馬鹿の自己満足 ⇒ 世界が驚いたニッポン スゴーイデスネ!! 視察団

驚いているのは、爆笑問題や出演者・制作者であって、海外から視察に来た人達ではない。

日本人スゴイですねと外国人に見せて日本人が喜んでいるのはある意味滑稽である。

日本人が主として食しているものであっても、他の国の消費者の嗜好は異なる。

海外の人が日本の伝統的な製法を知ることや他の製法を知ることは得ることもあるであろう、しかし、欧米でそれをそのまま行うことは無い。

日本から紹介されて海外で発展・変遷して受け入れられているもの(食)は、文化的な分岐と多様性のひとつなのである。

適正な利益の出る価格と品質と市場評価(売上)のバランスが取れるかどうか、売れないものを作っても商売にならないのである。
企業の目的は存続し続けることであって、趣味ではない。

日本のモノのままでは、商売が成り立たないものを日本の伝統的な製法などで作っても売れないのである。
欧米で商売が成立するレベルに売れるものを効率的に作ることは全く別なのである。そして得てして目的に対して非効率である。

上等の品質で手間暇かけて日本人に受け入れられる日本人の喜ぶものを作ったら、海外で受け入れられると考えるのは傲慢である。

日本の伝統的な作り方は優れていると考えるのも傲慢である。それは日本の市場に受け入れられている形のひとつでしかない。

私は職人そのものは尊敬をしている、素晴らしい技術を持っている人達が実際に居ることを否定はしないが、番組を作っている人達のレベルが低すぎる。

そのレベルに低い人達が、海外の人だからと相手を下に見ているから、本質を見誤る。

能力の限界を超えているのか、理解するのも無理なのだろう。

和風総本家をパクリたかったのだろうけど、本質を捉えられていない。 

食べ物は嗜好と文化で成立している、道具は同じ使い方、良く似た目的については優れたものは優れており、国境をまたいで受け入れられる。 

解決方法は簡単なのである。単純に日本を礼賛するのではなく・・・
  • 食材として、商品性のどこが日本のものと違うのか?を明確にする。
  • 製法として、どこか自分達の中に受け入れたら効果がありそうな部分はあるか?を確認する。
  • 伝統的な製法が正しい前提ではなく、お互いに価値を共有できたかを確認する。(日本人には無理だろうけど)
  • 効率を踏まえて受け入れたら価値があるかを検討した結果(帰国して検討した結果)までカバーする。
おバカな人達は、こんな戯言を目にすることもないのだろうが、この無料のコンサルティングに気付けば・・・もっと相手に敬意をもった魅力のある番組を作れるようになることだろう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この番組、初めのころは面白かったけど
長く続ける番組じゃないと思うんですよね。

嫌味なだけだから。

俺Tuee、って言っている厨二の方々の番組になっているような気がします。

Re: No title

いろいろでセカンドライフさん、おっしゃる通りですね。

和風総本家を楽しんで見ているのが良さそうですね。
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター