。

もう少し心を育てた方が幸せな時間を過ごせると思う。


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター