2016年10月末までの資産推移 

資産推移20161031

資産は退職時から30%以上増え現状と同等の生活をかなりの期間できるだけの資産になった。
以前みたいに商品分類別に分析するほどの種類と銘柄・商品も持っていないので順調だなという程度になる。

どのくらい生活できるのかなぁというのを考えると・・・

インフレ率1.5%ならば老齢基礎年金および厚生年金なしで、25年(72歳)は今の生活レベルのまま生活できる。

フラットならば30年(77歳)、デフレだったら・・・考える必要もなし。

年金なしでも85歳以上まで生活できるところまでは、まだまだ遠い感じだ。
85歳以上、そんなに生き続けたいとも思わない部分もあるけど生きちゃったのに貧乏で困窮するのはイヤだw

では来年も同じような勢い・利益率で運用ができるのだろうか。 


今の株価、為替はどうも中途半端な感じが否めない、そして上がっても上値は倍とかはないのではないか?、というわけで積極運用からは少しお休みしようか・・・

目標(不動産は除く)の資産総額にはまだ距離があるので、個別株で1000万位だけ運用してあとはキャッシュにするかなぁ。

友人から声が掛かった仕事をするかも考え中、そもそも採用されるか分からないけどw 待遇はプロを雇うには安いからボランティアみたいなものだし、まぁ、まだまだ先の話でもあるし、のんびり決算短信などを読もうと読み始めると・・・昨日上がったのに売り抜けなかった株があり、失敗だったというのが今朝の分析結果(いきなりネガティブw 50%の利益で我慢すべきだったなw)


良いなと思う会社が見つからないのが悪いんだーw
ふぅw


日銀の政策決定会合は現状維持が採択された。

金利リスクについて少し考えたけど分からないw

前回の10年物国債の金利0パーセントを誘導目標にするという件は、IRRBBなどの観点からも金利リスクを下げる効果はあるのだろうとも思うし、日銀当座預金残高の積み上がりなどから見ても資金需要とのバランスは取れていないのだろうから、妥当な方策なのかもしれない。 

なぜ「かも」なのかは、一部マイナス金利やこのゼロ誘導は、貸出金利や国債に影響すると思うのだが・・・長期プライムレートも短期プライムレートも変動していないと言うのは何なのか?という疑問があるためだったりする。
そこから金利リスクに影響するはずなのに・・・

貸し手は、利益を確保したままでやってるんだよね・・・銀行は儲かってる?
資金需要は産業の動向によるものだと思うし、日銀は頑張ってるとは思う。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター