FC2ブログ

1億円貯める方法って、高プロと同一労働同一賃金かも(笑)


1000万円くらいの給料をもらう頃はとても忙しいのでお金を使う量も減り気味になる


時間の余裕が少しないけど、給料(日本の上位4%程度)のレベルでもらえると、1億円貯めるというのも不可能ではないと思います。社会保険料が130万円くらいかかりそうです。所得税は130万円くらいでしょうか、住民税が90万円でざっくりと350万円くらい控除されて残りの650万円ほどで生活することになります。家賃は13万円~15万円くらいでしょうか。お小遣いに6万円、食費に12万円、雑費と光熱費に6万円として200万円が残ります。色々な控除があったらもっと残るでしょう。

40代で200万円余ったら20年で4000万円です。35歳位からならば5000万円は超えそうです。高度プロフェッショナル制度に該当しそうな職種の人は30代前半くらいまでしっかり経験をや教養を積んでれば多くの人が似たような仕事をしていると思います、同一労働同一賃金なんて制度も後押しをしてくれそうです。

1000万円でざっくり計算してるので75万円プラスできます。年間275万円にアップ!
給料をさらに上げるか出費を少し下げるか共働き世帯になれば貯金だけで1億円見えてきました!

同一労働同一賃金、何せ逆方向にも効きますから。年俸1075万円くらいで結構な人が頭打ちになるかもしれません(笑)




高度プロフェッショナル制度: 以下のイとロを義務化したら羨ましくないですか?


ちょっと残念な法案ですが、修正できれば非常に優れた法律になったのです。全ての労働者に適用しても良いくらい。
国会議員というのは会社員で馬車馬のように働くなどの経験がないので法案を考える能力が無いようです。法案にいきなり賛否の投票・強行採決する訳じゃないんですよ? 修正協議や審議をできる機会があるのにです、TVに出ても疑惑だとかばかりでいい方向に向かわせる世論操作もできません。一般の人が否定的に語るのは修正できないので仕方ない部分もありますが、こうしてくれよ!という文句のいい方もあると思います。

具体的には高度プロフェッショナル制度という制度ですが、労働基準法の41条の2項5についての修正ですね。
五 対象業務に従事する対象労働者に対し、次のいずれかに該当する措置を当該決議及び就業規則その他これに準ずるもので定めるところにより使用者が講ずること。
イ 労働者ごとに始業から二十四時間を経過するまでに厚生労働省令で定める時間以上の継続した休息時間を確保し、かつ、第三十七条第四項に規定する時刻の間において労働させる回数を一箇月について厚生労働省令で定める回数以内とすること。
インターバルをちゃんととれよ!深夜残業は程々にしろよ!

ロ 健康管理時間を一箇月又は三箇月についてそれぞれ厚生労働省令で定める時間を超えない範囲内とすること。
過労死ライン(おそらく残業1カ月100時間、3カ月80時間平均以上)を超えないようにしろよ!

ハ 一年に一回以上の継続した二週間(労働者が請求した場合においては、一年に二回以上の継続した一週間)(使用者が当該期間において、第三十九条の規定による有給休暇を与えたときは、当該有給休暇を与えた日を除く。)について、休日を与えること。
計画的な連続休暇を取ることを義務付けろよ!

ニ 健康管理時間の状況その他の事項が労働者の健康の保持を考慮して厚生労働省令で定める要件に該当する労働者に健康診断(厚生労働省令で定める項目を含むものに限る。)を実施すること。
残業80時間で健康診断の受診を義務付けるよ!

年収1000万円強もらって、残業規制がついて、インターバルや深夜残業回数の制限まで付いたら、どこかの外郭団体の理事に天下りしたり、私企業の顧問に天下りしたりしない限りは、かなりの確率で羨ましいぜ!って言う人が出ると思います。



盲点だった!これからは天下り受け入れ団体が有望な場所かもしれない(笑)


週3日しか出金しないのに高給取りな人がいる外郭団体や企業に勤めて、同一労働同一賃金で自分の方が給料高くあるべきだけど同じで我慢してやるぜ!というのが良いのか!新聞読んでるだけとか、半日でいなくなるとかいそう・・・

同一労働同一賃金の規定ってしっかり見てる人いるのかな?


次回、楽に稼げる天下りしてる会社・団体を狙え!(笑) 調べて纏まったら書くかもしれないけど、現在未定


にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そもそも論として、
労働流動性を増加させないと、生産性って上がらないですよねw
流動性がないから日本は生産性が上がらないんですよね。
成果を上げてないその他大勢が、ダラダラ残って、残業代を稼ぐ・・・

アメリカで高プロに該当する人って、
年棒制で、最低限の約束した成果(結果を残す)を上げれば
文句も言われないし、残業代は年棒に含まれますよねw
それに該当しない人は、
成果よりも単純労働で時間を気にして働くしかない?

成果を上げれば、給料も跳ね上がる代わりに、
成果を上げられなければ、簡単に経営側は首を切れる。
それがあるから、労働生産性が高いし、
それを納得してるから、成果を上げるかどうかだけで、
残業代なんて日本みたいにあてにはしていないですよね。

高プロに該当する人を時間給で考えること自体、
概念がおかしいと思いますけどね。

Re: No title

freeflyfisherさん、こんばんは。

解雇の金銭的解決を導入して流動性を高めるのがいいと思うんですけど、社会主義国家では中々難しそうです(笑)


同一労働同一賃金って、職務と責任と結果を個人別に比較せずに同一労働と客観的に見ることは出来ませんから、成果的な評価軸を導入することでもあると思うのです。高プロの適切な導入や生産性向上という点では、ここがひとつの取っ掛かりかなと思います。

ただ、現状の労基法で同一労働同一賃金というのを導入するとダラダラ残業しても残業代が支払われないということになるのか?という疑問は残ります。まだまだ実効性は低そうで、高プロも含めて制度的にはまだまだ雑な印象です。
プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイリー
職業:ネコの下僕だったが死んでしまって、今はただの無職 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター