FC2ブログ

ゆとりある老後生活費

リスクアセスメントをした際に少し気になった支出(引き出し率)と資産の管理の原型となる、「ゆとりある老後生活」を少しだけ考えてみた。40歳で年収700万円以下の人に役に立たない情報(笑)


「ゆとりある老後生活費を想像してる人」のモデル

アーリーリタイアを考えたことのある人や投資してる人は見たことがあるだろう「ゆとりある老後生活費」の記事、大体35万円くらい必要という感じだ。

ゆとりある老後生活35.4万円(月額)を想定している人達は、税金と少しの貯蓄やボーナス等を考えると会社員なら年収だと750万円くらいなんだろうか。しかし、年収750万円では厚生年金まで含めても年金支給額としては240万円に満たないから、老後生活費としてギャップが年間200万円以上発生する。配偶者が3号だったケースでも150万円以上の不足になりそうだ。(たぶんもっと不足する、退職金や企業年金の有無なども影響する)
150万円を(65~90歳)25年間と、500万円以上を(60~65歳の)5年間実現するとなると、単純計算(税金増・インフレ値を加味しない)でも6000万円不足、少し変動分を考えると1億円は欲しい。



「ゆとりある老後を実現することができる人」のモデル

想定インフレ率を仮に1.2%として、各種税率の変動が何度か発生するとして

  • 50歳以下で1500万円以上で退職時に純資産1億円くらいある人
    例えば、テレビ局かキーエンス辺りか大手商社か上場企業で部長級以上で貯蓄をした人(笑)
  • もしくは共働き世帯で給与所得者の上位4%程度の収入の人
    1000万円くらいの年収の二人が夫婦になって年間220万円くらいの年金を65歳から二人が受給して税金を払ったりして足りない分なども想定して60歳時点で貯蓄が6000万円くらいある人
  • あとは、無期の企業年金がある人(税負担は増加するので、有期ならば退職金控除が大きい人は一時金の方が良い)、資産運用などである程度のお金が出来た人や遺産相続して大きな金額を相続した人など


月額35.4万円の老後生活費を60歳から90歳まで実施する前提にインフレ率1.2%複利をすると、このようなモデルになりそう。年金額などは甘いくらいで間違っていないと思う。若ければ若いほどインフレ率によって必要額は増えるだろう、デフレだからそんなものはないのだ!と言う人も居るでしょうが、概ね妥当な線だろうと思います。

年金って大きい。年収差があっても年収1500万円の純資産1億円か、年収1000万円ずつの夫婦の純資産5000万円と言う差になって表れる要因は配偶者の年金だけです。





ゆとりある老後生活費の問題点、月額という短期的視点

実際に支出はどのように推移しているのか? 足りるのか?
資産額と支出計画値を維持できている場合には想定した年齢・時期まで生活水準を変更する必要はなく生活できるということになるので定点観測は精神安定上も重要だ。「明日は生きられるのだろうか?」ではなく、「計画した時期まで予定した範囲で生きられるのだろうか?」という期間は少なくとも20年以上の長さがあると思う。

生活は日々の積み上げであるだが・・・
労務管理上の作業計画などを書く人にとっては常識的なことだが、行動には日次・月次・随時・四半期・年次などがある、そして人生設計では、年単位を更に超える5年周期・10年周期などもある。


月額の中で収まれば良いのだが、具体的には年次であれば盆と正月のような支出もあれば家電等入れ替えなど年単位の管理を超えるため、厳密に管理する場合には月額支出と残高の管理だけでは不十分になる。



年単位を超える見込み支出に対する管理手法
資産側に見込み支出に関してマイナス資産を計上する方法がひとつの解法だと思う

  • 資産の現金カテゴリに仮支出という架空銀行口座を追加
  • 月額の出費の中に長期にわたる見込み支出の費目を追加してその金額を仮支出口座にマイナス計上する(予定した期間で分割した額を想定月額支出に追加する)


ゆとりある老後(夫婦)に加えてアーリーリタイアの場合の生活費は42万円くらい

退職後に年金保険料の支払い・健康保険料の支払い(+住民税の支払い)が目に見える形ですぐに発生する(給与天引きではなくなるので見えるだけとも言う)。配偶者が年金3号になっている場合には2人分の年金保険料が月額4万円程度すぐに発生する。配偶者が会社員でリタイアする時期が同一でなければ扶養対象になって年金3号になるという方法もある(短期的には健保と年金が軽減される可能性)。

ゆとりある老後生活に、アーリーリタイアだと年金保険料と健康保険税・介護保険税・後期高齢者支援金等の社会保険税や住民税均等割等の非消費支出増(+6~7万円くらい?)も含めると約42万円(月額)くらいになりそうかな。


想定内訳:
35.4万円(月額生活費)
住民税均等割
国民年金保険料
健康保険税
介護保険税
損害保険各種(家財や家屋、個人賠償責任など)

消費増税が将来的に断続的に実施される場合には更に出費が大きくなるのでその辺りも加味すると良いと思う。




具体的な予算 (49歳~90歳まで)


あとは、夫婦の年金受給や資産がどれだけあるのかでこの支出を上回れる期間が資産が枯渇しない期間になる。
その他の考慮としては資産は増えない前提になっているので、資産運用による効果を加味すると良いだろう。

月額生活費 424,000円を60歳までの予算額として表にすると以下のような感じになる。税金の変動は想定値。



 
西暦
 
予算額
2018年基準
年齢想定
インフレ率

インフレ後
必要額

累積必要額
20185,088,000.049491.000¥5,088,000¥5,088,000
20197,088,000.0

住民税等
50501.012¥7,173,056¥12,261,056
20207,088,000.0

住民税等
51511.024¥7,259,133¥19,520,189
20215,088,000.052521.036¥5,273,375¥24,793,563
20225,088,000.053531.049¥5,336,655¥30,130,219
20235,088,000.054541.061¥5,400,695¥35,530,914
20245,088,000.055551.074¥5,465,504¥40,996,417
20255,088,000.056561.087¥5,531,090¥46,527,507
20265,088,000.057571.100¥5,597,463¥52,124,970
20275,088,000.058581.113¥5,664,632¥57,789,602
20285,088,000.059591.127¥5,732,608¥63,522,210
20295,088,000.060601.140¥5,801,399¥69,323,609
20304,838,400.0
増税で1.05倍
年金分減額
61611.154¥5,583,004¥74,906,612
20314,838,400.062621.168¥5,650,000¥80,556,612
20324,838,400.063631.182¥5,717,800¥86,274,412
20334,838,400.064641.196¥5,786,413¥92,060,825
20344,838,400.065651.210¥5,855,850¥97,916,676
20354,838,400.066661.225¥5,926,121¥103,842,796
20364,838,400.067671.240¥5,997,234¥109,840,030
20374,838,400.068681.254¥6,069,201¥115,909,231
20384,838,400.069691.269¥6,142,031¥122,051,262
20394,838,400.070701.285¥6,215,736¥128,266,998
20404,838,400.071711.300¥6,290,324¥134,557,322
20414,838,400.072721.316¥6,365,808¥140,923,131
20424,838,400.073731.331¥6,442,198¥147,365,329
20434,838,400.074741.347¥6,519,504¥153,884,833
20444,838,400.0

後期高齢者
75751.364¥6,597,738¥160,482,571
20454,838,400.076761.380¥6,676,911¥167,159,483
20464,838,400.077771.397¥6,757,034¥173,916,517
20474,838,400.078781.413¥6,838,119¥180,754,636
20484,838,400.079791.430¥6,920,176¥187,674,812
20494,838,400.080801.447¥7,003,218¥194,678,030
20504,838,400.081811.465¥7,087,257¥201,765,287
20514,976,640.0

増税で1.08倍
82821.482¥7,377,227¥209,142,514
20524,976,640.083831.500¥7,465,754¥216,608,267
20534,976,640.084841.518¥7,555,343¥224,163,610
20544,976,640.085851.536¥7,646,007¥231,809,617
20554,976,640.086861.555¥7,737,759¥239,547,375
20564,976,640.087871.573¥7,830,612¥247,377,987
20574,976,640.088881.592¥7,924,579¥255,302,567
20584,976,640.089891.611¥8,019,674¥263,322,241
20594,976,640.090901.631¥8,115,910¥271,438,151




まとめのようなもの

ゆとりある老後生活は、
  • 50歳位でアーリーリタイアして90歳まで生きると2億7千万円ほど必要(笑) 
  • たぶん給与所得世帯の1.2%居ないくらいが対象(他人には役に立たなそうな記事を良くまとめた(笑))
  • 年収1000万円以下には無縁な世界(それ以下の人は貯蓄したら生活費が小さくなる)
  • 60歳まで働くと10年で必要資産額が7000万円くらいが軽減され、貯蓄なども増えている可能性があり、更にゆとりが生まれそうだから、アーリーリタイアした人よりも長く働いた人の方が資金量は当然少なくて済む。
長々と書いたけど、逃げ切り計算機②なら、この辺りも加味して試算出来そうです(笑)

もっと精密にやろうとすると公的・個人・企業等の年金受給額と所得税・住民税・社会保険関係税の増減を反映することになります。
うちの試算はそこまで作り込んであるが、個人情報が多すぎてエクセルシートの公開は出来ないだろう(笑)

にほんブログ村 その他生活ブログ 人生設計へ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Colorless Freedom

Author:Colorless Freedom
守るものには最大限の保護と愛情を注ぐが、危害や迷惑をかけられる可能性のあるものには無慈悲 & アーリーリタイリー
職業:ネコの下僕だったが死んでしまって、今はただの無職 

Felixキャットフードは日本でも発売され始めました。うちのムスメに老猫用を食べさせています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
カウンター