私の英語が通じない米国人と通じる米国人の違いに関する主観

私の英語の通じる米国人と通じない米国人が居る。 欧州の人には大体通じる、先日も電車でオランダ人夫婦が上野に行きたいんだけどこの電車でいいの?と年配の人に聞いて困ってたから手助けしてみたりしたけど通じるんだよねw 欧州の人にはw

米国人に通じないのは、英語を一般教養レベル以外で勉強したことも無いので文法とかいい加減だからなのかなw なんて思っていた。しかし、通じない米国人は、役職などはあんまり関係なく、仕事の体裁だけを維持してる人(男女問わず)は通じないことが多かった。
理解しようとしないのだろう。
「日本人との付き合いが少ない、なんて言うことはないw」

話の通じる米国人は、優秀なプログラム・マネージャとかが多かった。
全部を話さなくてもある程度話が進めばお互いに理解してゴール設定してタスク設定して期限切って終わった。

結局、相手が意思疎通をする気があれば英語なんて通じるようになって行きますw

小学生の頃は、成績など気にしたこともなく、宿題なんてやる気もなく、毎日遊んでいた。
中学になり、英語なんてものが加わったり、定期テストの成績順位が貼り出されたりするようになって、勉強も少し意識するようになった。

中学までの英語って適当に覚えれば点数は取れるし、ほとんど気にしたことも無かったが、2年の時に英検4級を受けて落ちた。
テストの仕方が全然違うぞ! というのがその時の印象だった。

試験内容(ヒアリングがあるとかリーディングがあるとかw)を教えてもらって3年の時に英検3級を受けて合格した。

なんか高校に行ったら、英語、難しいと思った。
大学行ったら、もっと難しいと思った。

英語をやる気が少し落ちて来たところに、その当時やっていたバイトで英語のマニュアルが主たるものだったことと、卒論で使っていた解析ソフトが英語圏のものでマニュアルが全部英語、メニューも全部英語で説明してくれる人は日本語の流暢なインド人だったので、仕方なく読まざるを得なかった。

そしてTOEICってなんですか?状態でTOEICを受けてみたら300点台www 

ダメでもいいから使うこと。言葉ですからね。

TOEICの点数も600超えて700超えて・・・ TOEICの点数用の勉強というのをしたことはないけどそんなくらいにはなった。

そして、最初に仕事をしていたフランス人と2年後にあったら、
「お前どうしたんだ!英語を話せるようになってるじゃないか!」って言われ
「悪かったな。英語、勉強しなかったからなw」 と笑い話になりました。

この文書をドラフト保存して、とらさんちを覗いたら、同じような話題が・・・ たぶん流行に乗ったのだろうw

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ




後日談を追記しておこう。



私の英語の通じなかったアメリカ人はその数か月後にはクビになりました。元々買収された会社の人で同様のエクゼクティブは自分から辞めるケースが多いけどこの人はクビでした、能力的にはイマイチだと思っていたので当然の結果です。給料も無駄に高かったし。

私の英語の通じたアメリカ人はまだまだ働いているようです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター