2040年アラブとロシアと発展途上国の悲劇(妄想かもw)

ガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する  EVへのシフト

どこぞの記事の抜粋:
英政府は、2040年からガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針。大気汚染対策の一環で、電気自動車(EV)への完全移行を目指す。現地有力紙などが報じた。

フランス政府も先に、40年までにガソリン車とディーゼル車の販売終了を目指す方針を発表している。

英紙タイムズによると、英政府はモーターとガソリンあるいはディーゼルエンジンを組み合わせたハイブリッド車(HV)の販売も40年までに終了する方針。


イギリスやフランスが2040年には内燃機関をもつ自動車の販売を禁止するようなことを言っていると考えられているが、本当にそんなことを考えているのだと思うのか?

目的と手段を履き違える素晴らしき具体例となることだろう

目的:地球温暖化による気候変動や環境からの人的影響の排除
手段:COxの排出削減など




化石燃料を燃焼させることによる二酸化炭素の排出などを含めたエネルギー循環の見直しによる地球温暖化防止である。

電気を作るのに石炭火力発電と石油火力発電や天然ガス火力発電などを進めたとしても状況は悪化方向にしかならないので、全てのクルマをEVにしたとしてその電力を石炭を燃やして作れば世界は大きく変わらない。より多くの化石燃料と電力設備が必要になるだけだ。

EVは端末であって何も変わらない。変える原動力になりえない。太陽光は夜発電しないし、地球の裏から送電すればエネルギーロスで実効性もないし、もし供給されてもその国からエネルギーを断たれたら自国が破滅するとか頼るはずもなし。

バイオエタノールや太陽光水素生成や電気分解による水素生成なども研究されている中で化石燃料を使わない形でCO2排出削減や熱発生の抑制などに寄与できればいいのであって、EVを走らせることは目的でもなんでもなく化石燃料を燃やさないという手段の一部でしかない。

内燃機関を持っていてもバイオエタノールで走ればカーボン的にはプラスマイナスゼロに近づく。石炭をモクモク焚いて電気作ってEVを走らせるのとどっちが環境負荷が小さいか子供でも分かるレベルの話。



アラブの国々とロシアや発展途上国などの産油国(天然ガス含む)の今後

無から有を産み出すがごとく掘ると出てきた石油によって経済や政権が運営されている場合にどのような影響があるのか、ベネズエラやロシアなどの赤字の状況を見ると分かると思うが、アラブのオイルマネー含めて石油を燃やさない使い方を考えなくてはならなくなるだろう。繊維は作るけど燃える部分は要らない部分になるとかも想定する必要がある。

エネルギーとして使えるけれども、価格が維持できないということを考えると発展途上のフロンティアなどでは活用される可能性はある。安くて確立された確実な仕組みがあるわけだから技術的進化も不要である。

しかし、原油市場が広がらないとすれば、将来的にはこれらの国が政情不安になることになる。

売るものが無い、人は居る。権力はオイルに集中している、最悪シナリオだ。 

ロシアとか太陽もないから太陽光発電とか切り替えも出来ません。

2040年に化石燃料をベースにした内燃機関をもつ設備や車などが抑制される形へシフトすると危ない香りがプンプンする。


個人的には、太陽(発電)と水素ステーション兼発電装置(蓄電・蓄エネルギー)と水(農産・畜産可能)のあるところで普遍的または価値変動に強い資産を抱えてのんびりと過ごしたいものである。水なら日本が一番良さそうだなぁ。後は資産タイプの検討が重要だな。
と言う訳で水素押し60銘柄ほどのんびりと調査中・・・

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ロシアの場合、原油価格が80ドルとも100ドルともいわれていますね、期待している価格が。現在、ちょっとだけ戻ってはいますが50ドル程度。破綻待ったなしといった意見もあったり。

アラブはともかく、ロシアはダメかもと思っています。軍事力UPや、他国への軍事介入とか、それじゃ、経済は回らないだろうにと。

Re: No title

煙々さん、

個人的には次世代エネルギーインフラとして太陽光水素生成や発電・水素化など水素関連技術が発展することを望んでいます。
石油系の資源国は、短期的には国債発行して逃げることが出来る期間もあるでしょうけど、構造的に限界が来る可能性というのを意識しておく必要があるかなと思っています。

ロシアは、すでに厳しそうですよね。

No title

化石燃料消費し続ければ、化石燃料蓄積開始当時の地球環境に近ずくんでしょうね。
おお、爆発的に生命層が均一化して植物の大繁栄があるかも。
人はダメだけど。

化石燃料依存の地域、
近い将来、大変革は必ず起こるので、その地域は
強力な中央集権化と少子化が必要ですね(高齢化は、オイルマネーで乗り切れ!)。
でも、宗教的にも民族的にも少子化も中央集権化も困難(中世以前の部族で成り立つ社会ですし)な地域が多いから、どうしようもないですね。

60銘柄うんぬん、は隠しワードですか??

Re: No title

いろいろでセカンドライフさん、

今の原油価格でもベネズエラやロシアやシェールガスの一部では採算割れですからね、需要が細れば結果は火を見るよりも明らかかと。将来、生産活動など全部が自動化されて人間は生きるのが仕事?みたいになったら別でしょうけど。

> 60銘柄うんぬん、は隠しワードですか??

記事を書き始めた頃からじりじりと60銘柄のチェックをやっても結構時間が掛かって表ができあがらなくて・・・
弱気の表れですw
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター