年金の報酬比例部分の支給開始年齢の引き上げと定額部分の支給開始年齢の引き上げ

支給開始年齢の変化について考える

75歳などもっと後ろ倒しした支給開始年齢の提言などの話があったので再度検討。

老齢基礎年金の支給開始年齢が65歳というのは良く知られていると思います。これは定額部分で報酬比例部分はまだ変化の途上です。
  • 報酬比例部分
年金額が厚生年金保険加入期間中の報酬及び加入期間に基づいて計算される部分です。
(65歳から支給される老齢厚生年金は、報酬比例部分と同様に計算されます。)
  • 定額部分
年金額が厚生年金保険の加入期間に基づいて計算される部分です。
「生年月日による単価×加入月数×物価スライド率」で計算されます。

詳細は、http://www.nenkin.go.jp/yougo/kagyo/kounen-kaishi.files/kaishi.pdf まで。


比例報酬部分と定額部分は別です




報酬比例部分(厚生年金部分)も65歳だと誤認している人もいるかもしれません。男性で昭和36年4月2日以後生まれだと正しい理解でざっくり今56歳の男性は65歳からです。女性なら昭和41年4月2日以後生まれなら65歳からです。

具体的には・・・




昭和 33年4 月2日~昭和 35年4月1日に生まれた 女性 61歳から報酬比例部分を受け取ることが出来るとなっています。

昭和33年生まれの女性は59歳なので、あと2年は厚生年金部分の年金はもらえません。
男性はもっともらえないけど。

昭和 39年4月2日~昭和 41年4月1日に生まれた  女性  は、64歳 から年金の報酬比例部分を受け取ることが出来るとなっています。

段階的に支払い時期が遅れて行き、昭和 41年4月2日以後に生まれた女性は65歳からの支給になります。



支給開始年齢の変化の影響を受ける人はどのくらいの猶予があったのか?





平成6年に定額報酬部分の改訂が行われて、平成13年から12年かけて段階的に遅らせた。
減額対象となる人達は、7年猶予期間の法制施行だった。
平成12年に報酬比例部分の改訂が行われて、平成25年度から男性、平成30年度から女性に12年かけて段階的に遅らせる。
減額対象となる人達は、9年猶予期間の法制施行だった。

同様に7年後に支給を遅らせるとなると、段階的にするにしても現状53歳くらいの人が対象になる大きなリスクを抱えるラインになると考えるのが妥当なのだろう。2017年に48歳の私から見ると後5年法改正されないと支給が遅れるリスクは低くなると考えて良さそうだ。

支給開始年齢をいじるのは難しいからマイナンバーで資産把握して支給減額のリスクの方が高そうだ。 タンス預金最強か、それとも投資で増やしてそれを上回る利益を狙うか・・・



にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は支給開始年齢の引き上げに関しては、よほどのことが無い限り引っかからないですね。
また、繰下げ支給時の増額率も多分、変更ないんじゃないかと思っています。

ただし、マクロ経済スライドに関する細部の変更はあり得るかもしれない。どうなるんでしょうね。

Re: No title

いろいろでセカンドライフさん、

どうなるんでしょうね。
税金も限界ありますしね・・・ 

社会保障で全てを賄うべきと思ってる人達が敵なのかも?と過激思想になりつつあります。
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター