トランプ、Brexit、色んな儲け方を検討して組織化しちゃうんだなぁとか雑感

たまに見ている金融関連の金融の未来を考えるブログで取り扱われていたリスク誌のseeks to make money from flash crashes and panicked sell-offs in financial markets.というフラッシュクラッシュファンドに関する記事。 ふむふむ、そういう儲け方を組織化してしまうのか、と参考になった。 新しい言葉っぽいのかな。

Brexitの際の日本市場の上下動は、英国やEUという直接当事国や米国よりも激しい動きになった。
トランプ大統領になる?と言うのも日本が最初に直撃するかもしれない、その時の極大化する振れ幅は確かに色々な人が刈られてしまうのだろう。
為替、株価など色んなものが対象になるのだろう。
USでやるよりも日本でやった方が振れ幅は大きそうなのだが・・・為替も絡むから難しいのかなぁ。

あとは・・・スワップ取引とかCCPとかデリバティブ関連などの情報と知識も少し更新できた。
為替ヘッジとかコストが上がりそうだなぁと言うのが雑感。 ちなみに仕事で必要だったこともあって本当の素人よりは知識はあるかなぁ。そういえば、どこかで為替ヘッジ絡みの記事を見たけど素人さんがあんまり深入りした記事は書かない方がいいのにというのも雑感w デリバティブのコストってOTCが減ってることや規制コストとか内部コストがあるので単純じゃないんですよ。
マイナス金利対応なんて2013年にはやってたし・・・

印象的にはトランプリスクは無しまでは行ってないように思うし・・・

個人的にできることは、キャッシュ増やしてのんびり静観かw

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私のような完全な素人にはとても手が出ないですね。

ccpとかotc、デリバティブなどは、以前書かれていたバーゼルⅢなどにもつながるんですね。

私は、首をすくめて、嵐が過ぎるのを待っています。
目前の嵐は、いよいよあす投票ですかね

Re: No title

いろいろでセカンドライフさん、

規制対応やそのコスト影響など本当に難しく理解しきれませんでした。参考にしているブログはデリバティブに関しては実務者の観点からの分析や意見やキーポイント解説なので参考にしていましたが、私も妄想レベルの理解度ですw

しかし、毎年色々とイベントありますね。
今年は2月の原油安、6月にBrexit、そしてトランプリスクですからねw

フラッシュ・クラッシュ・ファンドの考え方もお小遣い程度を稼ぐのに突っ込むのはありかなぁと思い始めてます。
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター