FC2ブログ

運用は何時までするのか


死ぬまで運用とかしたくないよね?というか出来ないよね

では、いつ終えるのか。

いつ死ぬか分からないから・・・

資産を取り崩して85歳とかまで生きられれば充分だよね、そんなに長生きしたいとも思わないんだけど(ぼそっ

運用するなら・・・
  • 単一銘柄や簡単なもので取り崩して
  • 機械的に取り崩すことでルールからの逸脱を避ける。

しかし、運用し続けて、資産減少リスクを取らざるを得ないのか?

85歳になって死にたくないとか言ってないだろうなぁ。



元本保証で固定利率のモノがあれば理想的

死ぬまで運用なんていうことが必要だったら元本保証で固定利率のモノがあれば理想的だろう。預金金利が低いから現在の環境では銀行預金などの選択肢はない。

株式などのインデックス準拠の投資商品は期待リターンはプラスで増える!(過去実績)
それなら元本保証して上前跳ねた方が、投資する人は増えると思う。信託報酬 2%とか余裕で取れそう。
(言いたいことは複利5%なら2.5%抜いてもらっていいから長期運用の商品を作ってくれないかなってことw)

だけどその商品を提供する側は、借金して運用するようなものと同じかな。
儲かるんですよね? 期待リターンはプラスなんでしょ。

プラスなら保証してくれれば良いじゃないか!

この手のセールストークに矛盾を感じるのでしょうね。

そして、MSCI Kokusaiなどの実績を基に取り崩しもタイミングは関係なく必要な時に必要なだけということも言ってる人もいる。それって資産運用の積み上げる時の考え方で老後資金じゃないと思う。

期待リターンは考えるけど、必要な時に必要なだけ引き出す(定額でも良いけど)というのは、理想的な運用・資産管理能力を資産が枯渇するまで維持出来るという考え方になる。

死ぬまで運用とかしたくないよね?というか出来ないよね



少し短めに設計した必要額と目標年限を立てて・・・
年数をある程度短くすることは重要な気がする。
リタイア前に資産形成で考えていたことを少しコンサバに少し短めにする感じでしかないような・・・気もするが

大きな違いというか制約条件になりそうな懸念材料
  • 妻が運用を出来ないとは思わないが、不向きである(ほとんど私がやってきた弊害)
  • 後期高齢者になっても運用をしている自分は考えたくないし、間違って指図したりなど不安が無い訳ではない。

思いつく候補:
  1. 68歳までインデックス投資
    家の中の修繕や家電品予算の40年分1000万円くらいを試しに何かに積んでみるかな。期待リターンは3%くらいで、20年も運用すれば600万くらいになるから帳尻は合うはず。
  2. 65歳くらいまで個別株で未来を予測して投資
    FCV関連やバイオエタノールの株に投資して15年で2~3倍くらいになるように仕込む。600万くらい投資すればたぶん1200万~1500万くらいになる(はず)。バイオエタノールに関する話を聞かなくなったけど、内燃機関もまだまだ有力な技術だ。
  3. とりあえず今のままで様子見しながら死ぬまで運用・死んでも運用
    適当な配当の出る株や商品に投資する。


目標を決めて金額決めて・・・
いつもと同じ結論だけど、家電品等の予算の運用方法の候補が少し見つかったような気がする。

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

信託報酬 2%で元本保証。これあったら面白いですね!。金融機関も上限額を設定すれば、想定通りとならなくても問題になりそうもなさそう。

投資は、完全に大丈夫と思った時点で、終えていいのかなと思っています。私は、もうそこまで達しているかも。なので、余剰分をして投資するくらいでいいかなぁ。

ま、キャッシュ化したうえで暴落に備えつつ、遊べる程度の金額で金融商品を保有する。それが正解なのかなぁ、、と思いつつ。

Re: No title

煙々さん、

> 信託報酬 2%で元本保証。これあったら面白いですね!。金融機関も上限額を設定すれば、想定通りとならなくても問題になりそうもなさそう。
>

期待リターンは5%とかバフェットだってダウは100年後に100万ドルこえる(複利4%)という話をしたりしてますからね。
そのリスクを銀行が取ってくれればいいんですけどw

> 投資は、完全に大丈夫と思った時点で、終えていいのかなと思っています。私は、もうそこまで達しているかも。なので、余剰分をして投資するくらいでいいかなぁ。
>
> ま、キャッシュ化したうえで暴落に備えつつ、遊べる程度の金額で金融商品を保有する。それが正解なのかなぁ、、と思いつつ。

正解探しは難しいですよね。インフレ1.2%永続と年金減額試算であと600万くらい足りないし、もっとインフレになればもっと足りない、だけどこれだけ資産があっても足りないって、他の人は餓死するよね?とも思ったりです。

No title

損失限定型投信の基準価額の下限値が
基準価額の110%ぐらいまで上がってくれれば、元本保証の上、
多少のリターンもあり。
もしかしたらさらなるリターンあるかもな感じになります。
信託報酬も1.2204%と高めの設定ですから。

でも、下限値が基準価額上回るかどうかわからんところがミソかな。

もうすでに、インデックスしかやる気無いので
この後、何歳になろうと、続けられそうです。
ボケない限りは。
何しろ、たまに同じ銘柄買うだけなので。
何も考えなくて良い。


Re: No title

いろいろでセカンドライフさん、

基本的にボケない限り&生きている限りは心配は無いんですけどね。

上述の強制的な終わりが来ないうちに運用せずに計算上の安全資産まで、妻に遺して置ければというのを達成したと思えないのが悩みの原因かなぁ。
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター