ESG指数って、結局流動性だよね

GPIFの昨年の発表資料です、何となくそれらしいように書いてあります。


https://www.gpif.go.jp/operation/pdf/esg_selection.pdf
平成 29 年 7 月 3 日
ESG指数を選定しました
GPIFは日本株の3つのESG指数を選定し、同指数に連動したパッシブ運用を開始しました。環境(E、Environment)・社会(S、Social)・ガバナンス(G、Governance)の要素に配慮した投資は、期間が長期にわたるほどリスク調整後のリターンを改善する効果が期待されます。
ESG指数の選定にあたっては①ESG評価の高い銘柄を選別する「ポジティブ・スクリーニング」②公開情報をもとに企業のESGを評価し、その評価手法や評価結果も開示③ESG評価会社及び指数会社のガバナンス体制・利益相反管理――の3点を重視しました。

<GPIF 3つの選定指数>
環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)のESG全般を考慮に入れた「総合型」指数2つと、社会(S)のうち女性活躍に着目した「テーマ型」指数1つを選定しました。

FTSE Blossom Japan Index 
MSCI ジャパン ESG セレクト・リーダーズ指数 
MSCI 日本株女性活躍指数


上にある指標のコンセプトとしては

環境、社会、ガバナンス(ESG)について優れた対応を実践している日本企業のパフォーマンスを測定するために設計されています。インデックスは、業種の比率が日本の株式市場と同等になるように構築され、銘柄の組み入れは国連の持続可能な開発目標(SDGs)を含む既存の国際基準を基に作成されたルールに基づきます。

「環境、社会、ガバナンスの実践に関する明確かつ透明性の高い基準を満たしている企業を組み入れる」と掲げて ガバナンス という項目がある中で、不正をした会社、法令違反をした会社が2018年の構成銘柄でも選ばれています。
「フ」というマークだった会社は入ってないです、過去に出入りした肌感覚でいうと真面目な人達がすごく多い会社です。印象的には不正したとしてもコッチは選んでよかったのでは?と思います。

指数の大きな問題点としては、掲げた目的とその評価軸の外側に「流動性」というスクリーニングルールが含まれてしまうことだと思っています。

流動性
取引可能性を確保するために、構成銘柄の全てに流動性スクリーニングがかけられています。

と明記されています。

上場企業には、10万人以上のグループ社員を抱える会社もありますし、10人程度の会社もあります。人数基準はありません。

ガバナンスの重要な要素である様々な管理レベルを上げることを考える時、仕組みが必要なの?という基本的なことが重要です。
  1. 見える範囲だから人手で良くてシステムなんて不要でルールの明確化だけで充分なレベル。
  2. 見える範囲に限界があるから皆の分かるルール・コミュニケーションを徹底することが必要なレベル。
  3. 見えないから厳格にシステム的な制約を掛ける必要があるレベル。
なんでも仕組みが重要ではない。仕組みだけ作っても何となくやってるだけになるケースも多く、文書化して満足してしまうケースも多々あります。法令も文書化してルール化して1回やったらうまく行ってるとかある。

100%のカバーなんてできないから主たる~という基準でスクリーニングしてガナバンス改善!なんていうこともあります。
そしてカバーしなかったことから不正をやったり手を抜いたり。

社会貢献(SOCIAL)っていうのだって、小さい会社で街の祭りに寄付したり、周辺掃除したりなどあります。回覧板に広告を出してるところなんて売上の上昇を期待して出してると思いません。

環境(ENVIRONMENT)っていうのだって、小さくとも植林してる会社やISO14000取得してる会社・組織などもあります。 企業体力で出来ることは違うでしょう、幾ら以上使ってるというスクリーニングにも無理があります。もしかすると大きな会社の方が比率だけで見れば無に等しいかもしれません。



ESG投資って、本当に機能してると思いますか?

ESGを意識させることは出来るかもしれませんし、スチュワードシップ・コードとしてその手の期待値を要求することも重要でしょう。しかし、指数化されたパッケージを買うということは、個別の努力に関して「流動性や企業規模」というスクリーニング基準を満たさない企業にはそのインセンティブは発生しないということになってしまいます。機関投資家に期待されるスチュワードシップ・コードの本来の目的からも外れていくと私は考えています。 企業の評価レポートがあるモノ・無いモノがあるように全てを網羅することは大変なのかもしれませんが、それが仕事です。手抜きの分析にESGを期待する指数を任せるというのは滑稽に思います。

スチュワードシップ・コード(Stewardship Code , wikipediaより)とは、コーポレートガバナンスの向上を目的とした機関投資家の行動規範である。機関投資家の支配力を活かしたソフトローの一種であり、企業経営の収益力を向上させたり、企業不正を監視したりもする。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター