DAXを買う検討をしてきたが、被扶養者にとって効果的な方法がないことが概ね確定


何故DAXなのか?

ドイツ株価指数であるDAXは、9000~12000をBOX推移しています。 VWやドイチェ銀行などの問題が終息すると、ドイツ最強になる可能性が高いと読んでいます。


外国株式INDEXへの投資をしての感想

2015年1月に外国株式INDEXの投信を買いましたけど、4月にDAXが30%上げてもDOWは3%程度で為替も乗って結局7%の上昇という程度でした。MSCI Kokusaiなどは50%程度が米国株式ですから、アメリカが元気な時はいいですが、他の国が元気でもあまり上昇しないんです。DAXが安いしと思ってそこにも投資している商品を選んだだけなのですけど、事実は30%のDAXの上昇は色々平たくすると7%に丸まってしまうということです。そもそも4%くらいしかMSCI KokusaiにはDAX関連を含んでないのです。そして7%なんて為替と大差ありません。




クリック365でDAXやDOWなどを買えるようになった、さてその中身は?

商品としては先物だったのです。まぁFXとか先物やってる会社だから当然なのでしょう。

為替ヘッジされた商品で概ね実際の指数通りの数字で売買ができます。これが投資信託だったら言うことなしの商品でした。

為替変動を考慮せずに指数の変動のみに投資できるという点ではそれなりに良い商品性だと思います。税制上は特定口座の対象外となりますので、その辺りの課税関係で不都合のない人にとっては有用です。サラリーマン向けとでもいえるのかもしれません。

米国DOW ドイツDAX 英国FTSEが2016年7月現在の取り扱いのようです。

しかし、サラリーマンなど主たる収入から源泉徴収される形以外では、先物は得策ではありません。

理由は、先物は特定口座ではないことです。


税金面での考慮点

個人事業主や自営業者、アーリーリタイアの場合には、特定口座という賜りものが非常に重要です。申告分離課税の利益を特定口座で行う場合と比較して、実際には前述のカテゴリに属する人たちは確定申告などを行う必要があるので、手続き上の工数としての軽減はほとんどありませんが、実態としての課税関係では異なってきます。

特定口座の場合には、医療関連の課税関係が異なってきます。
20.315%の税金には所得税と住民税があり、住民税を納めているという点では地域サービスを無料で利用している訳ではありませんが、医療関係については軽減・減免などの適用対象もしくは負担額の所得割部分に影響があります。
ざっくり20%の所得住民税に加えて10%の国民健康保険関係の負担増となります。そして扶養などの関係もなくなります。
扶養でなくなると各種均等割や世帯割などの負担だけでなく配偶者の扶養控除もなくなり、100万程度の利益なら魅力がありません。医療費控除などを考慮しても世帯合算ができません。

なお、配偶者が会社員で所得があり社保に入っている場合でも、健康保険の所得割に影響する世帯の合計所得は正しくは「同一世帯内で国民健康保険に加入している人の所得合計」なので、配偶者の所得は合計所得への算入は不要です。

今のところは良い商品は無いと言うのが、私の立場からの観点でした。
法は濫用すべきではないとも思ってますが、20%負担してる&健保の任意継続で現役時以上の個人負担額を払っている身としては応分の負担はしてるということにしておきます。



将来リスクなど
まぁ、そのうちマイナンバーで捕捉されて課税関係も変わってくるのでしょう。
特定口座を廃止した場合の試算などは見たことはありませんが、先物などで実現されているものと同じ課税関係にするだけですと言われて文句を言うのは証券会社などでしょうか。個人的には文句言いたくなるような気もしますがw

配偶者のお小遣い稼ぎとか含めて夫婦ともにリタイアしてなかったら、特定口座以外で利益を出すのは危険極まりないという前提を覚えておくとことにします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昔は、FXなどの先物で稼ぐ、という幻想を抱いたこともありましたけど
今は、NISAと特定口座以外では、稼ぐ気が失せてしまいました。
税金払うために稼いでいるようなものでしたから^^

そのうち、特定口座などの優遇措置が無くなったら、また考えるかもしれませんけど。

Re: No title

給与所得や社会保険などの福利厚生がある世界にいる時は、儲ければプラス!っていう感覚だったのですけど、
そういう後ろ盾というか下支えのない状態になると切り捨てていた情報にも目を向けざるを得ず、色々実態が見えてくるものですね。

優遇措置の廃止という点では特定口座の廃止というのは一番簡単な医療保険税負担を上げる方法ですから、私が財務省ならマイナンバーで資産を取引利益が把握できるようになったら即廃止しようとするでしょうw
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター