耐えられる資産評価差額とリスク許容の変化



過去最大の資産評価差額はいつか?

ある程度長く運用している大概の人の過去最大の評価損はリーマンショックの2008年~2009年あたりだと思う。

その頃のウチの運用資産は日本株と外国株であった。(現金等は別)

リーマンショックの時点では、日本株は3倍まで増やしたのが元金程度に戻り、外国株は10年以上の積立を行って株価は2.5倍になっていたにも拘わらずその前にもっと上がっていたために簿価単価でトントンになっていた。

当然ながら評価益はゼロw

しかし起点を変えて数ヶ月前の最高評価額時点から見ると・・・

運用資産は約半分になっていた。

悲しいくらいに減ったと言ってもいいようにも思う。

最高評価益との差額は2000万円弱

収入もあったし、定期的に勝手に積み立てる状態だったから塩漬けみたいなものとは言えども

12年間も積み立てや運用をして利益ゼロの瞬間って振り返ってみると悲しい事実。

そんなもの運用をしてればあることだ!と言い切れない。
言い切れる人は病院へ行くことを強く勧めるwww


その後の運用での評価額の最大差異を見てみると・・・

リーマンショックの際も含めて毎年キャッシュはそこそこ貯めてきたし、積み続けてきた外国株が数年かけて戻したこともあり、単年度で2,000万円というような差異にはならない。

リタイア後は資産推移で何度出しているグラフの通り2年半の間に30%程度の金融資産が増えている訳で、金額幅と言う観点ではリーマンショック時点よりも大きい。

評価額差異の最大値、去年は?今年は?
2014年の資産評価額の最大値と最小値を比較すると・・・黒田バズーカ第2弾で米ドルの変動
1,500万円・・・ 

2015年の資産評価額の最大値と最小値を比較すると・・・8月の中国元切り下げとかの影響
1,000万円・・・ 

2016年の資産評価額の最大値と最小値を比較すると・・・年初からの産油国売り越し・原油安
2,000万円・・・ 

リスク資産を減らしているにもかかわらず、2016年はリーマンショックの頃と変わらない金額規模で評価益の差がでてるじゃないかー!
実際には2月が最小で10月が最大だからトランプラリーに関係ないウチの資産は現在少し減っているだけだけど (ぼそっw

増える時は気持ちいい、しかし、それでも年間に2000万の上下動はリタイアしたものとしては大きすぎるのではないか。
具体的に幾らとか何%とか決めたリスク許容を持っていない自分にとって疑問に感じる程度のリスク許容度との差異になっているともいえる。

個人の運用成績を見る上では自分が積んだ費用や指数・基準額とのズレを見るのが分かりやすいとは思うのだが・・・

資産を基に生きていく中では、評価額が「正」であって、「いくら突っ込んだか?」や「指数なみ」ではないように思う。

野村総研の出していたレポートの金融資産額での分布分析でも金融資産という形だったわけだから評価額で投資元本ではない、資産を増やす努力をするフェーズと資産を基に生活するフェーズでは基準は変わる。



リスク許容をどう定義するか

資産が減って行く時は、感情的に凹んで耐えるのみになる、いくらなら減っても平気かを考えると最大評価額から1,500万円くらいか・・・。個別の株や商品は別な基準が必要だろうな。20%とかかなぁ。


増えていく資産を考える場合、リスクにさらしている資産評価額は増えていく、しかし増やすことも目的である。株や商品に対する自分の想定評価額(40%以上とか)を超えた持ち分を半分売って様子を見る。


とかなのかなぁ。 

出口戦略とか色々あると思うけど、運用で増えているゆえの悩みというところか。

出口戦略と言えば、トランプHIA構想とECBの緩和縮小計画が日銀QQE&金利目標とタイミングを合わせて実行されるのか?とかも気になる。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

新興国債券系を売却した、NISAも使ってない。。。

米国債の金利上昇で価格下落しているようで、プラス圏からトントンに落ちてきた。
新興国、通貨防衛に動く トランプ効果で資金流出  トルコやメキシコ利上げ

この先の米国金利上昇または維持でも特にプラスにならないように思う。
というわけで新興国債券商品を売却した。

税引き後の利益率は5%くらいか。2年近く持ってたから年率なら2.5%ってとこか。

今年は持ってた商品を売ってきたから、SBIの投信残高も600万くらいになっちゃったな。
投信合計残高が1000万まで行かないとポイント優遇もされないし微妙だな。

そして個別株含めて、来年の仕込みが無くなってきた今日この頃、
NISAの今年分120万も使っていないし、その分くらいはどこか買い物でもするか。

持ち株をNISAに買値で移管とか出来るようにしてくれたら、移管するのになぁ。そうすれば税金が100万くらいは減るのにw

残念だ。 

税金減るし面倒だからそんなことはしてくれないだろうなぁ・・・ 
損益通算できないんだからそのくらいいいじゃないかーw

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

日本ライフラインを幾らで売ろうかの検討

ある会社の決算を見て大きく上がると思えないのは天邪鬼なのだろうかと書いたが、
結局は値下がりした。

この会社「日本ライフライン」は、板も薄いのでちょっと売りが出ると上下動してしまうのだが、やはり上値は重かった。


下の図にある矢印は「アナリスト・機関投資家向け説明会」のあった時期である。
きっちり燃料投下をしてくれました。

日本ライフライン

5月末の説明会では5年後の売上と利益目標などが発表された。新製品を計画している領域は示されるなどそれなりにアグレッシブなものだったので、好感されて株価は上昇した。

今回11月の説明会には具体的な新製品とそのリリース時期が明らかにされたことで、前回の四半期決算で修正した半期売上計画が未達だったことからの今後の売上増の可能性を感じさせることができる内容となった。

さて、今後どこまでいくのか。

2021年3月期 連結売上高 578億円 営業利益率 18%(104億円)
個人的には将来的にその数字を達成して維持されるのであれば、自己株式を考慮してPER15倍程度なら5500円になると想定している。

説明会前日(11/14)の終値は4,985円で今は5700円を超えている、一時的な勢いで上がってしまうのはある意味ミスプライスだろう。 株式分割も計画されているので難しい時期ではあるが・・・

計画はあっても数字の裏付けがない状態で計画通りでPER15倍の株価5500円から大幅に上がって株価が維持できる理由が期待以外にない。

順調に伸びていってる企業だから5年先以降の期待値も含めて、2021年以降も売上と利益が伸びていくのであれば株価は当然上がるべきなので更に上乗せしてもいいだろうが、
現状の計画から行けば、17年3月期の計画値をベースにしてPER25倍で6200円くらい。現時点ではこれ以上は理由の欠片が見つからない。 5500円をベースにしても13%程度は高いから・・・

6200円でミスプライスだと現状では考える。(11月末で分割したら3100円)

今と将来計画くらいを考えて第3四半期決算が出る前(来年早々)に買い戻すくらいでも大丈夫なのかもしれない。
ミスプライスで更に跳ねる可能性はあり、全部売るのは心配だから半分か3分の1くらい売るだけにするかも・・・

そして払う税金が多くて嫌なのでw

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

ある会社の決算を見て大きく上がると思えないのは天邪鬼なのだろうか

ある会社の決算をまとめた文章です。

17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比2.6倍の34.1億円に急拡大し、通期計画の69.3億円に対する進捗率は5年平均の42.5%を上回る49.2%に達した。

 会社側が発表した上期実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益は前年同期比54.2%増の35.2億円に拡大する計算になる。

 同時に、11月30日割当の1→2の株式分割に伴い、期末一括配当を従来計画の35円→17.5円(前期は25円)に修正したが、実質配当は変わらない。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比2.6倍の17億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の9.3%→18.7%に急改善した。


確かに良さそうに見えますよね。堅実に進んでいるのは事実なのです。前年比(Year to Year)での比較では優秀なのは疑う余地もありません。
株価も4月と比較してざっくり4倍になっています。

この会社は取扱商品の入れ替えと内製品の商品化(内製化+入れ替え)によって利益率改善がされたのです。
売上は一時下がり、利益も下がりましたが、商品入れ替えが進み利益率が先に改善しました、その後売上も伸びて現在の株価形成に至りました。

私が楽観的になれないのは、四半期比(Quarter to Quarter)での伸びが0.7%という上記にはない数字からです。
見える数字としては、通期計画進捗率が過去5年平均よりも進んでしまっていることです。上記のQtoQの数字に加えてこれは決してPositiveなことではないです。季節特性などなく50%を大きく上回っているならば価値がありますが・・・

取り扱い商品入れ替えもまだ少しあるので売り上げの伸びが鈍化している商品セグメントもあるとは思います。しかし、この先を考えた時にどこまでの売上上昇ができるか、トップラインが伸びなければ利益率が高く優秀な収益モデルであっても成長はしません。

QtoQの伸びが2%くらいあったらよかったのですが、0.7%というのは年間伸び率で3%になります。売上3%の伸びでもマイナスな訳ではないので株価として下がる理由にはなりません。現状で妥当な線か若干安いと思っています。私の計算で3.3%ほど割安ですw

4-6月と7-9月の伸びが0.7%なので、10-12月が比率で成長率がさらに伸びるかどうか、期待して待ちたい気持ちもありますが、6500円とか付けたら売っちゃうかもしれませんw
11月15日に何か追加の事業計画ネタとか出てくると面白いとも思っていますが・・・

何度か資産推移でも触れてきた銘柄で、含み益は1,600万出ていますので充分儲けられていますし・・・

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

銘柄の気になる人は、下のアイコンをポチっとどうぞ。
ちょっと遊んでますけど・・・信じる人を騙しはしませんw 

おやすみなさい。
にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ

続きを読む

ハイイールド債券関連はどこまで好調なのだろうか

2014年12月に売却したハイイールド債関連なのだが、最近の状況から「債券バブルで危険なのではないか?」という話があるようだ。

個人的な行動としては2014年の12月売却については為替などを含めてタイミングとしてはアリだったし、正しかったのだろう。

その後の米国債とのスプレッドが拡大(債券価格は下落)して2016年2月までハイイールド債券関連商品の価格は下がっていたようだが、それが急速に持ち直しスプレッドは縮小している。 2016年2月は原油価格下落のピークでもある。

ちょこちょこお邪魔しているブログでも、この商品の好調が伝わってくる。

ではこの先はどうなるのか?
まぁ、わからないw 

・・・では面白くもなんともないので、

先週の気になる記事(Dance with Market)を引用すると「スプレッドが800ベーシスポイントに達するとその後は好調?」という実績がある様子。(記事(Dance with Market)の中盤に5年推移のグラフがありますのでそちら参照)

ただ、原油採掘(シェール)に影響を受けるところも多いので片側の実績だけ見て「おー!」と陽気に突っ込みに行ける状況だとは思っていないが参考にはなる。OPECも程々に原油価格上下動を誘発すると、ハイイールド債券価格上昇は長続きする可能性があるだろう。 すでに淘汰されて弱いところはもう飛んでいるから信用は上がってるのかもしれないし。

商品としては為替の影響をもろに受けるから為替変動+債券価格+(多くは)原油価格だから中々難しい商品ではあるから、数パーセントを抜く気ならば使い道はあるのかもしれない。5年推移のグラフを見て、これが再現されるならばかなり魅力的だとおもった。
その時のハイイールド債券はどこのセクターが発行していたのかなど状況が分かれば「ドン!」と行ってしまうのだが、情報が少し少ないのでまだ慎重なのだ。

個別銘柄でコレダ!と言うのが見つからないので・・・ちょっと逃避気味に別な商品を見たりすると時間をかけてしまうw

決算見渡すのは大変だなぁー。のんびりと見よう・・・ 

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター