FC2ブログ

過去のポートフォリオのままで放置した場合と今のポートフォリオを比較すると?

過去のポートフォリオのままだと、どんなかんじ? 

という疑問が湧き・・・

そんなものを見て現在と比較しても自己満足でしかない(笑)ですが、リスク資産比率も随分と下がっていますからリスク資産を減らさずに放置しているわではないことも勘案すると、投資行動の振り返りにはなりそうです。そもそもこのブログの目的が自分の記録による自己満足とか不満の発散でしかありません(笑)




2014年からの資産推移とリスク資産比率
OccupancyStory
赤:運用資産のリスク資産比率
青:資産推移

このような推移と投資商品カテゴリ別の比率や金額は記録としてつけていますが、その時の保有商品までは管理用のファイルに残していませんのでバックアップデータから個別商品・銘柄構成を反映して見ます。

そして今回、バックアップデータから引っ張ってきたのは2015年1月と2015年6月いう過去最大のリスク資産比率の時期になります。





2015年1月の商品構成に現在商品価格を反映(2015年1月PF版)
2015年1月を基準とすると税引後資産評価額比としては、12.9%増になっている。リスク資産比率は88%から少し上昇し89.8%になっている。

OccupancyStory




2015年6月の商品構成に現在商品価格を反映(2015年6月PF版)
2015年1月を基準とすると税引後資産評価額比としては、19.0%増になっている。
1月版との差分は個別株(7575)を買い増しした分も含んでいること、税金用に外貨を円転して納付して減っているし、パフォーマンスが悪いと判断した株式を売却したことなどの変化点がある。
リスク資産比率は85%程度であり、83%弱からは上昇している。


OccupancyStory





2018年1月の商品構成(現状ポートフォリオ)
2015年1月を基準とすると税引後資産総額と比較すると28%増になっている。リスク資産比率は21%であり、2015年前半と比較すると70%近いリスク資産を売却してリスクも落としているが、2015年前半のポートフォリオを維持したケースよりも資産総額は増えている。

OccupancyStory




なんかこういう比較も出来ると面白そうかなぁ

2015年6月には多くの売却益を稼いだ日本ライフラインや私は売ってしまったのに10バガーから更に成長してしまっている北の達人も自己最大保有量までの買い付けは終わっている状態でもあり、この辺りも含めてリスク資産比率が90%近くだった時期を維持したケースの方が良い成績になるのかもしれないと思っていたが、3年間なんとなく運用してきた現実(現在の資産構成)の方がリスク資産比率は70%近くも低いのにも関わらず、過去のポートフォリオ・商品構成を維持したケースよりも良い結果をだしている。

現状購入株価よりも12倍近い株や30倍近い株をある程度売ってしまったにもかかわらず、こんなにうまく行ってると反省するところはあんまり見えないけど、特定のタイミングのポートフォリオを現状まで維持するとどうなったかが見えるとその時期に考えて取った行動の振り返り・反省などができそう。

買ったものは現状に存在するから振り返れるけども、売った行動の影響を見直し振り返るという方法が何かあると良さそうと思う。

ただ、頻度が多すぎたり個々の売買までの粒度だと分岐が激しく比較が多くなり過ぎて比較把握には不向きだし、資産構成で10%くらいの変動がある場合とか年に2回くらいとかそのくらいでよさそうか。

定型化する方法は難しかなぁ。


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイアー
職業:ネコの下僕 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター